--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/24.Fri

未来の食卓

公式サイト

北欧っぽいかわいいビジュアルにだまされた。
食物の農薬汚染、添加物の害についてのドキュメンタリー作品だった。。。

私は食べることは好きだけど、社会問題を積極的に考えるタイプではないため(ごめんなさい自分に直接害のあることの対応だけで精一杯です)、次々とショッキングな事実をつきつけられ、あまり居心地のいい時間ではなかった。
とかくこういう作品は、極端な思想のプロパガンダであることが多いし、関連する団体もなんだかヒステリックな印象が強くて、あまり好感が持てない。。。
モラトリアム上等!^^;
子供がいたら、またちょっとは意識変わるかしら。



冒頭は、学校の給食シーンから始まるのだけど、かわいい子供が笑顔で食物を口に運ぶたび、画面は静止画像になり、サスペンス映画の死体の出るシーンみたいなBGM(ピアノの、マイナー和音で、ジャージャーン!みたいな。。。)とともに、「保存料 発がん性リスク/赤色00号 気分障害」など、添加物の名前とその害を文字表示、というのが延々繰り返される。
(しまいには「水」まで汚染だらけだった。ほんまかいな。。)

その、ベタにイカニモなショッキングBGMが、楽しそうな給食風景と激しいギャップがあり、立て続けに繰り返されるせいもあって、なんだかちょっとコントみたいに感じられて、思わずぶっと吹いてしまった。


まわりには、鑑賞しながら飲食していた方がちらほら。
よ、よくこの作品観ながら、なんか食べる気になれるなぁ^^;


フランスの農家のインタビューがたくさん出てくるけれど、マジで?といいたくなるようなコメントがたくさんあった。
例えば、
「農薬を散布すると、その後8日間尿が出なくなる」
「散布作業の後、3日間鼻血が止まらない」
「子供が白血病になって死んだ」
など。。。
そんな、罰ゲームみたいな職業って、アリ~!? 強制労働でもあるまいに。。。 なぜ辞めない???
だからといって、すぐに廃業できない事情がなにかあるのかなぁ。
でも、これじゃああまりに明らかに健康に害がありすぎると思うんだけど。
自分や、家族のことだったら、即刻辞めてもらう。
贅沢は言わん、給料安くてもいいから、せめてなるべく健康でいられる仕事にしてほしい。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ほぉ~そんなドキュメンタリー風な映画があるんだね。
わたしはドキュメンタリーが好きなんだけど、どこから
その情報は合ってる?という疑念もある。。。
merindaはいつも映画観てるけど、映画館へわざわざ行ってるの?
最近全然映画観てない~!(涙)
Re: maxou
私もドキュメンタリーは好きなんだけど、食に関しては、たとえそれが欺瞞でも、幸せの象徴的なものであってほしいのよ。。。
フランスの地方の話だったよ。村ぐるみで、子どもたちによいものを!っていって、オーガニック給食に取り組むの。
映画は、ほとんど試写会でみてるのだ。これもうほとんど趣味だね^^;
もちろん当たりハズレあるし、スケジュールも自由にはならないけど、とにかく安上がりだし、早い時期に観れていいのv-238

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。