--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/11.Tue

ノーボーイズ ノークライ

公式サイト

レゲエの名曲のような邦題ですが、内容とは全然関係なさそう。
ただしメインテーマはなかなかに耳に残るよい曲。ちょっと懐メロ入ってるというか、、、あ、The cranberriesの「DREAMS」(「恋する惑星」の曲ね)っぽかっただけ?

個人的に、韓流スターにもツマブキ氏にもさほど興味が薄いため、あまり期待せずに観たが、そんなに悪くなかった。
抑揚が少ないので、基本的には眠たい系。
そしてこれでもかーの不幸の連鎖みたいなのも入ってるので、テーマが暗いといえば、暗い。

そんな中、あのチェ・ホンマンみたいな朴訥とした韓国の青年がなかなかよかったなー。
すべてをあるがままに受け止めて受け入れて、とりあえず「いまを生きる」って感じに、なんとなく適当に楽しくやってる姿は、ちょっと共感できるものがあった。
シリアスになりすぎても、しゃーないやんね。

泣いたら腹がふくれるか? 悩んだら幸せになれるか?
どうせ現状が変わらないんだったら、楽しくやろーや。

そういわれたような気がした。
自暴自棄ともちょっと異なる、基本前向きな、投げやりイズム。
どこかからっと明るさがあり、目の当たりにしてもさほど不快感がなく、不思議だ。


ヤケクソの「アジアの純真」熱唱シーンは、ある種のカタルシスがあって気持ちいい。
全編を通じて、「難しいことはわかんないけど・・・なんかわかるような気がする。」感に満ちている。
その空気感を楽しめるかどうかが、この作品の評価の分かれ道かな。
私は、アリで。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
「ノーボーイズ,ノークライ 」★★★☆ 妻夫木聡、ハ・ジョンウ主演 キム・ヨンナム監督、114分、2009年、韓国、日本                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。