--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/24.Thu

ラブリーボーン

The Lovely Bones

今年最後の一本。
しみじみいい涙を流して、気持ちよく締めくくれる予定が、残念ながら、期待とは違った。。。
特にラスト。私には、到底理解できない。まったくカタルシスがない。
なにそれ?って感じ。
これのどこでどう泣いていいのか、さっぱり???
宗教的な影響なのかわからないけど、、、 とにかく作った人とは価値観が全然違うということだろうな。
死生観というか、なんというか、根本的な思想の乖離を感じた。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。