--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/17.Sat

ホースメン

公式サイト

全然面白くもなんともなかったから、誰にも勧めない。
退屈だし、暗いし、ドキドキもしなければカタルシスもないよー。
強いていうなら、キリスト教とか悪魔崇拝とかにものすごーーーーーく造詣が深ければ、それなりの発見はある、、、かも?

ものすごくショッキング映像そうなことが予告されていたため、直前になってGioが怖気づき、やっぱ行かないということになってムム~。
だったら最初から言おうよ! ぶうぶう!

ちなみに、そういうショッキングさについても大したことなかったっす。
あーあー。


DVC00004_20091026201827.jpg   DVC00005_20091026201827.jpg
お昼は一緒に、いつものすぱじろうにて。冷製スパは、そろそろ寒いね。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
この映画、気になって公式サイト覗いてYouTubeのバンドアノンスまで観たけど
そうなんだぁ~、お薦めしないのね。
ってか妊婦の腹切り裂いて胎児を…ってのがまずダメ、無理!
なんか自分がされたらどうしようとか想像しちまう・・・妊婦じゃないけど。
わたし、スプラッターは平気なほうっていうか結構好きなんだけど道徳に
外れ過ぎてるのはダメなんよ。。。
チャン・ツィーもイメージを壊そうとこんな役やってるのかね?
結局、犯人は彼女だけじゃなくて複数なんだよね?
Re: maxou
ん~好き好きだけど、、、
私はオススメではないよ! グロイとかよりも、単に話が面白くないの。

以下、ネタバレアリ。読んでもかまわなければドラッグしてね。
胎児は、取り出すシーンとかは特になくって、チャン・ツイィーが、「ホラッ☆」って、ニコニコしてポケットからジプロック入りの胎児を取り出してみせてくれるってくらい。

このシーンに限らず、あんまりグロくないよ。大体は、セリフで説明される感じかな。
生きたまま、歯を抜かれたのだ」とか「気管に水が入って、地獄の苦しみを数時間味わいながら死んでいった・・・」とか、残虐な殺戮方法が述べられるだけで、映像では、ほとんど出てこないの。だから、覚悟してったぶん、拍子抜けというか、別に怖くないじゃん、、って感じだった。
あいっこだけ、自分で麻酔を打って、チェーンソーで自ら切腹自殺!というシーンはあったけど、これもホントに一瞬だけで、すぐにフレームアウトしたから、ほとんど映像では表現されてない。

犯人は、グループだよ。捜査を進めると、どうやって彼らが結びついたかわかってくる。でも、彼らの動機というか、なんでこういうことをしようということになったのかとか、細かい手順とか、なんで「ホースメン」なのかとか、どれもこれもわかったようなわからんような、曖昧なままで、かなり不満、、、
エンディングも、希望があるのかないのかも定まらない。
そもそも、エーここまで何人も死んだのに、そういうことでまとめちゃっていいの!?みたいな、無理くり帳尻あわせ、みたいな終わり方でさ。。。
私の集中が足りなかったのかなぁ!?

チャン・ツィイーはね、正直うまくなかったよ。ちっともサイコに見えないんだもん。
ぶってるだけ、って感じ。。。


そうそう、maxouは血みどろ映画好きなんだよね☆ 私は、怖いのは基本的にNGだよー!
でも、それを越えておもしろいプロットや謎解きのカタルシスのある映画だったら、楽しめるけどね。
中でも「痛い」のは特に、ヒィーってなってサブイボ。。。
「イースタン・プロミス」http://www.nikkatsu.com/movie/official/easternpromise/は観た? 私、あれの冒頭の殺人シーンとか、もう絶対ムリ!って感じ。あの痛覚に訴える感じ、まったくもって恐怖におののくわ。maxouはどう~?
No title
まぁ、反転まで作ってくれてありがとう(笑)

わたしはねー、80年代のスプラッタとかは好きだよ。
でも現代のはちょっとね…グロすぎやしないかい?
「ファイナル・ディスティネーション」シリーズは好きだけど。
「SAW」で気絶しそうになったんだから~怖かった…。
「ホステル」は途中で観るのやめたし。

これだってさ、その場面は描写されてないってことだけど、描写されたらマズイでしょ!それは(汗)
論理委員会(?)で引っかかっちゃうよ~。
妊婦が…っていうのがもうだめ。
どうなってんじゃい、この世の中・・・恐ろしい。
80年代スプラッタなんてね、ゾンビよゾンビ、人間じゃないもんね。
チャン・ツィーに関してはトレーラー見て同じこと感じたよ。この分野での新境地は無理でしょ。

その「イースタンプロミス」は知らないし観たことないよ、サイト見る限りはそこまで
怖そうには見えないけど。
痛いのは無理、夢にも出てきてしまう。
maxouへ
なるほど~。ゾンビね!
現実味を失くすような、どっか突き抜けたホラーならいいってことだよね?
最近のは、みょーにリアルというかグロイもんなぁ。
SAWシリーズは、2くらいまでは彼氏の付き合いでみたけど、やっぱオゲゲ~すぎて続編はもうギブアップだった。。。

イースタンプロミスは、そもそもホラー映画ではないんだけど、、、暴力的なシーンや演出が多いんだよね。
私の苦手なシーンというのは、床屋の椅子に座り、カミソリで喉をかっ切られるシーンです。v-12
私の「もし起こったら怖い」妄想ナンバー3にランクインするシチュエーションが具現化されて、マジでちびりそうだった。
(ちなみにあとのふたつは、地下鉄で電車が入ってきた瞬間にホームに突き飛ばされる、と、玄関スコープを覗いた瞬間に目を刺されるor撃たれる、です。いつもこういう感じで妄想に怯えて生きてます私)

でも、どないやねんって感じやけど、結構クオリティ高いいい映画で、おすすめはおすすめなんだよ。。。ファッションや画角はおしゃれだし、テーマも深く、それぞれの人間もよく描かれてる。
あっそうそう、、、あの「ONCE」と同じく、まだまだ知られざる東欧と西欧の融合世界をちょっと覗ける感じなの。
もちろんONCEとは全然ジャンルも違うし、あんなふうなステキな世界では全くないんだけど、、、 というか、ロンドン行くの恐ろしくなるかも^^;
No title
好きなのは70年代、80年代ホラーだなぁ。
イタリアのアルジェント監督作品とか、あとアメリカでいえば「エルム街の悪夢」シリーズ、
そしてライミ監督の「死霊のはらわた」などなど。
どれもあまり現実味が・・・(笑)
アルジェント監督のやつなんて魔女が悪者だしね。
なんか救いようがあるんだよね、エルム街なんてコメディ要素も強いし。
だから最近のやつはすごくリアルすぎちゃって怖い・・・。
SAWなんて1のラストで死ぬほど怖かったよ!!
あいつ死んだふりしてたんか!!ってのが。。。
あと確か描写はなかったと思うけど(あったら怖い)逃げ出すためにはノコギリで自分の
足を切断しなきゃいけないってのが
もうどうにも悪夢にうなされそうだった。

だからmeriendaが言っているその映画の殺しのシーンに関しての意見も分かる。。。
想像しちゃうんだよね。
「ONCE」はごめん、知らないやー^^;
へー、そんなにクオリティが高い作品なんだね。
トレーラー見たけど「ユージュアルサスペクツ」系の映画かと思った。(←かなり好き)
Re: No title
wow連投ありがとう^^
ONCE観てなかった? ゴメンなんかblogで感想読んだ気がしてて、、、てっきり勘違いしてた。
だったら、絶対オススメ! なのでゼヒ今度観てみてー!
http://oncethemovie.jp/
全然全く怖くもなんともなくて、やさしくて雰囲気のある、とってもキュートで切ない、素敵なラブストーリィだよ。
主人公、外見は違うけど、行動パターンとか、ものの考え方とかが、かなり好みのタイプの男性なのだー! きっときっと、maxouにもわかってもらえるはず。。。

ちょっと「似てる」って書いたのは、東欧の実情とかをベースにしてるっていうことだけです。^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。