--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/11.Sun

風が強く吹いている

公式サイト

ストーリーもさることながら、出演者が魅力的な人が多くてすごくよかった!
私は、美しく動く人間にはポーとなるのだ。自分ができないから、余計ね。
つまり、顔より身体が好きなのだ。

若者が全力疾走する姿、それだけで、胸がぐっと熱くなる。
全身の骨と筋肉が、規律正しく系統立って連動している。
ああ、命の設計図って、なんでこんなに完成されてるんだろう!
精密機械のように、なにひとつ無駄がない。

しかもその上、そこそこイケメン揃いなんだぜぃ~!
もちろん全員ではないけど。
多分、顔よりも運動神経というか、美しく走れるかどうかを基準に選んだんだと思う。
根拠はないけど、絶対そうだ! そして個人的には、その戦略大正解。ドハマリ。
どの人も、すっごく走る姿がキレイなんだもん。見とれる。

ほらジャニーズとかの中にも、微妙な人いるでしょう。。。
トレーニングで最低レベルの底上げはできても、やっぱ素質ってあるんだなぁって、いつも思う。
softbankのCMみてたって、よくわかるじゃない。
一列横に並ばされて、同じ振り付けで動いたら、嫌でも差が出るよね。
「覚えた動きを間違えず再現する」のがプロとして最低ラインとして、そこにどう味付けをするか。
経験や知識からくるセンスも、表現する肉体的な才能も、両方必要。


話がそれた。
とにかくそんなわけで、美しく動く若者を堪能するのに最高の作品。
きっと好みの話だろうから、原作も読んでみたいけど、あの視覚的な悦楽は、やっぱ映画ならでは。私もう一回みたいもん。
今回は、走る姿の美しさにばっかり気をとられて、ほかのことをあんまり観てなかったかも。。。
かなり長い映画なんだよね。
疲れて若干中だるみするし、見所(=走るシーン)は随所随所に多数あるんだから、むしろ2本立てにしてくれてもよかったくらいだー。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。