--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/01.Wed

ワンピース

最近、私の中で「第三次古着ブーム」がヒートアップしている。
ブームを牽引してるのは、なんといってもワンピース!


そもそも私は柄物の布が大好き。
そしてチビな私も、それなりにスッキリまとまってみえる一枚もの。
結論として、柄物生地のワンピースが一番好き!

「古着」である理由は、
まずはサイズが合うから。
昔は、いまより大分平均身長が低く、肩幅がなく、胸もペチャンコ。
この体形が、幸か不幸か、私にはビンゴなのよね~^^;
また、特に夏場は、たっぷり汗をかいてしまうから、着るたびにざばざば洗えるほうが気持ちいい。
最近のカワイイワンピなんかは、どうも作りがデリケートで、どれもこれも「水洗い不可」「ドライのみ」表示ばっか。
その点古着は、表示なんかなくなっちゃってるけど、たいていが洗濯機でそのまま洗ってしまえる。
さらに理由を挙げるなら、、、
独特の色使いやパターンのバリエーションが最高にキュート。
基本的には一点もので、誰ともかぶる心配もない。
あわせ方次第で、なんかものすごい高級品にみえたりする。(、、、って、私が思ってるだけだったらショック。。)
そして何より安価!
新品一着の価格で、平均2-3枚、下手するとそれ以上購入できちゃうこともある。
一部不良(シミとか、ボタンなどがないとか)のあるものなんかだと、時には数百円で買えたりするから、アアも~そういうワゴン売り場なんか見つけると、アドレナリンがどばどばでちゃう~~!
程度にもよるけど、ちょっとした不良やサイズなら、自分でささっと直せるもん。平気平気!

DVC00010_20090701090134.jpg DVC00001_20090701090134.jpg DVC00009_20090701090134.jpg
最近のお気に入り達^^ 特に、ピンクのやつはサイズもバッチシ☆で、お直し一切不要だった!




私の古着ブーム、第一次は、高校生の頃。
エンカンテスという蚤の市(別名泥棒市場)で見つける、6-70'sな柄のネクタイやスカーフなどの小物と、古びたアクセサリーに夢中になった。
ひととは違う、一点ものを身につけると、なんだか自分がすごいオシャレになった気がした。

第二次は、大学生の頃。
美大生だった私の周りは、ホントみんな自由気ままに好きなものを着ていて、ぎょっとするような色柄の取り合わせや、コスプレにしか見えないような服の着方も、余裕でまかりとおっていて。
オースティン・パワーズの世界のような、ザ・古着三昧で、冗談みたいな服装も、ごくごく日常的な環境。
私も、誰に気兼ねすることもなく、トンデモナイ柄のシャツやワンピースを平気で着てた。

ところが、社会人になってみると。
かな~りカジュアルOKな職場で、みんなジーンズで学生の延長みたいな格好だったにもかかわらず、私だけは「meriendaさんのファッションは、奇抜!」「どこで買ってんの?」「。。。個性的だよね~」などと頻繁に言われ、「アレ? もしかしてコレまずい?」と、徐々に自分の異端児ぶりに気付いた。
ことある毎に恋人(当時)の唱える「もっと、女の子らしい服着ればいいのに。絶対そのほうが似合うのに。」の呪文も効を奏して、私のクローゼットからは、少しずつド派手なオプティカル柄のシャツや、オーバーオールのパンタロンが消え、その替わりにツインニットやフレアスカートなどのOLアイテムが増加していった。

ひとは見た目が9割とはよく言ったものよー!
当たり障りないOL服に身を包んだ私は、見事に会社でも浮かなくなったし、合コンetc.での男性ウケも上々^^;。
自分の趣味を優先するよりも、社会的な共通認識や記号を活用するほうが、ラクに生きれると、身をもって思い知った。
遅まきながら、ひとつ大人になったというか、、、 ある意味、脱KYってこと?
要は、人生を泳ぎやすくするために、大~きな猫をかぶったわけだ。



もちろんそのときはそう意識してたわけじゃない。
当時は「JJカワイー!」だの、「エビ風似合うじゃん!」だの、素直に思ってた。
自分の意思で、カワイイと感じるものを選んでたつもり。
今も別に嫌いじゃないしね。
でも、結婚してフルタイムの仕事をやめたことで、何かの封印(?)が解けたのか、自然にまたワードローブが変化してきたことに、最近気づいたのだ。

私にとっての、洋服。。。
若者の頃には自己表現の一部であり、社会人になってからは、世渡り道具であり。
そして今となっては、具体的な利便性を重視する、生活用品になったみたい。

間接的にかもしれないけど。
結婚したことで、私は、また自分の着たいものを、好きに着れる自由を手に入れたんだなあ。
Gioには、大感謝^^
とはいえ、Gioが昔の写真を見たらひっくり返るかも。。。
(Gioと知り合ったのは、すでにOLファッションが確立された後のことだから)
スポンサーサイト
身の回りの出来事 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
わたしにとってのmeriendaのイメージはいつも
コンサバ!って感じだよ、今でも。
うん、確かにOL服だったよね~当時は。
今は違うテイストなのね?ちょっと見てみたい!
実はわたしも古着大好き、&柄物ワンピが大好きなのだ~。
これっていうヴィンテージもの、見つけたいな。
Re: maxou
でしょ!
メキシコ以降知り合った人は、特にそういう印象が強いんじゃないかな~^^;
いまでもそういうのも残ってると思うよ。
なんか、スパッと趣味が変わるってわけでもなく、なんか現在はグラデーション状態なのよ。。。
日によって全然違ったりしてるかも!?
フランスの古着なんて、ちょーカワイそ~~(←わかってくれてると思うけど「可哀想」ではない)
maxou華奢な上に、オリエンタルな雰囲気もあるから(髪のせい?)、ヴィンテージの柄ワンピなんか着たら、お人形みたいで、きっとバリ似合うよ~!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。