--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/29.Wed

軽井沢の休日

さて軽井沢。
そもそも、Gio自身は、子どもの頃から夏のたびに何度も訪れているため(キミは皇太子か!?)、もう、特別目新しいことはないんだってー。うわっカンジワルーッ!^^;
それで今回は、ほとんど初・軽井沢なmeriendaを案内してくれる、という話だったのに、いろいろリクエストしても「そこは多分行ってもつまんない」とか「道が混むからなぁ~」とか「高いよ」など、いろいろダメ出しの連続!
こっちはこっちで、そんなこと言われても私知らないんだもん、行ってみたいよー!とか、ムッとして主張したりして。

結局、軽井沢銀座をぶらぶらお散歩して、日帰り温泉などいってみたり、浅間山や白糸の滝、日本ロマンチック街道(ププッ^^)、鬼押し出しなどの観光名所を巡り、人間牧場(すごい名前。。。)の渓流釣りや、高原野菜の屋台をいくつか冷やかすなど、王道中の王道って感じの、ザ・軽井沢を楽しんだ。
初心者コース^^
あとは、、、アウトレットで散財~!(注:Gioが。私は、今回はかんざしをひとつ購入しただけ~)
しかしあのアウトレットは、広大すぎる。
前回行ったとき(2年前くらいかな?)より、何倍にも増殖していて、もーめちゃくちゃな店舗数!
湖を取り囲むように、ずら~~~~~っと並んだショップの数々は、見た目だけでも圧巻!だった。
ちょっとディズニーランドみたいな広さで、歩き回るだけでももうへとへと。。。


夜は別荘でゆ~~っくり。TVもPCも置いてないので、ものすごくシーンと静まり返って、なんだかしみじみリラックス。豊かな時間だなぁ~と、Gioの少年時代に思いを馳せ、ちょっと感心してしまった。
つくづく思うけど、私とは、まったく違う過程の人生。
こうして出会って結婚することになるなんて、人生はまだまだ摩訶不思議で満ち溢れとるのう!

ただ、誰かが置いていった(らしい)「タッチ」全巻、「ナイン」全巻「月の夜星の朝」全巻etc.を発見してしまったせいで、退屈するどころか、むしろ寝不足気味になってしまったことは計算外だった。。。


しかし、別荘を所有するというのは、いまどきはあまり聞かないよね~。
一昔前(7-80年代?)の、成功の象徴なのかなぁ。。?
あっそういえば、何年も前にお付き合いしていたひと(の父上)も別荘オーナーで、山中湖だったか河口湖だったかへ遊びに行ったことがあった。あれも、おおむね同じような規模、築年数だったはず。
。。。意外と、首都圏出身のひとは、皆ひとつぐらいリゾート別宅を持っているのであろうか?
素朴な疑問だけど、一体誰に聞けばいいんだろう?
気軽に聞けそうな自分の友達は、地方出身者ばかりで、どうも参考にならなさそう。
確かに楽しいけど、維持費もかかるし、メンテも大変だし、いろいろと天秤にかけたら、微妙な部分もあるかも。。。
ただ、子ども時代には最高だね!


食事は、ふたりでは自炊をするにも無駄も多そうだったので、今回はほとんど外食。
天気も不安定で、さらにはちょっとGioの体調(&ご機嫌)が今ひとつだったこともあって、手っ取り早さを優先したりしたので、あんまり厳選してる余裕はなかった。残念!



DVC00013_20090727121257.jpg  DVC00014_20090727121342.jpg
イタリアンの築地 虎杖(いたどり)
急な夕立に会い、とにかくすぐに入れるとこ!と飛び込んだお店。残念ながら、味はイマイチでお値段は通常通りって感じ。
たいしたもの食べてないのに、、、


DVC00015_20090727121342.jpg
アトリエ・ド・フロマージュのヨーグルトロールケーキ。
これはヒット。濃厚で、ウマ~イ!
半分こしたので、本物はこれの倍の厚みがある。中心に入っているのは、洋ナシの欠片。
うしろはGioチョイスのチーズモンブラン。こちらもうまし。


DVC00017_20090727121343.jpg
餃子会館の信州味噌ラーメン。
これは、おいしかったな! なんでここまできて大衆中華を食べてる?という気はするけれど、味噌ラーメン好きの私は、大満足!
うっかり餃子を二枚頼んだのは失敗。巨大サイズだった。。。
二人で一枚で十分でした。

DVC00018_20090727121343.jpg
テラスメイのハニーパフェ。
クリーム、フルーツにバニラアイス、オレンジシャーベットと上から食べ進むにつれてどんどん味が変わる。
底には、オレンジ風味(もしかしたらレモンかも?)のはちみつとヨーグルトが!
これが、ちょっとしたサプライズな感じで、すごく満足~^^
トッピングにポーレンがまぶしてあったけど、これは特に味わからず。体にいいらしい。


DVC00016_20090727121343.jpg
おみやげには浅野屋のパン。
実は、コレ試食したときが一番おいしかったのだ~!
ひとくち食べたら、そりゃもう目がパッチリしそうなおいしさで、迷わず購入しちゃったんだけど、時間が経つにつれ、風味が落ち、食感も変わってくるみたい。
焼きなおしても、あのふんわり食感、香り高い風味は完全には戻らず。
むむ~、やられた~。


DVC00012_20090727121257.jpg  DVC00010_20090727121256.jpg
室生犀星記念館にて。文人ぶるGio。
昔の建築物は、建材のスケールがどれもこれも小さくて、なんともいえないつつましやかさがある。ミニサイズの私としては、むしろ居心地よく感じてしまうなあ。




なんだかんだいいつつ、Gioも温故知新って感じで楽しめたらしい。
この夏の間に、もう一度くらいいけるチャンスがあるといいね!
山道の運転おつかれさま☆
スポンサーサイト
食べる(外) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ご主人の軽井沢の別荘もすごいけど、meriendaちゃんの旧家ぶりが想像できない世界!!!
なんだか時代が違う感じすらするもん。
もう、全てなくなっちゃったのね。お仏壇以外は(笑)。

軽井沢って湿気も多いから、別荘の管理も大変みたいね。
でも、“ちょっと軽井沢の別荘に...”なぁんて言ってみたい気も(笑)
軽井沢の別荘って、確実にセレブっぽいもん!
別荘地にホントに美味しいものはないと思ってたけど、あった?!

うちの親は庭に植える樹でも、実のなる樹を植えるタイプ。
なので、別荘を持つより、”実のなる”(家賃の入る)不動産を持ってるの。
つまんないわ~!
田舎もなかったし!
Re: 妻ちゃん
ねー、封建制度でしょ~^^;
大金持ちとかではなくて、ただ単に「旧い家」ってだけなんだけどね。
この家と、外国しか知らずに育ったから、私自身も大人になるまで、あまり状況わかってなくて、昔はいろいろとまどった。。。

仏壇は、もちろん今でもばっちりあるよ!^^;
たぶん、merienda家の血縁が完全に途絶えるまで、絶対無くならないと思うわ~。。。
中のお位牌の数とか、ちょっとすごいもんがあって、ろくに文字もかけないような時代のものも入ってるの。
さすがにこれをみたときは、あまり信心深くない私も、あんまり無碍なことはできないなーという気がしたのよ。。。
毎年夏(=お盆)に帰省すると、「御磨き」といって、いろんなパーツを取り外してピカピカに磨く作業を命じられます。お迎えする準備なの。



軽井沢の湿気はホントにひどかった!
床全体が、じっとりしめってる感じで、最初素足で踏んで、ヒィィ!って思ったもん。
よくカビないなー。温度が低いから?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。