--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/08/23.Thu

夜の上海

久しぶりのモックンの映画!と思って、けっこう期待してました^^
期待してたのとはだいぶ趣が違って、最初ちょっととまどったけど、
全体的にはふわっとまとまったいい小作品だったと思います。
全体的にはご都合主義っぽいストーリーなんだけど、
物語の結末というか、ひとりひとりがたどり着いた思考の結論については、とてもリアリティがあったな。

人生とは、恋愛とは、そういうことだろうね。


竹中直人は無意味に見せ場が多く、そこだけ映画とはまったく関係ないけど芸達者で楽しいです。
それと、終盤でいろいろ描くシーンは、ちょっと見ようによってはホラーめいている。呪いっぽいよ~
あれはどうなんかなー、勝手な意見を言えば、もっと絵的な美しさを追求してほしかったーー。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。