--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/10.Fri

偶然の再会

地下鉄の連絡通路で、突然旧姓で呼ばれた。
「XXXXXX!」

歩きながら携帯を見ていた私は、完全に無意識だったのだが、一瞬の後、考えるともなく体が勝手に反応して振り返った。

そしたら、数メートル先に、以前勤めていた会社の同僚たちがいた!!


その会社は、実はあまりよい辞め方をしなかった(いろんなことに耐えかねて退職願を出し、何度かの慰留の押し問答の末、最終的には上司のパワハラを会社に暴露するなどして強行退職^^;)ので、私は基本的に誰とも連絡取っていない。

えーと、、、かれこれ3年ぶりくらい?
インターバル空きすぎてて、一体なにをどこから話したらいいのかわからない。
それ以前に、なにしろあまりに唐突すぎて。
頭が真っ白。
誰もが足早に通り過ぎる地下の雑踏の中、私たちだけが、全員、固まってしまった。

と、と、とりあえず何か発言しなくては、、、のプレッシャーで、とにかく端的に現状を説明した。

「あ、あ、あ、、、 いま○○(百貨店)でバイトしてて、その帰りなんですよ!」

突然そんなこといわれても、なんのこっちゃ?って感じやけど、それでもそのひとことで、氷が解けたように、皆がほっと緩んだのがわかった。

「おーそーか、そりゃお疲れ!」「じゃあまたな~!」



変なのー。
いったい、どう思われたことか。。。
浴衣を着用して店頭に立っているので、帰り道で着替えてても頭だけは派手にアップにしたままだったし、場所のせいもあり(@銀座)、オミズでもやってると思われたかしらん。

しかし、すれ違っただけで、よくわかったな~(会社にいた頃と格好も違うし、髪型も違ったし、しかも3年ぶりだし)、というのがひとつ、反射的にかもしれないけど、よく声をかけたな~、というのがふたつ、むこうはみんな全然変わってなかった(外見)な~というのがもうひとつ。
見たことない人も何人かいたので、相変わらず、人の出入りは激しそうだったな。


なんだかいろんなことがわずらわしくて、この会社の関係者とはほぼ完全に縁を切っていたんだけれど、少しぐらいはかかわってもいいのかなぁ、という気も、ちょっとだけした。
ちょっとだけね。
スポンサーサイト
身の回りの出来事 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
忘れていた過去との再会!
びっくり!だわね。
でも、ちょっとくらい関わってもいいかなぁって心の余裕。
いいね、それ♪♪

その派手な頭、自分でやってるの?
私、長過ぎるのか、夜会巻きもできないの~!
妻さん
東京は広いようで狭いなぁ、、としみじみ。
しかも、会社の近所や、取引先の近所とかならまだわかるけど、全然関係のない場所で遭遇するって、一体どういう縁!?

頭は、自分でささってやっちゃうんです~^^
慣れてしまえば、シンプルなデザインなら全然難しくないし、時間もかからないので♪
でも確かに毛量が多かったり、超ロングだったりすると、ちょっと難しくなりますね。

コツは、最初にカーラーかコテで、どーんとボリュームを出しておくこと。
それと、ピンとスプレーを、とにかく惜しみなくたっぷり使うこと!
ちょっとやりすぎかな?と思うくらいでOKですよ☆

あ、長すぎて扱いづらい場合は、編んでからアレンジするとやりやすいかも。。。
No title
こないだここのコメントに何度書き込んでもだめだったので、もう一度!

「も、もしかしてあの会社かしらん???
わたしとあなたが出会ったあの会社?
となると、meriendaが街中で出会ったのはあの人と
あの人と・・・と今頭の中で思い出し中!(汗)
わたしはあの女史が苦手でね~。
派遣だったし、さっさと辞めちゃってごめんね。
meriendaはあの頃いろいろあって辛かったと思う。。。
しょんべん横丁で酒を飲みながら語り合ったの忘れられないよ。」
maxou~
そうそう、あの会社!
ちなみに出会ったのはAMN氏~のチームではなく、隣のKRHR氏とかAOKさんとかだよ。
TMKsanはいなかったから、ご安心(?)を。。^^;

maxouの後入った子もとっとと寿退職し、その次、私とほぼ入れ違いの時期に入った黒木メイサみたいな眼光鋭い子は、結構長続きしているようで、いまも会社にいるみたーい。
絶対向き不向きがあるわぁ、あそこ。(っていうか主にTMKsanとの相性?)

しょんべん横丁ね~~懐かしいわ~!
最近めっきりいってない。
そういや、あの時は、なんか変なガイジンにからまれてめんどくさかったわね^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。