--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/08/27.Mon

残虐記

最近外に出ることが少ないので、本ばっかり読んでいる。
桐野夏生はもともと好きな作家だけど、すごーーくドロドロしているので、
体力があるときじゃないとなかなか読めない。
何の気なしに読んでると、ページから、怨念があふれ出てくるような気がして、
思わず本を閉じてしまって、ドキドキがおさまるまで深呼吸してることがよくある。


そう考えると、今回は比較的ライト。一気に読めた。
コンプレックス、家族という、桐野氏お得意の要素が薄いからかもしれないな。

ぎくっとするようなタイトルの割に、さらっと読めて、しかもオチもついてて、ちゃんと終わりのある作品なので、普段苦手な人も食べれるかも。


誘拐されて、一年間監禁されていた少女のストーリー。
その当時の自己語りと、空想と、事実とが絡まりあって、救いのない真実が白日の下にさらけ出され、それでいてかすかに希望の光が見えてくるような終わり方をする話です。

もちろんGioにはまったくいっさい理解できないパートだろう。
でもいい、書物の趣味に関しては、ぜんぜんまったくかみ合わないけど(こればっかりだな)、それが私にとってある種救いになってる部分もあるから。

だって、相手も自分とおんなじように、桐野夏生みたいなおどろおどろしい人間模様を、ハァハァしながらでも読み続けて、なんとか理解しようとするような、自虐的なタイプだったら、たぶん我が家は相当暗くて、息が詰まるような緊迫感のある家庭になるだろう。それこそホープレスだよー。


Gioはほとんどお話は読まない。
買ってくる本は、大まかに分けて三種類。
サッカーとかスポーツ選手の、ドキュメンタリーみたいなの。
啓蒙っぽいビジネスノウハウ書みたいなハウツー本っぽいの。
※これについては、買っちゃあ何ページが読んで捨てる、の繰り返し。身になってなーい! (気に入った本は手元に置いて、何千回でも読み返したい私には、この扱いも衝撃でした)
ベストセラー(青春小説が多いかな)



しかも、ミーハーで新鮮な情報に目がないから、どれも単行本サイズが多く、正直邪魔ーーっ!!

私はもっぱら文庫本。
単行本なんて、重くてでかくて高くて、いいことなしと思っているのでね~
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。