--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/20.Wed

サンシャイン・クリーニング

公式サイト

ちょっと事前の予想とは違った。
もっと明るいテンションなのかなと想像していたので。
思っていたよりも、ビターというか、ちょっと哀しくなるような話で、結構へこんた。
私が、個人的に「男にいいようにされる女」「身勝手な男」に、過剰に嫌悪感があるせいかも・・・

最近のご時勢的にも、何をやっても負け組は負け組のまま、負のスパイラルから一生抜け出せない、というリアリズムをヒシヒシ感じてしまって、なんだかすごくせつなくなってしまった。

たぶん、映画で言いたいことは「それでも、幸せな人生を送ることができる」「幸せのものさしは自分が決めること」っていうようなことだと思うんだけど、残念ながら私はそこまでたどり着けず、哀しい世界に取り残されたまま。
ふぅ~


そうそう、主人公はとっても美人~。
なんだか、時々ニコール・キッドマンに見えた!
そうやって無駄に美人なぶん、いまの状況が、余計もの哀しかったな・・・
痛い。

それでも、どーしても、baby shower(ちょっとした同窓会)にいきたかったの、という台詞は、なんかもう、いろんなことがつらくて、泣けた。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。