--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/09/13.Thu

めがね

とっても見たかった映画。
なにせ私は子供の頃から「おいしそうな描写」にとことん弱いのだ。
※単なる「おいしそう」にももちろん弱いですが、映画、小説etcは実際口にできないぶん盛り上がりも加速的。

期待を裏切らない出来。
うわーどれもこれも、うぅまそー!!!

全編を通して、なんか食べてる映画。
ストーリーは、旅先で変な人ばかりに出会って調子狂うが、海辺でかき氷を食べて、なんかもーいろんなことに納得してしまう、というモノ。なんじゃそりゃ~という声もごもっとも、でも記述するとこうなるのよ。。。
まっとどのつまり、話はあまり重要ではない。


小林聡美って、美人なんだー。
もともと好きな女優ではあったが、こんな印象を抱いたのは初めてだ。
彼女は、とてもきれいです。

そしてもたいまさこは、着ぐるみなんじゃないかと思うぐらい、全身が「もたいまさこ」。
顔や表情だけではなく、体形も、動きも、声も話し方もなにもかもひっくるめて、そういうキャラクターとして、誰かが作ったみたいだ。

それぐらいすごい。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 自虐の詩 | HOME | HERO »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。