--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/08/26.Sun

イニシエーション・ラブ

うーん、おもしろかった。
「二回読みたくなる」という帯の文句は間違いないワ
だって、ラストの種明かしが衝撃的過ぎるもん。

確かに、読みながらずっと、軽いささくれのような違和感はあるんだけど、
植え付けられた先入観というか、、、
そんな設定思いもよらないから、私の勘違いかな?とか、へーそうだっけ、とか思いながら読み進めてしまった。
最後の最後で、エッ? エエッ?? ガーーーーーン!!!
となる。
そーすると、えーちょっと待って、どゆ事?? って、もう一度読み返したくなるじゃない。確認したくなるじゃない。
あーそういうことだったのかぁ、、、って、いちいちカタルシスが得られる。
ひとつひとつのササクレは、ぜんぶ伏線だったんだあ


うーん、ヤラレタ。
これ映画などの映像では絶対再現できない。文章ならでは、のトリックが、あまりに見事で、作者はいったいどんなとこでこんなの思いついたんだろう??って、感嘆してしまいました。

初めての作家さんでしたが、かなりお買い得でした。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 残虐記 | HOME | 夜の上海 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。