--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/08.Mon

ルドandクルシ

Rudo y Cursi

ああ、なんというか、とっても「らしい」作品。
ストーリーといい、画といい、設定といい。。。
過剰におしゃれだったり、過酷だったりっていう、バイアスのかかってない、素の「LATINO!」な感じだ。
すごく好感が持てた。

メキシコのど田舎出身の兄弟が、それぞれサッカーで身を立てていくという立身出世物語だけど、すごい努力とか、ものすごい見せ場とかがあるわけでなく(むしろ、賄賂とか、そーゆーオトナの力学の作用のほうが中心かも^^;)、結構とんとん拍子にスタープレイヤーになってしまうあたり、実に本当っぽくて、逆にリアリティーがあったな。

でも、音楽や色彩感覚、それに映画としてもクライマックスがループするあたりとか、結構こじゃれたつくりになってて、むむむ、なかな憎いねえー。ニヤリ、ってしちゃう。
万人向けというほどではないけど、ちょっとひとひねりや、ハイセンスを好むひとには、ぜひオススメしたい。
全体的におしゃれ感あるし、あんまり深く考えることもないし、ぎょっとさせられたり、ドタバタやかましいこともないので、文科系なカップルのデートにも向いている一本。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。