--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/09.Sat

サヨナライツカ

サヨナライツカ


今年一発目の邦画が予期せずして最高によかったので、ノリノリで出向き、そして見事に返り討ちにあった。
あーもうなにもかもがダメッダメすぎる!
再会のシーンなんて、白々しすぎて、思わず笑い声を上げてしまった。
周りの皆さん、もし感情移入してたならら邪魔してホントごめんなさい。でも、もうあまりに馬鹿馬鹿しすぎて、こらえ切れなくて。
しかも駄作にありがちだが、とにかくなげー。
正直、劇場から逃げ出したくなるほどの、苦行の2時間であった。


しかしながら、原作は大変いいという話を何年も前から聞いていたので、鑑賞後に、いちおう確認のため読んでみた。
。。。
確かに、本はそこまで悪くない。好みはあるだろうけどね。
なのに、なんで映画がああいうことになってしまったか。
それはひとえに、主演女優のせい。
そもそも演技力がお粗末な上に、キャラクターの把握も、心情も、完全に読み間違えとる。
あーあ。。。
演じたのが、彼女じゃなかったら。
もっともっと、行動に説得力があっただろうし、共感できるポイントもあったのに。
本を読んで、初めてわかったことがいっぱいあった。
表面的な行動だけをただただなぞってるから、どうもただのヤリマンで未練がましい女で、その上現実をみようとしないご都合主義者にしかみえなかったんだ。。。

色ボケしてしまった御主人は、ここまでひどいことになるまえに、どこかで軌道修正することはかなわなかったのだろうか。
ひたすら残念。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
まさに!
久々に、ものすごく気になっていた邦画2点だったよ、
その2つを書いてくれて、ありがとう!meriendaちゃん。

『今度は愛妻家』絶対絶対観るーーー!!

『サヨナライツカ』は、
やはり、コツコツと演じ続けていた役者さん達と、
十数年ぶり?の主演、元アイドル女優?歌手?の差は歴然だったね、、、。
せめて、映画じゃなくドラマあたりから復帰すれば良かったのにねえ。

ビーバップハイスクールの頃はかわいかったけどな。(古い、、、笑)
gattoちゃん
うふふ、「今度は~」はね、きっとgattoちゃんには気に入ってもらえると思う!
勝手な私の思い込みだけど、、、
「サヨナラ~」については、うううううう~ん。
話題のネタのためだけになら、みてもいいかな、、、?
でも、ただそのために、代金と2時間以上をつかっても後悔しないほど、ひまでたまらなくて、お金も有り余ってるのならば、、、って感じだよ。^^;
確かにテレビ女優というか、ライトな役どころなら、まだまだきれいだし、まあニーズはありそうなんだけど、、、
(いろいろな過去やバックグラウンドに裏打ちされた)奔放な行動と、そこからほとばしる感情を体現できるチカラは、全くもって、なかったよ~。。。 あー思い出してもグッタリする。。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。