--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/22.Wed

アマルフィ 女神の報酬

公式サイト


む、む、む、、、
なんだろう、この違和感。
別にめちゃくちゃつまんなかった訳でもないんだけど。。。
なんだか、すっきりしなーい。
ものすごい宣伝露出があるから、気合入ってるな~と期待してたんだけど、完全に裏目に出た。

ちゃんと起承転結はあるし、役者はどの人もそこそこ悪くないので、とりあえず退屈で寝ちゃうということはなく、一応ずっと集中して観れいられる映画ではある。

が、なんというか、、、 すっごく、いろんなバイアスがかかっている印象。
だって、あまりにも必然性のないシーンや展開が多すぎる。
つまり、ストーリーとかよりも前に、「ここで撮影をしなければいけない理由」「この人を出さなければいけない理由」etc.があって、そこに到達させるために、映画を組み立てたって感じ。

もっとストレートにいえば、たぶんだけどCXの意図が強すぎ。
こういう大作は、もちろんものすごい額の製作費用がかかるから、たくさんお金を出したところから、いわゆる「ゼヒモノ」がでてくるのはある程度仕方ないし、したがってコジツケ部分が出てくるのも、まあ当たり前なんだけれど、、、
でも、そういうのは、観客にわからない範囲でやってほしいのよね。
今回は、ちょっと強引すぎ。
後付でちゃんとフォローしきれてなくて、そのへんの大人の事情etc.が透けて見えちゃってるから、居心地悪いのだ。



原作が読みたい。
きっと、もっとずっとおもしろい。(真保裕一、好きなので)



あ、サブタイ「女神の報酬」の意味が、ちっともなんともさっぱりわからなかった。
一体どのへんが「女神」で、どのへんが「報酬」????
そんなサブタイなら、いらないと思うんだが。
スポンサーサイト
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。