--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/01.Mon

今週の献立

2/25
DVC00098.jpg   DVC00099.jpg
ハモン・セラーノ&カマンベール
サラダ
ピザ(4queso、マルゲリータ)
コンソメ温野菜+温泉卵


2/26
DVC00100.jpg
ぶり照焼、青菜
明太子
おくらおかか和え
もやしのナムル
ごはん
お味噌汁(えのき、豆腐、ねぎ、わかめ)
サラダ


2/27ひる
DVC00101.jpg
ズッキーニとジャガイモのラザニア風
バケット
サラダ


2/28ひる
DVC00105.jpg
はんぺんチヂミ
えのきとわかめのごまスープ



2/28よる
DVC00106.jpg
豆腐××めし




はんぺんのチヂミは貧乏アイデア料理なんだけど、簡単でおいしくできたのでヒット!
はんぺんを半分に切って、端から薄くスライス。にらも同じ長さに切ってスタンバイ。
水で溶いた小麦粉を、油を多めに敷いたフライパンにクレープみたいに薄く延ばし、一面にはんぺんとにらを敷き詰めたら、上からもう一度たねをまわしかける。いい色になってきたらひっくり返して、たねとはんぺんが一体化するように、フライ返しでぎゅーぎゅー押しまくる!しばらくやってると、ほんとに馴染んでどこまでがはんぺんなのか不明瞭になるからすごい。
かりっと焼き色がついたら、仕上げにごま油をまわしかけて完成~!
食べやすくカットして、ポン酢+ラー油で。
なんでかわかんないけど、やたらもっちもちに仕上がるんだよね。はんぺんの味もしないから、Gioにもどうやってるのか全然ばれなかった^^;。
ホントはおつまみメニューなんだけど、これだけで麺もご飯もパンもいらないし、休日のランチにちょうどいい感じだったー。



「豆腐××めし」は、中学くらいからしょっちゅう食べてるもので、なんのことはない、ごはんと豆腐を1:1くらいでどんぶりに盛ったら、後は適当にありあわせのものをのせて、おしょうゆをかけてガーッと全部混ぜて、スプーンで食べるとっても大胆な猫まんま。ローカロリーで、胃腸にも優しくて、お金もかからなくて、定期的に無償に食べたくなる、私の癒しメニューともいえる。
この日は納豆&梅干&おかかで。
写真は盛ったところだけど、食べるときは全体が一体化して、豆腐も崩れ、そうそれはまるで「もんじゃ焼」、、、 っていうか、、、 なんともまったくジー イー アール オー!!!
そんなデリカシーのかけらもないネーミングは、当時、食べる直前にたまたま見かけた母から頂戴したものだ。
あんたねー! と思ったけど、なんか語呂がよくて(?)、むかつくけどもはや自分の中ではこの名前で定着してしまっている。誰にもいえないけど。。。
この日はGioも留守だったし、ひまつぶしに帰り道に立ち読みした本が、もーどーにもこーにも私の食に対する欲望を、インスパイアしまくってくれたのだ。

おとなのねこまんま あったかごはんを極うまに食べる136おとなのねこまんま あったかごはんを極うまに食べる136
(2009/01/22)
ねこまんま地位向上委員会

商品詳細を見る
日本人なら、読んだ人全員、なにがしかの「まんま」を食べずにいられなくなるはず。じゅるる~
スポンサーサイト
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/02.Tue

お久しぶりです

最近更新が滞っていたのは、ちょっと、なんだかパソコンのご機嫌が悪くて。。。
普通のweb閲覧は特に問題ないんだけど、blogの更新ができない。

っていうか、こうしていい感じにパチパチ入力してると、いきなしガチッとフリーズしちゃうの。
そうなると、もう保存もできなくて、書いた記事は全部パァ。
なるべく気をつけて、こまめに保存しながら書いたり、ワードパッドでテキストを書いてから全文コピペしたりしてたんだけど、リンクや写真も貼りにくいし、やっぱ煩わしくって。


止まっていたところの記事、実はもう書くの、4度目。。。
3度目に消失したときに、あまりに脱力して、もうすべてが嫌になってしまって。
つい、そのまま放置しっぱなしにしてしまったのら。。。

でも、映画の記録も、ごはんの記録ももうパンパンで、どんどん忘れちゃいそうだし、せっかくやってきたんだから、やっぱりもう一度がんばることにした。
はー。
何度目の挫折かしら。


しばらくは1-2月の話をぼちぼち書いていきます。
身の回りの出来事 | Comments(5) | Trackback(0)
2010/03/02.Tue

スイートリトルライズ

SWEET LITTLE LIES

ああーなんて切なく、なんて美しく、そしておっそろしいほどに生々しい映画なの!!!
私、どうしてもそう感じてしまうジャンル(立場、状況、世代)ど真ん中の人間なのだった。

この映画は、観る人のセグメントによって、ものすっごく感想が変わる作品だと思う。
そうだなー、既婚で子供のいない3-40代の女性は、上記の私の感想と近いものを抱くのでは。
未婚だと、失望したり、エーって気持ちになったりしそう。この世界観について、到底、好感は抱けないだろう。
50代以上ともなると、今度は眉をしかめられそうな感じで、これまた好感は抱いてもらえなさそう。
さらに、子供のいるひとだとまた違って、こんな話は、ばかばかしくて、ちょっと腹が立つかも。
一部の、ものすごおくストイックなものの考え方をするひとや、自分のことは棚に上げて物事を見られるタイプのひとだけは、それなりに受け止めることができるかもしれない。

そして男性は、おしなべて、多分ゾーッとするだろう。
劇場からの帰り道はもう、しゅんとして、うつむいて、くず折れそうな足を引きずってトボトボ歩くしかない。
感受性豊かなひとだと、もう不能になるかもしんないわー。
だから、男性には全然おすすめできないし、カップルや夫婦で観るのだけはやめておけ、といいたいね。
大げさじゃないぞおー!

すっごく狭いターゲットゾーンだけど、ど真ん中にぶっささる感じの、すっげえ破壊力を持ってる。
もう一度みたい気持ちもあるんだけど、かく言う私ですら、鑑賞時のコンディション次第では、めーっちゃ落ち込んでしまうかもしれないので、おいそれと観にいけないや。。。

中谷美紀きれいすぎる! 大森南朋むっちゃ色っぽい!
朝焼けのような、胸のすっとするブルーと、心地よい静寂に彩られた、美しくてうつくしくて、そして世にも残酷な、おとぎ話みたいな一本。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/03.Wed

フィリップ、きみを愛してる!

I Love You Phillip Morris

残念ながら、完全に期待はずれだった。
私が勝手にジム・キャリーに対する幻想というか、固着したイメージを持っているからなのかな~。
「トゥルーマン・ショー」とか、「YES!」みたいのが好きだ。

それと、実は私は同性愛について、割と古臭い偏見を持っている人間なので、それもマイナス印象の理由だったかも。。。
そういう性癖(?)の人間を、糾弾するつもりは毛頭ないけど、ただただ理解、共感ができないの。。。
自分と違うものを、受け入れられないなんて、なんか、心が狭くてゴメンって感じだ。
だから、普段はおおっぴらにこういうことを話したことはない。

たぶん、幸か不幸か、これまで私の周りに同性愛者がいた試しがないからなのかなって思う。
この年になっても、その存在について、どこか「おとぎ話」みたいに感じてしまっているような気がする。「サンタクロース」や「人魚姫」と同列? メディアではみたことがあっても、現実に、この目でみたり、関わったりしたことがないのだ。身内、友達、知り合い、ご近所さん、同級生、、、どこにも、ひとりもいないのよね。。。 (ま、カムアウトしてないだけかもしれないけど)
クネクネした言動だったり、スカートはくのが好きな男子や、一切お化粧をしなくて、板前^^;みたいな髪型の女友達ならいたけれど、「同性を恋愛対象にしている」とか「同性の恋人がいる」というひとは、本当に知らないの。
だから、なんかどーしてもその思考回路が理解できないし、理解しようという積極的な動機にいたってないのかも。

もし今後、現実にそういうひとと関わることがあって、そのひとが、人間として魅力のある人だったら、きっと全然友人になれると思うんだけど(思いたいんだけど)、、、どうなのかなぁ。
私の心の狭さは、時に本人も驚くぐらい、くだらないことにこだわって、どこまでも頑なな部分があるからなあ。。。

少なくとも、自分が同性から恋愛対象に見られたら、やっぱ動じずにはいられないだろうなって思う。それまでと同じようには振舞えない気がする。
逆に、そういう男性をうっかり好きになってしまって、後から事実を知ったら、なんか、簡単に諦めがつくような気もする。
動物にはないじゃん、て思うとねー。どうしても「変わってる」「へん」っていうふうに感じてしまう部分が消しきれないのかもしれない。
あああー、やっぱ、私、まだまだ器が小さいワ。
万が一、なにかの縁でこの文章を目にして、傷ついたひとがいたら、ほんとにごめんなさい。。。
未熟者でイケてない私を許してね。いつの日か、理解できるようになれますように。。。




夕食は一人だったので、久しぶりに油そば。
DVC00108.jpg
いつも同じ味。安定感あるわー。
この、汁のないラーメン、、、太い麺をもぐもぐ食べる感じ。
酢とラー油をかける、独特のちょっとすっぱい味。
最初はどーうも違和感あったんだけど、数回食べてるうちに、あっという間に慣れた。
定期的にリピート中。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(1)
2010/03/06.Sat

AFURI

かなーりお久しぶりに、AFURI
ゆずのラーメンが、私は好きだったんだけど、Gioはしっくりこないというので、足が遠のいていたのだ。
何の気が向いたか、今日に限って「おれ、AFURIのラーメン好きになったかも」と言い出したので(食べてないのに?)、それならばと訪問。

DVC00112.jpg
ゆず塩ラーメンとチャーシュー丼

DVC00113.jpg
私は新しく増えていたメニューのつけ麺(ゆず醤油)にチャレンジ!




あまりに期間をあけ過ぎて、前の印象を忘れてしまったが、今回はじめて食べたつけ麺は、最高に好みの味だった!
甘いだけじゃなくて、ゆずの効果でこ酸っぱいところが、すげーツボ!
近いうちにゼヒもう一度よろしくお願いします。



店員が全員女子だったのに驚いた。。。
新しい戦略なのかなー。
しかも、5人全員が、誰しも個性的っていうか、どこかキャラ立ちしてる感じなの。
美人系も、カワイイ系も、背の高い子も、ぽっちゃり系もいて。
揃いの衣装(ユニフォームというのか? Tシャツに前掛け)のせいか、世代とそれぞれのファッションのせいか、見てるうちにひとつのギャルバンっぽく思えてきておもしろかったので、「あの麺ゆでてる子が、ギター。ちょっと個人主義やねん。どんぶり洗ってた子は、ドラム。バンドのおっかさん的存在で、揉め事は彼女がまとめてる。」とか、ドイヒーに配役を決め付け、勝手にアテレコして楽しませてもらった。

実は、こういうのん、私、大好きなの。
どーうでもいい、くっだらなーい、おしゃべり。
いままでGioに遠慮して全然話せなかったんだけど、、、
今日は、なんか受け入れてもらえそうだったので、思い切って話してみたら、意外と嫌がらずに聞いてくれて、思うようにおしゃべりできたので、なんだかすっごい気持ちがよかった。
最近、自分はGioに対して、まだまだ素顔を出せてなかったんだあ(=だからしんどかったんだぁ)、と気付かされることがちょくちょくあったので、改善努力中なのだ。
すぐに全部は難しいだろうけど、ちょっとずつでもなるべくそういう遠慮とかを取り払って接してみようとしてる。

今日はすごくうれしかった。
めちゃめちゃ満たされた。
また、聞いてもらえるといいなぁー。。。
食べる(外) | Comments(2) | Trackback(0)
2010/03/07.Sun

九十九ラーメン

ここんとこ何度電話しても、割と早い時間でも夜だと売り切れなので、今日こそは!とランチを攻める。
あった、あった!


DVC00114.jpg
まる究ラーメン


やっと食べれて大満足♪
ついでにランチだとトッピングとかも無料だから、さらに充実度高いわー。

ああ、これこれ! この濃厚なチーズの味!!
麺とチーズの間には、た~っぷり(ほぼ麺と同量くらいありそう)の、もやし!
最近気付いたんだが、このもやしがものすごい役者、陰の実力者だったのだ。
あるとないとじゃ大違いだし、この大量もやしのおかげで、このくどい一杯を、最後までおいしく食べれるといっても過言ではない。
なので、食べるときは、麺、もやし、スープを、いかにバランスよく混ぜて口に運ぶか、という采配能力が問われる。これ、ものすごーく重要なコツ!

初心者(?)にありがちな失敗としては、主に上から順に食べてしまう、というケースがある。
前半にもやし8:麺2くらいの配分で食べ進めてしまった結果、最後は麺のみが残ってしまう、、、という悲しい結末。満腹度数も上がっているし、チーズの溶け込み具合もMAXに近づいているので、この食べ方をすると、最後は大変重く、しんどい戦いになってしまう。
10年以上このラーメンを食い続けた私がたどり着いた、ひとつの正解は、、、
出だしのみ麺7~8:もやし3~2ぐらいから始めて、合間合間にスープをすすりつつ、エンジンかかってきたら、麺ともやしを1:1バランスでがんがん食す。そして終盤は、なるべくもやしがちで、さっぱりしめる。
もうね、これがベスト。
食べ始めから、終わりまで、ずーっとおいしいし、気持ち悪くもならない。絶対。
だまされたと思って試してみてほしい。

毎回店を出るときには、オエーとなってしまっていたGioに、このお作法を伝授したところ、
「。。。同じ一杯とは思えない。」
とのお言葉を頂いた。
ラーメンだって、それぞれおいしく食べれる食べ方があるんだよう!
あ、すりゴマはかなり中盤から使っても大丈夫だけど、卓上のもやしや高菜を入れるのは、後半でね。
私は、大抵こうした薬味類は、ほとんど入れないまま食べきってしまうんだけど。
(もやしの配分をちょっと間違ったときに、最後に追加でつかうくらいかな^^;)


でも、やっぱりどーしても、夜に食べたいときもあるんだけどねえ。。。
もう一時期のブーム(行列しまくっていた)は、過ぎ去ったと思っていたけど、なんかまた最近は白熱してるの?

しかし、ここんとこラーメン食いすぎやね。。。 いくらなんでも。。。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/08.Mon

今週の献立

3/2
DVC00107.jpg
チーズ入り味噌煮込みうどん


3/4
DVC00109.jpg   DVC00110.jpg
オクラとしめじ入りカレー
きゅうりのごま油和え
福神漬け
焼きリンゴ バニラアイスとラムレーズン添え

3/6ひる
DVC00111.jpg
ニラレバ炒め
サラダ
じゃこおろし
お味噌汁(しめじ、まいたけ、油揚げ)
ごはん


3/8
DVC00001_20100319183300.jpg   DVC00002_20100319183259.jpg
焼きそば+目玉焼き
もやしのナムル
冷トマト
サラダ
キムチ

DVC00005_20100319184141.jpg
ジャンクやわー。私は、もともとは野菜やきのこが大好きなんだけど、ソース焼きそばに限っては、キャベツ&ちょびっと肉だけで、あんまし余計なもの入れないほうが、懐かしい屋台の味に近くておいしく感じるような気がするなあ。



久しぶりに焼きりんご。
簡単で安上がりでおいしくてローカロリー。
とっても好きで、冬場はしょっちゅう食べてたんだけど、どうもオーブンの具合がよろしくなくて、、、
異常に時間がかかっていらいらするから、今年はほとんど食べなかった。
シナモンも古くなって、めっちゃマイルド。っていうか、ほとんど香りが、、、^^;
ガンガン振ってしまった。
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/10.Wed

シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES

「ホームズ」って「L」が入るのね。というのを、エンドロールで初めて知った。
HOMESじゃないんだ~(マヌケな発言?)

「名探偵シャーロック・ホームズ」ねー。
何十年も前とはいえ、原作シリーズけっこうハリキッテ読んでたからなぁー。
ミステリー小説にハマッた時期があって、小学校3-4年の頃かな。ルパンやホームズのシリーズ、黒猫などのポー作品シリーズ、、、と、図書館で、順番に借りてって。素直に、ドキドキハラハラ、時にぞくっとしたりしながら、夢中になって読んでいた。

そのせいもあって、それなりに、「ホームズ&ワトソン」の固定イメージがあったのかなー。
なんか、ふたりともアグレッシブすぎて、、、 こ、こんな肉体派やっけ?
たしかにホームズは「バリツ」とかいう、武術の使い手だったけど。。。(しかし「バリツ」ってなんや?)
もっと、英国紳士な感じかと思ってた。

というか、少なくとももう少し推理、ミステリー要素のある作品だと思ってたよ。。。
単なるアクション映画になってしまっていて、個人的には「こ、こ、コレジャナーイ!」って言いたくなった。
あと、コメディセンスに乏しい作品なのが残念だった。
私の中では、「笑える要素を80%OFFした『パイレーツ・オブ・カリビアン』」という印象。
主演ふたりが、見目麗しいのだけが救い!
みる・きく・よむ | Comments(2) | Trackback(0)
2010/03/13.Sat

今週の献立

3/9
DVC00006_20100319195501.jpg   DVC00007_20100319195501.jpg   DVC00008_20100319195501.jpg
木綿豆腐のハーブオイル漬け
スナップエンドウのシーザーサラダ
もやしのナムル
いもねぎ
ごはん
お味噌汁(ごぼう、にんじん、油揚)
サラダ
バームクーヘン バニラアイスとはちみつレモン添え


3/10
DVC00002_20100319195500.jpg
鮭ゴマ大葉の混ぜごはん
レンコンのすり流し汁
木綿豆腐のハーブオイル漬け
スナップエンドウのシーザーサラダ
いもねぎ
サラダ


3/11
DVC00005_20100319195500.jpg
DVC00010_20100319195459.jpg
豚固まり肉と大豆のトマト煮込み
パプリカと舞茸の焼きマリネ
木綿豆腐のハーブオイル漬け
サラダ
パン(くるみとドライフィグ)


3/12
DVC00011_20100319195758.jpg
ブイヤベース
パン
サラダ


3/13
DVC00012_20100319195757.jpg
シーフードパエリア
パン
ゆで卵とブロッコリーのサラダ 明太子ソース
サラダ







怒涛の洋食(煮込み系)三連発!
んー、パンばっかり食べてるなぁ。
近所のパン屋さん、閉店間際になると、全品半額になるんだよね!
おなかのすいてる時間帯でもあるから、いつも、立ち寄るとつい必要以上に買いすぎちゃって、、、

ブイヤベースの翌日は、自動的にパエリア。これ我が家のお約束。
だから、いつもスープは多めに作っておくのだ。

豆腐のハーブオイル漬は、ネットのレシピで見つけて、簡単でおいしそうだったのでチャレンジしてみたんだけど、我が家では不評で、何日も続けて食卓に登り、苦しい戦いとなった。
基本、食べきれない場合、少量なら翌日のお昼に私が片付けるのだが、それでも追いつかないほどの量がある場合は翌日の夕餉にまわってくる。すると、食卓がやたら既視感のあるものに。。。
webでは評判よかったんだけどな。
なんか、作り方間違ってるのかなー。。。 大事な何かを入れ忘れてるとか。。。
食べる(家) | Comments(4) | Trackback(0)
2010/03/15.Mon

MONO「赤い薬」/一龍別館

MONO

今年もMONOの東京公演を観にいくことができた。
10代の頃から、(さすがに欠かさずとまではいえないけど)ずっと追いかけてきた劇団のひとつ。
足を運べるエリアで公演があれば、必ず顔を出してきた。
もう、固定客というかタニマチというか、、、

この劇団は、所属の役者が少なく(5名)、さらにほとんど結成当時から入れ替わりがないので、10年以上同じ人を観てきている。こうなってくると、なんかもう、こちらとしてはずーっと知ってる人のような気がしてしまう。
といっても誰とも一度も話したこともないんだけどね。。。ストーカーって、こういう気分なのか?(違うか)
役者の皆さんも、年々歳を取ってるし、観てる私も、とんがった美大生から、地味ーなオバハンになった^^;

今回の「赤い薬」は、再演作品とのことだが、初演は見逃していたため、私にとってはすっごーく新鮮だった!
そもそも、MONOの戯曲は、とことん会話劇。
独特の言葉の言い回しや、話し方による絶妙な食い違い、会話の間の取り方なんかがキモで、ここらへんが私のおもろいのツボと合致する。どーにも可笑しくて、いつまでもクスクス笑えてしまったり、すぐに口真似したくなったりするのだ。
なのに、この作品は、セリフもさることながら、身体や動きで笑いをとる要素がふんだんにあり、いつもとは趣が全然違った。なんかドタバタとにぎやかく、なんだか若さバクハツ!って感じ?
いつも、絶妙の間でやりとりしあって、静かな演技で笑いを生み出す皆が、あんなにガチャガチャと動いたり、大きな声を出したりできるんだー! 正直、初めて観たから、すごくびっくりしたー!
ものすごく長い付き合い(?)ではあるのだけれど、あくまで舞台の上のことしか知らないから、あんなふうにアグレッシブに動くところを目の当たりにして、すっごく衝撃的だった。


そうそう、叙情的で、美しい舞台もMONOの特長のひとつ。
「ずっとクスクスおもしろくて、最後に、ちょっとホロッと切ない」というのがMONOの基本的な持ち味なんだけど、特にその「ホロッ」に多大な影響を与えるのが舞台セットなのだ。

DVC00013_20100319194749.jpg
これは上演前。
基本的に一幕劇で、舞台が変わったりはしないんだけど、芝居の進行に合わせてライティングが絶妙に変わり、あっという間に空間を支配する。
特に、ガラスなど透けるものの使い方が本当に上手で、どの舞台でも効果的に用いられている。
例えば正面の灯を落として、向こう側からきれいな光が差し込んだりすると、その瞬間、舞台は同じなのに、雰囲気ががらっと変わって、時間の経過や場所の転換を感じさせられてしまう。
そして、時に息を呑むほど美しく、ドラマチックな情景を浮かび上がらせるのだ。



予想とは違ったが、これはこれで満足して、劇場を後に。
帰りにふと思い出し、「赤坂といえば、ここだよね~」ということで、何年かぶりの一龍へ。
韓国料理ソルロンタンの専門店。(少しは他の料理もあるけど)

DVC00014_20100319194748.jpg   DVC00015_20100319194747.jpg
黙っててもいきなりずらっと並ぶサービス品が本場ちっく。もちろんおかわり自由!
ソルロンタンは、とにかくやさしーい味。っていうか、ほとんど味がないといっても過言ではない。
唐辛子&にんにくっていう、一般的な韓国料理の持つパンチの効いた味のイメージとは、全然ちがう。

ここは、夜遊びの果てにたどり着く場所。
深夜、、、それも、二軒目どころじゃなく、三軒目四軒目という、もはや夜明けも近い?というような、ふかーいふかーい時間に食べるのにちょうどいいような料理なのだ。
初めてここに連れてきてくれたのは、当時、付き合っていたキーフ。
ここから歩いていけるところに家(しかもビル!)があるのに、代々木で風呂なし共同トイレのアパートに暮らしているという、大変ユニーク、(というか、今思えばなんだかよくわからない人??)だった。
彼の周りでは、なんだかすっごくクラブ遊びが流行っていて、週末になると夜な夜な連れ出された。
私は、それまで夜遊びといえば基本的に宅呑み、ひたすら呑んでしゃべって、最後はベロンベロン、ということばかりで、外で、おしゃれしてガンガン音楽を聴いたり踊ったりして過ごすという遊び方は、彼が教えてくれたのだ。
ものすごい積極的に楽しんでたってわけでもないけど、、、
それでも、その頃は私もまだまだ体力あって、どんどんヒートアップする彼たちのテンションにもそれなりに付き合って、オールで遊ぶことができた。
といっても、本心からハマッた!ということもなかったので、キーフと別れると同時に、すぐに行かなくなったけどね。なんか、基本的な人種が違ったんだ、たぶん。

キーフが別れを切り出した時「merienda、おれと同じくらい夜遊び好きじゃないじゃん。だから、一緒にいてもつまんないよ。」って言ってて、当時は「ハァ??? 夜遊びって、、、そんな重要なこと?」と思って、言ってることが全然理解できなかったんだけど、今となっては、ハーなるほどねって感じだ。
Gioとは、気ぃ合わねー!!!!って思うことも多々あるけれど、多分こういうことが心底好きじゃないという点では、すっごく価値観が似ていて、同じ人種って気がするなあ。



懐かしい味に、いろんなことを思った。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/17.Wed

ソフトボーイ

ソフトボーイ


ベタな青春部活ムービーだけど、俳優それぞれがなかなかに上手で、脚本もうまく、飽きずに楽しめる一本。
中弛することもなく、とにかく全編に若さがあふれてて、気分爽快でスカッとするから、また観たい。
あ、最後のどんでん返しは、まったく予想もしてなかった展開だったので、エエーッってなった。
この展開、ホントに必要だったかどうかは微妙だけど、意外性あって楽しかったから、これはこれでよしとするかー。



すべてはお調子者のノグチのせいで、どんどん事件が起こっていくのだが、(この子いなかったら、良くも悪くもみんな平和な学生生活だったよきっと)リアルな友達に、すごく似てる奴がいるのよねー。
すぐにいろんなことを思いつき、それを最高のテンションで誰彼かまわず語りまくり、周りが動き始めた頃には、言いだしっぺの本人はすでにもう飽きてて、またぜんっぜん違うことを思いついていたりする。
観れば観るほど、ヨシーケそっくりだ、、、
こういう人、迷惑といえば迷惑でもあるが、どうにも憎めないし、こうして振り回されて、いろんなことに巻き込まれてくのが、どこか刺激的で楽しかったりするってーのも事実。
強烈な友達は、私は、ある程度いた方が、いいな。


思えば、Gioと私を引き合わせたのもヨシーケなのだった。
なんでもないある日、「今夜、ゴハンでも食べん?」と突然誘ったら、「前の席で用もないのにグダグダ残業してるイケメンがいるから、一緒に連れてくわ!」と。。。
合コンでも紹介でもなんでもなく、ヨシーケの単なる気まぐれにて、お互い完全に普段着で、まーったく身構えずに出会ってしまった。
誰もそういう心づもりもないので、特に会話も弾むわけでもなく、ほとんどヨシーケがひとりでベラベラしゃべってるのを聞いてただけだった。
初対面のGioは、見た目も、話した内容にも、特別な印象がなく、、、^^; 特に嫌な印象もなかったけどね。
Gioも同じ感じだったらしく、その場でいちおう連絡先を交換したものの、「楽しかったですね、またゴハンでもいきましょう」みたいな形式的なやりとりを数回して、すぐに連絡は途絶えて終わってしまった。
ま、そんなのは、よくあることだ。

なのに。
その後、すぐにまたヨシーケと会う機会があったのが運のつき。(?)
「あれからGioちゃんと連絡取ってる? あいついー奴なんだけど、押しが弱くて(そりゃ君からしたら、世の中の人間、全員押し弱いだろうよ^^;)さ~。もったいないから、meriendaから声かけてやってよ」などと言われ、「エーなんで私がぁ? そんな面倒な男、いやだ~」と思いつつ、たまたまその頃ちょっとひまだったこともあって、酔って気分のよくなった私は、その口車に乗ってみる気になった。
すぐにその夜、「ヨシーケに連絡しろって言われたからメールします。前はなしてたゴハンって、一体いつ行くんでしょうか」って、ストレートすぎるメールを送り、Gioから「すみません、ヨシーケの強請による義務感アリアリなメールありがとうございます。では、来週どうでしょう」という、これまたストレートなメールが返ってきて、ここで初めて私たちの関係は、ただの「通りすがり」から、まともな「知り合い」になったのだった。
私たちが、まさか結婚するとは、本人たち含め、誰一人思ってなかっただろう。


あとからヨシーケにこのことを聞いても、「そんなこと言ったっけ~? ハハハ、全然覚えてねーなー! でも、まあよかったじゃん、結果的に、俺様に感謝しろよ!」とか言ってて、実にいい加減。
単なる気まぐれから始まったことが、偶然×偶然、、、で、このような展開になるとは。
人生って、ホントにわからない!!
みる・きく・よむ | Comments(2) | Trackback(0)
2010/03/19.Fri

ソラニン/玉丁本店

ソラニン
玉丁本店

うーん。
すごく、よかったの。。。
ずっといまいち認められずにいた宮崎あおいが、初めて、すっごくかわいく見えた。
ネットとかのレビューを見ると、おおむねあんまり評価は高くないから、完全に好みの問題、、、
っていうか、私のセンス、どーなんだっ!?

もうね、、、設定自体が、あまりに自分とリンクする部分がありすぎた。
それぞれのイケてないぶりが、、、 ダメダメで、ヘボヘボで、ぐねぐねで。
捨てられない自意識とプライドと、世知辛い現実とでぐるぐるんなって。
でも一生懸命で、真摯なひたむきさだけは、いつだってあって。
どれもこれもあまりに過去の自分とシンクロして、懐かしいやら愛おしいやら、せつないやら、心中タイヘン。

帰り道で、Gioに開口一番「meriendaそっくりだったなあ!」と言われ、他人であるGioにもそー見えるのかぁっていうくすぐったい気持ちと、へえー、Gio、そこまで私のこと見えるようになったんだぁ、っていうちょっと感動の気持ちと、ごちゃまぜになって、なんだかふわふわ。
夜の空気が濃く、甘かった。





晩御飯は、一体今回、第何次ブーム?の味噌煮込みうどん。
DVC00009_20100319195100.jpg
味噌煮込みうどん 980円

硬い麺、シンプルな具財で、結構本場の味だあ!
さほど期待してなかっただけに、嬉しいサプライズに大満足。
欲を言えば、価格設定が高めなことかな。
ま、立地を考えたら仕方ないか。
おなかがすいていたので、勢いあまってどてまで頼んじゃった。うーん赤味噌尽くし。。。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/20.Sat

すぱじろう

DVC00005_20100417212520.jpg   DVC00006_20100417212520.jpg


今月のすぱじろう。
別に月イチと決めてるわけではないが、なんか結果的にそれくらいのペースになっちゃってんだよね。
どんだけ好きやねん、って感じ。

この日はかなりあったかかったので、私はさっそく冷製バジルパスタ。
Gioはきのこ入りミートソース。
どっちもおいしーなー^^ 量がたっぷりあるのも、いつも大満足!
ミートソースは、Gioいわく、めっちゃ懐かしい味、3年に一回くらいはモーレツに体が欲する味との評。
え、おいしくなかったの?
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/22.Mon

シモキタ散歩

暖かくなってきて、Gioが今年はスウェットのショーツが欲しいというので、下北沢へお買い物へ出かけた。
うちら、一体いくつまでここで買い物してられるかねえ?




しばらく前から興味深々だった「肉巻きおにぎり」をやっと食べられた!
DVC00008_20100417215040.jpg
チーズ入り 350円

かなり大きなサイズのおにぎりに、甘辛いたれに漬け込んだ牛肉を巻きつけ、じゅ~っと焼いてごま、チーズ。
レタスに包んでできあがり。
いたってシンプルだけど、たれ味の肉と米にちょっと野菜って、こんなんおいしくないわけないよね!
ボリュームがあって満足だったけど、ちょっと食べにくかったので、自分で作るなら、もっと小ぶりの一口~二口サイズのがいいかも。
こんどやってみよっと。パーティーでもうけそうだー。



DVC00009_20100417215040.jpg
帰り道で「てんや」。こないだTVで観てから、無性に食べたくて。。。^^;
ミニでもすごいボリューム! おなか、ギツギツ言ってるわ。
なんか今日は全体的にがっつり食いな日だったな。部活帰りの高校生みたい。
実際、消費カロリーは彼らの半分くらいしかないんだけど。。。 やべー


結局気に入ったショーツは見つからず、(ひとつかわいいのあったんだけど、2万円近くして! どうせすぐに型崩れするのにさーと断念、、、)なぜだかUNIQLOで普通の長いスウェットを買って帰った。
むちゃくちゃやん、その結末。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/23.Tue

今週の献立

3/17
DVC00016_20100319200045.jpg
鶏つくね入り坦々麺
サラダ



3/19
DVC00001_20100417211537.jpg
明太うどん
鶏からのおにぎり
サラダ



3/21
DVC00007_20100417211537.jpg
豚しょうが焼き(かぼちゃ、高菜)
お味噌汁(しめじ、たまねぎ)
サラダ
チーズ入りはんぺん
ごはん



3/24
DVC00010_20100417211537.jpg
牛肉とカリフラワーのカレー炒め
ポテトのマスタード風味
サラダ
チーズブレッド
マッシュルームのバター醤油ソテー




初めての料理を作ると、イマイチ心に迷いがあるというか、到達するゴールのイメージが明確になってないため、味付けに戸惑ってしまう。
あーでもない、こーでもないって、何度も何度も味見しながらあれこれ足し引きしてるうちに、だんだん一体何が足りないのか、自分でも混乱してくる。
結局、なんとなーくの仕上がりになってしまい、口にしたときに「!」っとなるようなおいしさはなかなか生み出せない。うぬー、決してまずいわけではないんだけど、、、
ま、ちゃんと計量すればいいだけのことなんだけどね。でへへ
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/24.Wed

誘拐ラプソディ

誘拐ラプソディ


あまり期待もしていなかったが、予想外にテンポよく観られた。
高橋克典って、金太郎のイメージが強すぎるというか、どうにもこうにもB級というか、、、
そのせいか、これまでずっと哀川翔とかの後を継げる、次世代「ミスターVシネ」タイプの俳優にしかみえなかったんだけど、この作品を見ると、どうしてなかなかに勘がよくて、間がうまい。
すらっと長身でかっこいいから、余計にコメディ調がはまる。
イケメンでコメディができるといえば、最近はとにかく阿部寛ばかりだが、高橋克典は彼とはとはまた違った種類の二枚目だし、彼なりの新しい市場が充分に切り拓ける気がした。


フラワー・カンパニーズのエンディングテーマは最高! 言うことナッシング。
好きだなぁ~こういう曲。。。
よくキヨシローと同ジャンルにまとめられがちだけど、私は全然違うと思う。
歌唱法はまあよく似てるとこもあるけどね。
音楽性やメッセージの性質は、ガガガSPとかTHEイナズマ戦隊ジャパハリネットスーシンチュウとかそっち方面。
うまく生きることを拒絶して、いつまでも物分りのいい大人や社会に反抗する。
うーん、青臭えー!
「俺たち一生バカですロック」とでもいいましょうか。
「一生悪ガキ万歳ロック」「オトナになんてならねえぜロック」でもいいか。
なんやろ、こういうのって、おっさんになればなるほど、かっこいいんだよねえー。

。。。
私って、やっぱり充分すぎるほど、だめんずの才能あるなぁー。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/26.Fri

シャッターアイランド

shutter island

残念、駄作でした。
っていうか、配給会社の宣伝ミスやね、これ。
事前にあまりにも「謎、謎、謎」って言いすぎなんよ!
そうやってあおられすぎたせいで、ハナっからすっごく疑いのまなざしで鑑賞してしまったため、なにもかもが疑惑に思えて。。。
そのせいで、出だし数分でオチの予測がついてしまい、「エー、まさかまさか、そういうことではあるまいな。。。???」と警戒しながら観ていたんだけど、結局そのとおりのオチになってしまい、がっくし。。。
あんまり構えずに観てて、最後にひっくり返されるからこそ気持ちいいのに!
モヤモヤだけが残る映画だった。

それと、後半の「4の法則」についてのネタバラシのシーンは、なんだかコントみたいで、え? マジか? って感じで笑えた。
保険のCMみたいだった。。。 つーか、一体いつから準備しててん!? 仕込みが過ぎるわ!

もうひとつ、やっぱ吹き替え版って、微妙だわー。
慣れてないせいもあるけど、劇場なのにTVで観てるみたいに思えた。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/27.Sat

とむぼーい

TOMBOY


ごはんのタイミングを逃してしまい、もう飲み屋しかやってない時間になってしまった。
しょーがないので、飲み屋だけど、B級なフードもガツッと食べれるここへ。


このお店は、職場が近くだったので、たまにランチに使ってたんだけど、実はこの店って、携帯電波のハザマになってるらしくって、全然電話がつながらない。(docomoの話。他のキャリアは違うかも。)
お昼休みは、ストレス満点の職場と同僚から離れて、ひとりでぼけーっとしたかった私。
あるとき、この店に来てたら、どうもその間に何事かトラブルがあったらしく、店を出るなりものすごい着信履歴がっ!!
「meriendaがいない、あいつ一体どこいったんだ!!!!!」
と、当時の上司がブチギレまくって(そういう瞬間湯沸し機みたいな人だった)、嵐のように電話を入れまくったらしい。

し・し・し・知らんがな~!
休憩時間くらい、鎖から解放たれたーい!!!!
つーか、数十分のことなんだから、おとなしく待っとけよ。。。


でも、そういうことが通じない会社(というか部署)だった。
それは私もわかってたから、どっかで、仕方ないって思う部分もあったけど。
でもやっぱり、そんなことで大激怒され、怒鳴り散らされたことで、なんかもう何もかもが嫌になったというか、どーっと疲弊して、どんどんこの会社から心が離れていった。
もうやだこんなとこ。。。って。





そんな当時のハードコアな日々を回想しつつ、ザ・B級グルメな料理をいただく。
なんか変な組み合わせだなー。。。

DVC00002_20100417215406.jpg   DVC00011_20100417215406.jpg
暗くて、なにがなんだか全然見えないな。
「スパチー」という、スパゲッティとドリアにホワイトソースとチーズをぶっかけて、混然一体となった鉄板料理が看板メニュー。
さらにトッピングでハンバーグやら、ソーセージやらをのせることもできる。
その上カレーをかけちゃうこともできる。
味は、、、
ま、想像通りでございます^^;

夜中やのに、10代の部活帰りの男の子が大喜びしそうなご飯になってしまった。。。ぐるじい。。。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/28.Sun

SHUTTERS

SHUTTERS Luz自由が丘店

細かい用事がいろいろあったので、ひさーしぶりに自由が丘へ。
電車一本なんだけど、なんとなく用事がないと来ない街だなー。
はまちゃんという親友も住んでいて、それなりに縁はあるのだが。。。

第一目的は仕事がらみだったんだけど、思いのほか桜が満開になっていて、すごく楽しいお散歩になった。
通りすがりのトレインチが楽しかった。
特に、ナチュラルキッチン&にコーフン!
簡単に説明すると、実用というよりちょっと小洒落た雑貨ばかりを集めた100均ショップなの。
ずっとほしかった大きめの丼などちょうどいいものが見つかり、大喜び。
こんなシンプルでかわいいのが、100円だなんてーー!
嬉々としていろいろ食器を買い込んでしまい、大変な荷物になってしまった。。。

ついでに、ひっさしぶりにスウィーツフォレストもひやかしてみた。
ここって、営業方針がむちゃくちゃやね。
オープンすぐに来たときも思ったけど、全然改善されとらん。
価格設定と、商品と、内装が、全部バラバラ。
一体どこをターゲット層にしているのか。。。
なにがしたいねん!ってなってしまう。
もちろん、客層もむちゃくちゃ。
っていうか、なにもわかってない、遠くから来た観光客みたいな感じの、若いカップルと子連れママだらけだった。。。
ものすごーーーく、げんなりした。

気を取り直して、晩御飯は昔ながらの名店シャッターズへ。
私は、こういうお店がいかにも自由が丘らしいと感じるんだけど、この感覚って合ってる?
なんつうか、「プチ軽井沢」的なイメージ。。。
良くも悪くもね。

この日は、本店のほうが満席だったので、近くにある新店のほうへ行ってみた。

DVC00012_20100417211757.jpg   DVC00013_20100417211757.jpg
先日自作してどうも微妙だった「豆腐のハーブオイル漬け」うまし!
そーかぁ、こんくらいハーブを大胆にいれたらええのか。。。 しかも生で! なるほど~。

スペアリブのほうも、味も量も満足! というか、満足すぎて食べきれず、お持ち帰りに。。。
年々、食欲と体力(消化力?)のギャップが広がる一方で、まったく参っちゃうわー。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/29.Mon

てぃだかんかん

てぃだかんかん

うん、おもしろかった。
よくできてて、うまいことまとまってる。
ストーリーも、音楽も、遜色なかったし、みんな演技も達者。


でも、ナイナイ岡村氏は、どーしても、ナイナイ岡村にしか見えへん。。。
全体的に、長編コントを観ているようだった。
キムタクが、何をやってもキムタクなのと一緒。

「色がついている」というのは、こういうことなのかもしれんなぁ。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。