--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/01.Tue

今週の献立

11/27
DVC00014_20091210222304.jpg  DVC00012_20091210222305.jpg  DVC00013_20091210222305.jpg
おせんべいとクリームチーズ
炒ぎんなん
親子丼
お味噌汁(高菜、なめこ)
サラダ
レンコンの和風マリネ




11/29
DVC00026.jpg
押し麦入りひよこまめのトマトスープ
サラダ
パン



11/30
DVC00028_20091210222712.jpg
アジのハーブパン粉焼き
昨日のスープ
サラダ
パン
カマンベールチーズとスパニッシュサラミ






おせんべいにクリームチーズを塗るのは、学生の頃からのお気に入り!
エーっと言われることも多いんだけど、ホントおいしいんだから~~~!
個人的には、特にこの黒胡麻入りのおせんべいがよく合うと思うな。


妹が誕生日プレゼントに新しい圧力鍋をくれた!
これまでは「大は小を兼ねる」で、メキシコで買った6LのTIFALをえっちらおっちら使っていたんだけど、洗うのも大変だし、やっぱりもう少し小さいサイズのものがずっとほしくって。
オレンジ色がかわいい!
うれしいな~~ありがとう!
はりきって、さっそく乾豆を煮てみた。
ルミナスプラス カラー圧力鍋 マンダリンオレンジ DS3.0 MOルミナスプラス カラー圧力鍋 マンダリンオレンジ DS3.0 MO
()
不明

商品詳細を見る


豆のトマトスープは得意技。定期的に作っているけれど、いつだってとってもおいしくできる^^
実は、今回使ったこのひよこ豆は、トルコに旅行した際に自分みやげとして買ってきたものだから、もう7年前のもの!
普段は、つい手軽な水煮缶ばかり使ってしまって、なかなか乾豆は使わないんだけど、こないだ台所のストック整理をした際にこれを発見し、ん~~いくら乾物とはいえ、いい加減、やばいかも、、?と心配になったので、この機会に片付けてしまうことにした。
なんかすごいにおいとかしたらどーしよ、、、とかドキドキだったんだけど、結局どうともなかった。エヘヘ
(もちろんGioには、内緒!)

DVC00027_20091210222712.jpg
とろっととろけておいしそう! 押し麦もぷにぷにでグー


こちらも我が家の定番料理なので、大きい写真を貼っておこうっと。
DVC00029_20091210222711.jpg
スポンサーサイト
食べる(家) | Comments(5) | Trackback(0)
2009/12/02.Wed

きのうは会話したの(BlogPet)

きのうは会話したの?

*このエントリは、ブログペットの「トリセツ」が書きました。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/03.Thu

J.A.M.鑑賞/海南鶏飯

海南鶏飯
FISH BANK TOKYO


メトロ・ミニッツの懸賞で、創刊7周年anniversary partyの招待に当選。
詳細は不明だが、jazzのライブがあり、ハイボールとフィンガーフード、チョコレートがフリーサーブされるらしい。
何の気なしに応募したら当選したのはいいんだけど、私、とってもjazzは門外漢で。。。J.A.Mというのがはたしていかほどのもんなのか、全然わからない。ま、これも縁よねーということで、学生時代の友人(カナイ、サユリ、ヨーコ)を誘う。中でもjazz好きのカナイは、個人的に観にいったことがあるアーティストらしく、けっこう喜んでいたので、まずは人選成功して一安心。
がしかし、当日はとっても寒い上に朝から一日中冷たい雨。。。
雨、寒さに格段に弱い私。やる気メーターがそれぞれ30%ダウンする。
言いだしっぺなので、自分を叱咤激励してなんとかたどり着いたけど、もしこれで「遠い」「重い荷物」のどちらかが加わってたら、もう絶対行けなかったな。
好き好んで応募したはずなのに、いつしか義務になっている。。。どういうこと!?
たまにあるんだよねこういうこと。
好奇心に波がありすぎるのだろうか。


会社帰りだしテキトーな服装で行ったのだが(見た目より防寒重視ともいう)、これが大失敗。
ココ最近みたこともないような、おしゃれピーポーだらけ。にみえた。
やばい、これは完全なるアウェイ。
あちゃー、いちお「party」なんだもんねぇ。そっかー。しまつた。。。
私は他人の目をすっごく気にするタイプでプライドも高いので、装備が万全でないとみんなが見下しているような被害妄想にかられ、とても空間を楽しめない。

ただの考えすぎで、そこまで誰も彼もがおしゃれしてたわけではなかったんだろうけど、、、
(数人目に付く人がいたっていうだけで、大方は普通の服装だった、たぶん)
結婚してから親しい人しか会ってないし、夜遊びもほとんどしてないから、ああいうふうにあまり知らない人間がわさっといる感じ、お金と時間に余裕がある大人が集ってる感じー、の中に、何の準備もなく飛び込んだせいで、もっのすごく寄る辺のない不安でいっぱいになってもやもや。

次々飲ませてくれるハイボールはどれもおいしかったし、ショコラ・マリアージュも楽しかったけど。
自分の足元がぼやけて胸騒ぎに駈られ、こころに余裕をなくした夜だった。
停滞がいけないのかな。


J.A.Mは、めたくそおしゃれミュージックだったことだけは認識できたけど、それ以上の感慨は得られなかった。
私は、やっぱりガキンチョ向けのバンド音楽でワアワアするほうが好きなんだなぁ。
うう、いつまでたっても大人になれない。。。



DVC00035_20091210224703.jpg   DVC00036_20091210224703.jpg
ライブ前に同じビルで軽めし。
シンガポール料理って、なんかあんまりパンチがなくて、好みじゃないなぁ。
ああもー、なにからなにまで、いまひとつな夜。
せっかくきてくれた友よ、テンション上げきれずにごめんねぇ。


でも、いつもどおり女子トークは楽しかった。
それだけが唯一の救いかな。
「私、服装がみすぼらしくてめっちゃへこむ! てか最近高い服も靴も、アクセサリーもなにも買ってへん! なんか、自分自身が「ファスト人間」になった気がするわ。。。」とグネグネしたせいで、サユリには「違うステージにいてるってだけやん。大切なものがシフトしてんねんきっと」などと、すっかり慰められてしまった。
ありがとね。

カナイは先日紹介した男子と遊んでいるらしい!
ただし完全に友達モードになってしまって、一切トキメキはないらしい。
おいっ!

ヨーコも長らくさまよえる魂なので、誰か紹介してあげたいなぁ。
でも、希望条件が「朝起きて、夜寝る人」ってどない!?
世の中9割そうやって。。。^^;
(ヨーコはフリーランスなので、自分も含め身の回りには不規則生活な人ばかりで、上記のようなライフスタイルの人はほとんど出会えないんだそうな)
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/04.Fri

パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ


ひさしぶりに観にいったのに、撃沈。。。
つまんない映画。
というか、マイケル・マン(監督)の「男の美学」を、徹底的に具現化したって感じやねー。
この世界観が好きな人は、そりゃもーシビレルであろう。
それ以外には、「退屈」で「ふるくさい」一本。
時間のないなか出向いたのに、残念だったー。
ジョニー・デップのせいで、パブはものすごいメジャー感出してるけど、作品自体の性質はとっことんマニア向け。
だまされないように。






全然関係ないけど、私は「パブリック・エネミー」といったら、やっぱり



「ルールを守れ」だなんていったって
そっちが変えていったルールだもん

そんなのインチキじゃーん!



ですぜい。(by近田春夫大センセイ)
20年以上前の作品とは思えないエッジィなライムにキャーキャー!
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/05.Sat

今週の献立

12/1
DVC00030_20091210223728.jpg
なすと挽肉の味噌炒め
スーラータン
サラダ
DVC00031_20091210223728.jpg


12/2
DVC00032_20091210223728.jpg
ボッリート・ミスト
パン
サラダ


12/4                 12/5(ひる)             12/5(よる)
DVC00037_20091210224047.jpg   DVC00039.jpg   DVC00040.jpg
カレー七変化




引き続き圧力鍋とホームベーカリーが大大活躍中。
鍋一杯にボッリート・ミスト(イタリア料理。要は、洋風のおでんというか、肉と野菜のあっさり煮込み)を作って、一日目はそのままあっさり楽しむ。
翌日はきのこと実野菜、カレールゥを足してカレー。
さらに根菜類を足してもう一度。
最後は、もう具はほとんど溶けちゃってるけど、さらに揚げもの(ナスの素揚げとカツ)を載せてシメ!
Gioが、食事のたびにキャッキャキャッキャ喜んだ数日だった。(必然的に私も楽しかった!)

個人的には、オクラが最高にハマった。
噛むとぷちっ、ぬるっとしてジューシィ、カレーとなんてよく合うのかしら~~!
食べる(家) | Comments(4) | Trackback(0)
2009/12/06.Sun

FIVEFOXesのファミセ

Gioのスーツ、ここ数週間探しに探して、、、
こんな結末が待っていたとはねー。
結局、なんと通りすがりのFIVE FOXesのファミリーセールで済ませてしまった!
本人曰く、「決め手は、値段。」だそうな。
もう、「コレ!」って気に入るものがないっていうのは嫌というほどわかったから、じゃあどうせ妥協するなら、ちょっとでも安いものがいい、、、ということらしい。

それにつけても安かった。ほとんどの商品が70%off。
スーツを2着と、ワイシャツ3枚、ついでに私が衝動買いしたセーターが2枚で、3万でお釣りがきた~~!!!
いいのかな、旦那にこんな安い服着せちゃって、、、
Gio、いい大人(おっさん)なんだけど。^^;
あまりに安すぎて、罪悪感というか、不安にかられる。
ま、本人がいいといっているから、しばらく様子を見るか、、、
ドメスティックかつ若者ブランドだから、すげえ細身!
ある意味とっても若く見えるともいえるなー。

ま、でもさすがに生地は結構ぺらってる^^;から、この先あまりによれっとしてくるようなら、今シーズンのみの着用にしてもらおうっと。
それでもじゅうぶん元が取れるくらいの値段だし。


ところでFIVE FOXesって、ホームページないんだね。びっくり。
今回残念ながら次の予定があり、あんまり時間がなくて、ほとんどスーツコーナーしか見れず終い。
紳士物も婦人物も、とにかくすっごくお買い得だったから、また行きたかったんだけど、こちらのファミセは招待状とかの登録はなく、関係者のみに告知されるものなんだってー。
むむむ、また通りすがるしかないのか!
(今回は、千駄ヶ谷小学校の向かいあたりの、本社の1Fショールームでやっていた。誰でも入れた。)


その後、渋谷で一本映画(何を隠そう二度目の「曲がれ! スプーン」。私の個人的な思い入れとは裏腹に、会場はガラガラでがっくし。でも、Gioは喜んでくれたのでよしとしよう。。。)を観て、再び仕事に向かったGioと別れ、ひとりでふらっとラーメン。
渋谷のつけ麺大臣にて。
へんな名前で、前から不審だったのだ。


DVC00042_20091210224511.jpg
鶏醤油つけ麺+野菜とたまご

甘い! つけ麺らしいつけ麺だった。定番中の定番って感じやね。
さほど好みではなかったので、最近ちょっと見直しつつあった「つけめん」という食べ物の評価が微妙に下がる。
どうも私は、中目黒の「三ツ矢堂製麺」、広島「ばくだん屋」、それからつけめんとはちょっと違うが「東京油組総本店」の油そばなど、甘すぎないとこのほうが好きみたい。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/07.Mon

ダメ人間な私 2

こないだのつづき。


自己嫌悪に陥る瞬間の中でも、とりわけタクシー利用は、一番止めたいと思っている、私の悪い癖。
自分の意識改革と努力で、いくらでもなんとかなるはずの項目なのに、いつまでたっても改善できずにいる。
なんでタクシーに乗る羽目になるかというと、私は、ちょっとの時間管理が本当に苦手で、全然できないからだ。
寝坊したとか、なにか手が離せない事情があったとか、そういう明確な理由なく、家を出ようと思っていた時間から必ずといっていいほど数分遅れてしまう。常に遅刻している。
もう、子どものときから、ずっとそう。
スクールバスなんて、何度置いていかれたことか。
私の場合、移動は常に走っているのがデフォルトで、優雅に周りを見ながら歩いて移動したたことなんて、ホントに数えるほどしかない。(それ自体が目的の散歩ならばできるけど、「どこかに行く」という目的があっての移動は、80%以上走ってると思う。)
だせえ、私。
私に限っては、通学中や通勤中に、トキメキの出会いなんて絶対にないと思う。
いつも、メドゥーサみたいに髪振り乱してなりふり構わず走っているから。。。


皿とピアスは、多少の不注意が原因とはいえ、基本的には事故の性質が高いから、まだちょっとは諦めがつく。
(嘘、全然諦めついてないから身もだえしてるんだけど。でも、タクシーに比べたら、まだマシなほう。)

でも、タクシーはねぇ。。。
弁解の余地がない。5分早く家を出ればよかっただけのこと。
それに、遅刻魔なのはむかーしからだけど、そこにタクシーという手段を覚えてしまったのは、ここ数年のこと。
結婚するまで勤めていた会社が、毎日深夜残業アタリマエの激務な環境で、かつバブリーな経費清算体系だったせいで、たいていのタクシー代が経費で落ちたし、それで落とせない分は、自腹で払ってもどうともないくらい収入があったからだ。
これで、気軽に車を拾うくせがついてしまった。。。
ものすごい長距離はあまり乗らなくて、大抵が都内の移動で、ワンメーター前後、いっても数千円程度のことなんだけど。
それでも、ためらいなく日々タクってると、月に1万前後は乗ってしまう。

最近は、ホントにまずいと思って、一生懸命機会を減らしてはいる。
さすがに雨だとか、寒いとか、疲れたとか酔っ払ったとか、荷物が多いとかもう歩きたくないとかの理由では、乗らないようになった。
ちゃんと終電を気にして飲むようになった。

それでも、、、
いまだに、週に1度くらいは、時間に間に合わなくてタクってしまう。

時給1500円の派遣仕事に行くのに、タクシーって!
最初の一時間は、もうタダ働きやん。。。
あんたさぁ、もう自分の環境が変わったってことに、いつになったら気づくわけ?
そんなふうに無駄遣いして、Gioに申し訳ないと思わないの?

そうやって、車内でものすごい罪悪感にかられる。

もう、ホントに止めたいので、慰めは一切不要ですから!
自分への戒めとして書いておくことにする。
もう、ほんとに来年の重要な目標としたいところ。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/09.Wed

今週の献立

12/6(ひる)
DVC00041_20091210224511.jpg
チーズトースト
チョコレートトースト
目玉焼き
サラダ



12/7(ひる)
DVC00043_20091210224510.jpg
かぼちゃ雑炊



12/7(よる)
DVC00044_20091210224510.jpg
とろろ汁(味噌味)
マーボーもやし炒め
なめこ入りかき玉汁
サラダ


12/8
DVC00001_20091215114905.jpg
しらすとキャベツのペペロンチーネ
チリビーンズ
サラダ



12/7のおひるはなんで写真を撮ったんだろう?
基本的には二人で食べたものの記録が中心で、なにか特別書きたいことがなければ、お昼のひとりめし(というか、前日の残りというか残飯整理というか、、、^^;)は撮らないんだけどなぁ??
なんだったのか、あまりに日がたちすぎてもうわからなくなってしまったよ。

8日に飲んでいるのは、料理用に買ったやっす~い白ワインのオレンジジュース割。
チープな味だけど、妙に好きだったりする。
カクテルといえるようなシロモノでもないけど、さっぱりしててゴクゴク飲めるのがいい。
特に、のどの渇く夏場はよく飲んでる。
廉価版サングリア?
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/10.Thu

まつげエクステンション/VAGANZA

はまちゃんが、仕事の関係で「まつげエクステンション」の施術(無料!)を紹介してくれるというので、初チャレンジ。
積もる話もあるので、少し早めに待ち合わせてランチ。
ほんとはここに行きたかったんだけど、なぜか今日に限って貸切~!
残念。。。
ちょっと移動して、VACANZAにて食べることにした。
ふふふ、なんだか昔を思い出すねぇ。こうして恵比寿界隈でふたりでよくランチ探訪したっけ。
新入社員のころの話。

DVC00003_20091210221946.jpg  DVC00005_20091210221945.jpg  DVC00006_20091210221945.jpg
ランチはサラダ+ピザorパスタ+ドリンク、パンのスタンダードな内容。
今日はマルゲリータとラザニアをひとつずつチョイスして、シェア。
ドリンクにかわいいココナッツのチョコがついてきたのが嬉しかった。
関係ないけど、この配色、たまらなく好き! 水色×白×カフェオレ色。。。
うまく写真が撮れなくてがっくし。

DVC00004_20091210221945.jpg
お店で食べるピザはおいしいし、楽。



ランチタイムだというのに、ひとしきりしゃべってテンションアゲアゲ。
はまちゃんのタイ旅行の話(おみやげにかわいいレモンハーブソルトをもらう。わーいありがとう!)や、雲行き怪しい恋の行方など、またも散々おしゃべりして、本来の目的を忘れそうになった。
この日、彼女が始終アツク語っていた、「今年一番感動した本」は、これだそうな。
「運命の人」は脳内ホルモンで決まる!「運命の人」は脳内ホルモンで決まる!
(2009/10/09)
H. フィッシャー

商品詳細を見る
これまで悩んでいたことについて、目から鱗がボロボロ落ちるように、いろんなことがそっかー!と、納得いったんだって。
「ともかく自分のことを言われているようで驚いたー!」とのこと。
人間は「脳」のつくりとして4タイプに分けることができ、このタイプとこのタイプは本能的に理解し合えるとか、理屈じゃないところで居心地がいいとか、そういうことを紐解く内容らしい。性格とかではなく、脳の仕組みの設計の違いなんだって。へえー。
今度読んでみよっと。


さてまつげエクステンション。
これが、、、、予想以上にイイ!
驚異のデカ目効果だし、フッサフサのバッサバサ! まばたきで風が送れそう。ojos con abanicos!
マスカラいらず、ビューラーいらずで、メイクが断然ラク~になった!
化粧、洗顔も特にいつもどおりで大丈夫なのも嬉しい。
す、す、すげー☆ 美容、進化してるなぁー。
今回初めて知ったのだけど、「まつエク」は、地毛の一本一本の根元に、黒い接着剤をつけた「人工まつげ(素材はいろいろある。シルクとか、人毛(!)とか、ナイロンとか)」をちょこっとくっつけていくのだ。
出来上がりは、自然にちょー長くて濃くて上向きなまつげが生えているひとみたいになる。所要時間60分程度。
まつげパーマ初体験のときも思ったけど、日本人って、ホントすごいこと思いつくよなぁー。
美に対する飽くなき探究心? コーカソイドコンプレックス?

ところでちょっと思ったんだけど、これ、眉毛にも応用できるんじゃない? 短めのエクステを用意して、生える方向をうまくそろえればいいんだから、、、
眉が薄くて顔が締まらなくて損してる男性(=たとえば、Gio)とか、絶対見違えると思うな~。
いつも「ちょっと描いたら?」とか言ってるんだけど、「つんくになるから嫌だ」とか「オニイ系っぽくなるから絶対に嫌」と拒否されてるので。別に眉の手入れ=細眉、ではないのだが。。。
でも男性はメイクしないぶん、眉の威力は絶大で、正しくちゃんと整えたら、経験則的には少なくとも3割増で男前になるんやで、絶対に~~~!!!



今回は予想以上の仕上がりで、おおむね満足。
ただ、、、ついつい欲張って完成形でオーダーしてしまったため、すっぴんの時かなりギャグマンガな人になってしまうのだけが、玉にキズ。(つまり、すっぴんに、マスカラだけをフルメイク時のノリでドバーッとゴージャスにつけた顔。なんかオカマショーとでもいうか。。。)
ほかをちゃんと化粧すれば、バランスが取れてすごいいい感じなんやけど、、、
今度は、100%フルメイクのテンションにあわせないで、少し控えめ、ナチュラル薄化粧モードな完成度で頼んだら、この問題は解消されるかな? しばらく試行錯誤だな。
ありがとうはまちゃん~!
食べる(外) | Comments(6) | Trackback(0)
2009/12/12.Sat

BBQ Party

大人になるまで気づかなかったが、うちは父母ともに、自宅にひとを招くのが大好きだ。
幼少期から、当たり前のように週末にはよその人が大勢集い、飲み食いしたりゲームをしたりする家庭に育った。
最近は、海外からの出張者が来るたびにBBQをやっているらしい。
ガイジンはパーティー大好きで人見知りはあまり心配ないし、うちのメンバーは全員英語orスペイン語が話せるから、気楽に楽しめるんだろうね。
私や妹にもお誘いをかけてくれる(というか、どちらかというとホスト側のヘルパー要員という位置づけでもある)ので(片道2h、往復1万5000円かかる所に住んでいるのに、だ!)、都合のつくときは、これも親孝行と思ってなるべく参加するようにしている。

今回は、アルゼンチンからのお客さんがメイン。
それ以外にも、年明けから海外駐在に出る方、父の会社の部下たち、母の友人(外国人)など、総勢12名(うち、ホスト側は父母+私と妹の4名)で集まることになった。

☆menu☆

サラダ
レンコンの和風マリネ
イカとセロリのマリネ
ハモン・セラーノ
トルティーヤエスパニョーラ
BBQ各種(牛、豚、鶏、海老)
ロールキャベツと冬野菜のコンソメスープ煮
シーフードパエリア

焼き菓子
コーヒー紅茶


写真のことはすっかり忘れてしまっていたんだけれど、、、
サラダと、レンコンのマリネ、スープ煮は私が作った。
レンコンは、最近私がGIO家で覚えた料理だから、母も初体験の味で、へえーおいしいねーと感心していた。
私も、母も、すっぱいものが好きなのだ。
(思えばちょっとメニューが偏っている^^;)


パエリアは、端のほうに鍋をセッティングして、最初から仕込んでおくと、ひとしきりお肉類を楽しんで置き火になった頃、ちょうどいい具合に焼きあがる。
以前もやったところ評判がよくて、リクエストがあったということで、今回は結構メインイベント扱いだった。

DVC00006_20091228110602.jpg
母のpaella del mariscos。
ど~んとご登場☆ 横から流れてきたのか、なんか煙でモウモウしてる!

DVC00007_20091228110601.jpg
あわてて撮りなおしたけど、もう盛り付け始めちゃってて、崩れている。。。


パエリアは結構ぶっつけ本番というか、、、特にこうやって外で作ると、どうも仕上がりが安定しないので、できあがるまで(私とは母は)割とドキドキしている。今回は、無事に成功してよかったぁ~



我が家でBBQなどをするときは、火(炉)の番は父が担当する。
数年前にお手製のBBQ炉(レンガ製)を設置してからは、そこが定位置で、ワインをちびちびやりながら終始火の具合をよく調節してくれている。
肉をはじめとする食材関係の管理、進行の指示(どのタイミングで、何をどれくらい出すか)は、母が担当する。
買出しや、ドリンクの準備は、パワーのある(!)妹が率先して行ってくれる。
また、材料の下ごしらえや、サイドメニューの準備など、キッチンは主に私と母で。
さらに配膳やこまめな食器交換、料理を運んだり飲み物を注いでまわるなどの、現場のあれこれは、私と妹が随時気を配るようにしている。
※ 少女だった頃は、こうして私たち姉妹がちょろちょろして愛想をふりまくと、とても喜ばれたのだ。
いまとなっては、とーってもトウのたったお嬢さんたちになってしまったが。。。

それぞれが得意なことを率先してやっているうちに、いつしかこのような分担ができあがった。
特に話し合ったり決めたりしなくても、それぞれが勝手に自分の「持ち場」を守るようになっただけなのだけれど、意外とそこそこうまい具合に能力がかみ合っているのかも。
最近は、私と妹はどちらかor不在なことも多いので、そうすると父母が二人でまわすことになるのだが、いつものつもりでいると、「ああっ今日はmeriendaがいないんだった! サラダがまだ用意してない!」とか、「あっワインが切れてる。。。あの料理も冷蔵庫から出し損ねた。。。 妹がいないと忘れちゃってダメねー」などという感じで、ちょっとバタバタしてしまうらしい。
今回は久しぶりの全員集合で、なかなかにスムーズに進めることができ、ゲストの皆さんも楽しんでくれたし、おかげで父母も大満足だった様子!^^
楽しくて、おいしくて、皆が満たされた一日だった。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/15.Tue

今週の献立

12/10
DVC00002_20091215114905.jpg   DVC00004_20091215114904.jpg
だし大根 黒ゴマ味噌だれ
鰯の梅煮
ごはん
サラダ
お味噌汁(えのき、豆腐、大葉)


12/13
DVC00010_20091215114904.jpg
つゆしゃぶ
そば
雑炊



12/14
DVC00011_20091215114904.jpg   DVC00013_20091215114904.jpg   DVC00014_20091215115025.jpg
鶏の二色竜田揚げ
おくら素揚げ
マーボもやし炒め
きゅうりの浅漬け
ごはん
お味噌汁(舞茸、高菜)



つゆしゃぶ、以前お店で食べてから一度やってみたかったんだ~!
そばつゆ(かけそばより、気持~ち薄いくらいの薄味つゆ)を沸かし、斜め薄切りした葱をこれでもか~とどっさり山盛りに入れ、ふたをする。煮えてかさが減ったら、いよいよ鍋スタート!
お肉をしゃぶしゃぶしたら、葱&つゆごとよそって食べるのだ。
(野菜は適当に入れて、煮えたら食べていく。)
ひととおり葱を食べちゃったら、減った分のつゆを足して、またどっさり葱をいれて、ふた。
で、煮えたらいざ第2ラウンド!、、、って感じで繰り返して続けていく。
いつものポン酢+大根おろしのしゃぶしゃぶも大好きだけど、これもまたかなりおいしーの☆
後半は、そばを少しずつ好みの量投入してあたため、薬味を入れてわんこそばにしてシメとする。
(でもGioが「鍋はやっぱり雑炊じゃないとしまらない」などとワガママを言うので、今回はさらにこのあと雑炊もやって、もーおなかパンパン。。。)

自宅でもお店と同じ味に再現できて、うふふ、満足^^
Gioがこの新機軸に大喜びしたので、これまたさらに大大大満足!!
ポイントは、とにかく葱なので、絶対こんなに食べられないかも、、、と思うぐらいの量を用意すること。
一人あたり、長ねぎ丸ごと2~3本って感じかな。
なんか風邪にもよさそうね。


14日は、ひまそうだったのでGioに写真を頼んだらこうなった。。。
彼の美意識的に、もやしはNGらしく、途中ではずされてた。なんでよ~!?(怒)
なんかいろいろ試行錯誤してたみたいで、何枚も撮ってある。
最後には、卓上にあったみかんまで入ってたので、聞いてみたら、「飾り。。。」だって。笑える^^



12/15 ひる
DVC00012_20091228121228.jpg
翌日のランチは、残った鶏からで天むす風。
生姜醤油を添えて。
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/16.Wed

GARB pintino

GARB pintino

DVC00005_20091228110602.jpg
東京タワーのまさにお膝元、なレストラン。
久しぶりに来たけど、やっぱ壮観だわ~、この景色。
あー東京で暮らしてるんだな、、、って感じがする。
いまだに田舎者の感覚が抜け切らない私だ。



今日は、和装のほうの会社の忘年会。
ドレスコードが着物ということだったので、久しぶりにセルフ着付け!!!
ヒエー、ほんとに久しぶりで、覚えてるかなぁ??
頭の中で復習したけど、肝心なとこがなんだかもやっとして思い出せない。
慌てて前日に練習してみることに。
ん? ん? と考え考えやって、なんとかかんとか思い出したはいいが、手順を間違えてやり直したりしたせいで、完成まで90分近くかかってしまった。
むむむ、まずいな。。。

というのも、この日はもうひとつの会社へ出勤日だったため、19時の集合にあわせて逆算すると、頭もやって、移動時間etc考えたら、全然着てる時間がない、、、
あーじゃーもー朝から着物で出勤するかぁ!とかも一瞬思ったんだけど、そんなふうに変に注目を集めるのもリスキーすぎて勇気が出ず、じゃもういっそこの日休んじゃう? とも思ったんだけど、業務的にそうもいかないし、、、
そもそも忘年会のために休むって、かなりのアヴァンギャルド思考だ。今思うと苦笑いって感じだけど、このときは「間に合わない!」パニックで、考えが完全に破綻状態だったのだ。
結局17時に早退させてもらうことにし、一刻の猶予もない分刻みのスケジュールを決行する運びとなった。

家に走り辿り着いたのが17時半、超特急で頭をまとめて、ヨシッと着始めたのが17:45。
アワアワやって、、、18:50にお太鼓完成!
気になるところは多々あったけれど、、最後はもうエーイで、なんとかかんとかまとまった。
すごくがんばって私としては早く着れたとは思うんだけど、予定では18:45に完成させたかった。
残念ながら、それにはとてもとても。。。
結局タクシー使って、それでも10分遅れの登場となってしまった。すいません。。。


DVC00009_20091228110601.jpg
東京には着物をほとんど置いてないので、あまりラインナップがなくてコーデにも一苦労。
今回は、TPO的に、このどちらかくらいしか使えないな。
緑の紬も個人的にはレトロ着物ですっごく好きなのだが、みんなの出方というかテンションがイマイチわからないし、初対面の人も多かったので、今回は上品で無難な芥子色のほうの紬にしておいた。
ひとりだけ着物ならなんでもアリだと思うけど、何人も集うと、どーしても見比べられるというか、差がついてくるから、よっぽど自信がある時以外は、冒険しないというのが私のセオリーだ。(プライドが高くてやんなっちゃうねぇ~^^;)
帯揚げ帯締めは会社の備品を借りた! (レンタル着物もやっている会社なの。助かった。。。)


DVC00001_20100107114152.jpg
お見せできないのが残念なくらい、みんな美人! しかもタイプも様々で、こりゃー人気出るぞと。(なにが?)
後列中央の子以外は、全員ほとんど同世代なんだけど、皆さん好みがシックだね~
ひとりでやたらきれいめ派手色になってしまった^^;
私は、紬や小紋なら、基本的に色も柄もカワイイ系が好きなんだよね。。。
「美しいキモノ」の最新号でも、紬や小紋のコーデがたくさん載っていたので、アセアセしながら参考に。

あ、会自体はなごやかに、つつがなくとりおこなわれて楽しかった♪
新しく入った初対面の方が3人もいて、様子を見つつ、、、なトークでしたが、全員が既婚者ということで、旦那話で盛り上がってしまった。
女子はやっぱ、基本恋バナよね~^^

このお店は、はっきりいって完全にロケーション重視だから、お料理は、まあso-so。^^;
いつもはお茶か二軒目ばっかりで、まともに食べたのは今回が初めてだった。

そういえば、、、
ここは、Gioと付き合い始めて2-3ヶ月の頃に来たことがあるんだった。
その日、初めて、Gioは私に対して怒っていた。
いつものことながら、私が待ち合わせに遅刻したせいで「meriendaは、俺のことを全然大事にしてくれない!」といってぐれていたのだ。
いまなら彼のエクスプレッションや、裏にある気持ちはよくわかるけど、当時はあんまりわからなくて、、、
ごめんって言いながらも、内心ちょっと「なんなん? ナルシスで、めんどくさい男やなぁ、、、」と思っていたことは、秘密。


DVC00006_20100107114152.jpg   DVC00011_20091228110840.jpg
衣紋抜き&お太鼓は上手にできました♪ ほっ。。。
帰宅後に、やっと一息ついて、Gioに撮ってもらった
仕事のこと | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/17.Thu

海角七号/ベリーグッドマン

海角七号 君想う、国境の南
ベリーグッドマン


アジア映画って、独特の雰囲気。ゆる~っとしてて、まったりで、なんだか時間の流れが違うみたいに感じるのはなぜだろう。
基本的に、本当の悪人というのがなかなか出てこないからかなぁ?
思わず眠ってしまいそうにゆる~としてるし、極端にトンデモナイ展開はしないので、みてるほうもなんか筋肉がほぐれる感じで、たまにみるとしみじみいい感じ。ほこっとする。
何本も立て続けに観ると飽きるけどね。

そしてアジアの田舎って、なんであんなにのどかなんだろう。
といっても、この映画の舞台は、山村とかの日常離れした田舎というより、中途半端な地方都市で、むしろ現実味のあるレベルの田舎。あー、地方って、こういう感じよねー。都会のように刺激的でもなく、ド田舎のように特別でもなく、なにもかもが中途半端で。確かにここに暮らすのは、とてつもなく平和で、退屈だろうな。
でも、そういう場所でも若者は日々生きているわけで。
身の丈にあった世界で、恋をして失恋して、夢を持って挫折して、ふてくされたりイキがったり。
その姿が、とっても若くて、青くて、生々しい。
このちっぽけなツマンナイ世界で、僕らはいつも精一杯だ。

過剰ではないからこその「リアル」が、とってもよく伝わってきて、観終わったあとは、さわやかな印象だけが残った。
どぶねずみみたいに美しくなりたい、ってことかな。

全編通じて流れる台湾ロック(T-POP?)も、ベタで泥臭くて、ああ、こりゃ好きな人がはまる気持ち、わかるなぁ。なんというか、、、安心感があるんだよね。小細工がなくて、ストレートなんだもん。おしゃれロックにはない、腹力みたいな感じ?




今日はGioは忘年会なので、適当にひとりで済ませようと思っていたところ、たまたま一緒にいった妹も今日は夕食の支度しないというので、急遽ふたりで食べて帰ることに。
駅の近くで適当に入ったんだけど、、、
ん~、これは、ないなぁ。

DVC00001_20091228110603.jpg
きのこのデミグラスハンバーグ(だったかな?)


つばめグリルの「ハンブルグ風ステーキ」をイメージして注文したんだけど、なんか違う。。。
肉の質?
なんというか、とっても「レトルト食品」な食感だった。。。がっくし。

あと、サラダバーが近年まれに見るイケてなさで、再びがっくし。
レタス、キューリ、コーンともやし、わかめ。こんだけなんだもの。。。
う~ん、しょぼい!
フルーツやデザートまでおいてるところもいっぱいあるのに、、、
せ、せめてトマトくらいあってもいいだろー!
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/19.Sat

Christmas Party

じゅっこが自宅でクリスマスパーティーを開くというので、私も飛び入り参加!
突然のことだったので、料理は最近自分の中で流行っているものをぱぱっと。

鶏手羽元のオレンジジュース煮込み
プチトマトのマリネ
パンの宝石箱とディップ(ラムレーズンチーズ、たまごマヨ)

パンの宝石箱というのは、うまく説明できないんだけど、、、
BOXの中にサンドイッチがつまっているパンなのだ。
味は普通のサンドイッチで何の変哲もないものだけど、見た目がかわいいから、パーティーで盛り上がる。
作り方は、丸ごとのパンの底からナイフを入れて、外側部分をケースにしてくりぬいたパンをカットしてサンドイッチを作り、きれいに詰めなおす、、、
あー全然説明できない!
しかも、「宝石箱」っていうのは我が家でのインナーな呼び名なので、正式名称もわからない。
※ たぶんフランスのお料理なんじゃないかと思うんだけど、、、maxou、どう??
今回は、ホームベーカリーのパンなので、形が縦長でうまくサンドイッチが収まらない。。。
仕方ないから、カットしたパンのみを詰め込んで、ディップを添えるという形になった。
ま、おつまみっぽく食べれたので、これはこれでよかったかな?

この日は久しぶりにデジカメを持っていったんだけど、なんだか調子が悪くてうまく保存できてなかったらしく、どこにも見当たらない。ガーン。
ただでさえ説明しづらい料理なのに、画もなしじゃーまったくわけわからん!
とほほ。。。



今日の参加者は、じゅっこ夫妻+Lunita(娘)、Adam夫妻+息子二人、マリー夫妻、レミ、私。

じゅっこは高校の同級生。ミラ、私、じゅっこの三人が、同じ高校で同い年の日本人女子だったのだ。
ぶっ飛んでるミラだけじゃなくじゅっこはじゅっこで夢の世界の住人というか、、、
なんだか妖精が周りを飛び回っているような性格で^^;
ま、私も自分の世界第一という意味では、全然人のことはいえない。
あまりにマイペースすぎる三人なので、一緒にいても、かみ合ってるようでそれぞれ勝手にやってるような、不思議な居心地のよさがあった。
レミは年は同じだけど別の学校だったから、私は当時はほとんど接点がなかったんだよねー。
大人になって、こうして当時の仲間で集まるようになって、初めて仲良くなったんだけど、一番自分と感覚が似ていて、もし高校生の時に知り合っていたら、無二の親友になってたかもしれないな。
Adamはミラの大学の同級生。紹介だけしておいて、自分はいなくなっちゃうんだから、いかにもミラらしい。
じゅっこも「私、ミラを通じての付き合いで、実はそこまでAdamと仲いい訳でもないんだけど、、、」とかいいつつ、なんか今回は成り行きで招待することになったらしい。う~ん、さすがミラがらみ。。。^^;
マリーはじゅっこの妹。実は彼女もとってもユニークなんだけど、どこまでも長くなりそうなので、その話はまた今度ということにして、、、


ミラもそうだけど、じゅっこの旦那さんも外国人。
話を聞くと、レミの新しい彼氏も外国人なんだって! あらー!
どうもバルセロナ時代の友人は、当時も帰国後も、外国人と付き合ったり、国際結婚した人が多くて、自分の興味が一切そういう方向に向かなかったことのほうが、逆に疑問に思えることもあるくらい。
どんだけ閉じてたんだろう、当時の私。

外国人と暮らす(付き合う)って、文化の違いで苦労もすごーく多そうだけど、いいなーうらやましいなーって思うこともある。
そのベストスリーは、、、
①子どもがかわいい!
②旦那が優しい!
③家族ぐるみの付き合いができる!

この日も、James(=じゅっこの旦那さん)とAdamはアメリカ人なので、いやー甲斐甲斐しく働く働く!
ずっと子どものケアをしてくれるのはもちろん、Jamesなんて料理自慢なので、この日は特製TACOSとたっぷりのJell-O'を用意していてくれた。
いや~嬉しかったね~! おいしかったし、なによりどちらもいかにもアメリカンホームパーティー!って感じの料理で、すごく気分が上がったよ。
反対にじゅっこはといえば、、、
キッチンのゴミ箱に、どっさり米飯が捨ててあったのでびっくりして尋ねると、
「えー、手巻き寿司を作ろうと思ったんだけど、お酢とお酒を間違えちゃったぁ。。。」だって。
さすがじゅっこ! 母になったというのに、相変わらずラブリーすぎて、思わずぎゅっとしてしまった。

そしてもちろん、ハーフの子どもたちは、どの子もホントにかわいい~!!
Lunitaはいかにもハーフって感じの、色白で黒目がち、ラブラブキュートな女の子。
保育園でもモテモテらしく、もう慣れちゃってるのか、すでに完全に小悪魔化している。あ~んキュンキュン殺しめ!
Adam Jr.たちは、ブラザーの血が入ってるので、手足も長くてお尻もきゅっとして、幼児なのに大人体型というか、ナニこのセクシーさ!?って感じ。クリクリの瞳も、ボンバヘのフワフワ頭も、ちょーカワイイ!

子どもって、もちろん何人だろうと基本的にどの子もとっても愛らしいんだけど、さすがにハーフの子の外見はちょっと特別。
よその子ながら、勝手に将来にワクワクドキドキしてしまうのであった。
じゅっこやAdamの奥さんいわく、「でも、あんまり自分に似てなくてちょっとさみしいー」だそうですが。。。
そっか、そういうこともあるのね。
おもてなし料理 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/20.Sun

九月堂/なくなったモヤイ像

らーめんと甘味処 九月堂


テレビで見たお店の近くを通りかかったので、ミーハーな私たちはさっそくチャレンジしてみることに。
DVC00015_20091228131332.jpg   DVC00021_20091228131332.jpg
スペシャルつけ麺         ラーメン(あっさり)とチャーシュー丼



最近、つけ麺が再ブームだから、私もちょくちょくオーダーするようにしてるんだけど、、、
まあ、想像通りの味っていうか、そんな、特別飛び上がって喜ぶような味には、なかなか出会えない。
決してまずいわけではないんだけどね。。。
私が個人的にいわゆる「つけ麺」という食べもののことが、そんなに好みじゃないのかも!? むむっ
Gioの頼んだラーメンは、なかなかにおいしかった。
ちょっと自分たちの行動範囲とは外れている場所なのが残念。
もうちょっと通るエリアだったら、また行きたいのにな。



ところで、渋谷のモヤイ像。
先日ルパンに盗まれたという話だったので、ついでに見に行ってみた。

DVC00045_20091228131342.jpg
わーホントになくなってる!!!

すげー、あんなでかくて重そうなもの、動かせるんだ~!
っていうか、実はアレ発泡スチロールだったとか?

しかし、このシートの下はどうなってるんだろう、、、
興味津々だったんだけど、残念ながらちゃんとガードマンがいて近づけなかったので、未確認。

ちなみに、周りは同じように写真を撮ってる人でいっぱいだった。^^;
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/22.Tue

今週の献立

12/17
DVC00013_20091228121543.jpg
エビチリ丼
プチトマトのマリネ
揚げレンコンのマリネ
サラダ
もやし入りかき玉スープ


12/18
DVC00014_20091228121542.jpg
鶏手羽元のオレンジジュース煮
アスパラバター
サラダ
パン
揚げレンコンのマリネ


12/21
DVC00022_20091228121542.jpg
大根の煮物
ごはん
明太子
お味噌汁(舞茸、里芋)
サラダ
揚げレンコンのマリネ


12/22
DVC00023_20091228121542.jpg
ピザ(マルゲリータ、クアトロエスタシオン)
黄パプリカのコンソメスープ
サラダ



あまりに更新が滞っているので、今回はコメントなし!
ふーまだ22日だぁ。。。
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/22.Tue

手だれ屋敷

手だれ屋敷 九段下店


さて今年もおつかれさまーの忘年会。
私は、和装と編集と二束のわらじなので、こういう歳時記というか、季節の行事も二倍、ニバ~イ。(by高見山)
でも、基本的に集まって飲み食いするの嫌いじゃないから、別にいいけど!

写真撮れなかったけど、なかなか魚介類のおいしいお店だった。
こじんまりしたところだったので、なんと編集部で貸しきり!
保健の本(子供のタバコやアルコールの害や、早寝早起き生活の本とか)作ってる会社なのに、子連れのひともいたりして、、、^^;
夫婦そろって同じ会社だから、こういう場合は連れてくるしか選択肢がないんだって。
そ、それはそれで大変!


お正月の予定の話題から、お雑煮の話でひとしきり盛り上がる。
関西は味噌仕立てとか、それくらいはよく知られていると思うんだけど、細かく聞いてみると、そもそもの地方色が豊かな上に、それぞれの家庭のアレンジもあって、みんな全然違うからおもしろい。
ちなみに私が育った実家の「三河風」はすごく特徴的。
たぶん、日本で一番シンプルなタイプじゃないかな。

もち菜(なければ白菜、小松菜、ほうれん草のどれかで代用)
角もち(焼かない)
かつおぶし(花かつおというのかな? 普通のよりかなーり大きなかつおぶし)
しょうゆ

お湯を沸かし、おしょうゆで味付けしたら、おもちと野菜のかたい部分を入れて煮て、次に葉っぱ部分を足して煮る。
おもちがとろっとなって野菜にからんできたら完成。
もち、菜っ葉、汁の順で盛り付け、かつおぶしを載せて完成!
こじゃれた感じにしたい場合は、ゆず皮をあしらう。

とにかくポイントはかつおぶし!
出汁をとるんじゃなくて、最後の仕上げづかいなの。
御椀によそってから、わしづかみでどさっと載せるのだ!
シンプルなだけに、これをケチると全然おいしくない。御椀一杯につき、たっぷりひとつかみが目安。

すぐにできて、あったまるし、しみじみおいしいし、おなかもふくれて、安上がり。(なにせ餅と葉野菜のみだ)
一人暮らしのときは、お正月じゃなくても年がら年中このお雑煮を食べていた。


埼玉出身のGioんとこは、スタンダードな関東風で、すまし汁に鶏肉、里芋、人参などの根菜が入り、焼餅。
最初に私のお雑煮を出したときは、あまりに貧しい外見でびっくりしたそうだが、食べてみたら味はむしろこっちのほうが好みだったらしい。
彼にとってはこれはあんまり「お雑煮」って感じではなくて、お正月らしい季節感は感じられないらしいが、「どっちにする?」と聞くと「meriendaのやつ」と返事が返ってくる。
関東在住なのにね。

とはいえ、一番スタンダードな素材である「もち菜」というのは、東京では手に入らない野菜だから、結局小松菜か白菜を使っていて、ちょっとだけ亜流といえば亜流。
こうして、関東風でもなく、純三河風でもない私のお雑煮。
いつしか、我が家の新しいスタンダードになればいいな。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/23.Wed

プリーヤ

Priya 広尾

今日からGioはまた長い出張。
最後にカレーが食べたいというので、いつもの近所のお店でランチ。
近所でインドカレーならここ。
ボリュームたっぷりで、おいしくて、店員さんも親切で、いつだって大満足なのだ。

DVC00024_20091228131332.jpg
プリーヤランチ 1000円


この季節になると、出張三昧になってしまうGio。
クリスマスも、いつも不在になるんだよね。
私はあんまり行事ごとを重視しない性格(リアリスト?)なので、ちょっとつまんない時はあっても、基本的に特別つらくもないのだけれど、ロマンチストなGioにとっては、ものすごく罪悪感があるらしい。
何度平気だと言っても、すごーく申し訳ないと思ってしまうみたいで、この日も繰り返し「ごめんねぇ。。」と言っていた。
安心して、私は、カレーがおいしかったから、ご機嫌よ。
このあと駅まで見送って、バイバーイ。
さて、しばらくの一人暮らしを楽しもうっと。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/24.Thu

ラブリーボーン

The Lovely Bones

今年最後の一本。
しみじみいい涙を流して、気持ちよく締めくくれる予定が、残念ながら、期待とは違った。。。
特にラスト。私には、到底理解できない。まったくカタルシスがない。
なにそれ?って感じ。
これのどこでどう泣いていいのか、さっぱり???
宗教的な影響なのかわからないけど、、、 とにかく作った人とは価値観が全然違うということだろうな。
死生観というか、なんというか、根本的な思想の乖離を感じた。
みる・きく・よむ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/26.Sat

It's Complicated

恋するベーカリー

メリル・ストリープの最新作。
だいーぶ前に観たんだけど、「絶対に口外しない、webにも書かない」という契約だったので、いままで封印してきた一本。
やっと告知がちらほら出だしたので、書くことができる。


すごく! おもしろかった!!!
アラカン目前の夫婦を中心とした恋愛模様(?)なんだけれど、そんな年になっても小娘時代と同じようなことで悩んだりドタバタしている皆がホントに愛おしく、等身大で、実に共感する部分も、そしてまた示唆に富んでいる部分も多く、じっくり楽しんで鑑賞できた。
結構長い作品だけれど、まったく退屈することはない。
コミカルで、しょーもない恋愛話でありながらも、同時に大人の事情も満載で、これぞまさしく「COMPLICATED!」といいたくなる気持ちがよーくわかる。すっごくよいタイトルだと思った。
女であり、妻であり、職業人であり、そして母であり。
ひとの立場や気持ちは、いつだってひとつじゃない。
それをくるくると表現し分けた(しかも全部とっても魅力的に!)、メリルの演技はすばらしい!


なのに、邦題は、絶対にやめてほしいと思っていたものが採用決定されてホントにショック。。。
はっきしいって「ベーカリー」はそこまで重要な存在ではないし、「恋する○○」シリーズにしたら、二十歳そこそこの女の子のキュートでラブリー、ポップな恋愛映画みたいに見えるだろうが! トレーラーのテイストもそういう風に作ってあるし、、、あーもーガックシ。。。

この作品は、そんな「女の子ちゃん」な、軽いもんじゃないのだ~!
大人の女性こそが、観なくてはいけないのに。
原題のほうが、断然この作品の本質をよーーくあらわしていると思うので、ぜひともだまされないでほしい。
みる・きく・よむ | Comments(4) | Trackback(0)
2009/12/29.Tue

今週の献立

12/29
DVC00002_20100126004032.jpg  DVC00008_20100126004031.jpg  DVC00007_20100126004032.jpg

ロールキャベツ
スパイシーフライドポテト
サラダ
レバーペースト
パン


この日の分だけ入れ忘れてた!
ロールキャベツは得意料理なんだけど、Gioはこの日は勝手にトマト気分だったらしく、コンソメ味だったので、なんかがっくりしていた。。。 早く言ってよ!
レバーペーストは、生クリームを使わず、代わりに野菜をたっぷり入れるという新しいレシピに挑戦したんだけど、これが、、、顔がふにゃふにゃになるくらいおいしくできてしまった! あーもーこんなんあったら、永久にワインを飲み続けてしまいそう!
そっかー、セロリなんかの香味野菜を、これでもかーとたくさん入れることで、こんなにもマイルドになるんだねぇ!
クリームなしなので、すごくさっぱりしていて、たっぷりめに塗ってもくどくない。
手間はかかるけど、材料費は安いし、こりゃいいねぇ~。
次のポットラックの機会には、これも選択肢に入れたいなー。
見た目は地味だけど、やたらお腹がふくれることもないし、つまみにはもってこい。

初めて、いいフードプロセッサーがほしくなった。クイジナートとか、有名だよね。高いけど、、、
今回は、バーミックスのパチモンで、時間をかけて地道~にやって、結構な肉体労働だったのだ。


Cuisinart フードプロセッサー DLC8P2JCuisinart フードプロセッサー DLC8P2J
()
Cuisinart (クイジナート)

商品詳細を見る
食べる(家) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/30.Wed

炭火焼肉 七厘

炭火焼肉 七厘



Gioが出張から帰ってきて、遅ればせながらクリスマスをやろうというので、前からちょっと興味のあった焼肉店をリクエスト。
わざわざ三ノ輪まで出向いてきた。

こうやって、飲食のためだけに、用事のない場所や縁のない場所に行くのって、Gioと付き合ってからできた習慣かも。
もともと、確かに私はすごーく食に対して執着があるんだけど、、、
それでも、なにかの「ついで」というレベルまでしかこだわったことはなく、そのために移動してまで行こうとは思わなかった。
そして、実はGioは、私とは逆に、全然食べものには頓着しない性格。
ふたりともが同じタイプで、相乗効果でエスカレートしていったならわかる。
1+0なのに、出てきた答えが2になってるってのは、一体どういうことかしらね?



DVC00009_20100125222129.jpg  DVC00013_20100125222129.jpg  DVC00012_20100125222129.jpg


こんなに年の瀬も押し迫ってから、どんな酔狂な人間が焼肉なんか食べに来るかと思いきや、、、結構繁盛してる。
混み混みで、外しか席があいてないというので、なんか屋台めしin韓国 みたいになってしまった。
ストーブ完備で、毛布も貸してくれたので、そんなに寒くはなかったんだけどさ。

おいしくてサービスも親切だったけど、惜しむらくはお会計。
この日はふたりで2杯ずつ飲んで、満腹まで食べて、合計1万5000円over。
んー。。。 たまげるほど高くもないけど、立地とか考えたら、決して安くもない。
この金額出すなら&わざわざ出向くなら、ほかにいきたい店はいくらでもある!

つーかよくよく考えたら、むしろ高いかも。。。
私たちの焼肉の基準値は、きらく亭なのだ。
あそこは、(うちからは)近所で、おいしくてお腹いっぱい食べて、大満足して、1万4000円くらい。
だから、同じくらいの味(満足感)なら、あとは金額次第で評価ランキングが決まる感じだねー。
ちなみに満足度が同じくらい高くて、しかももうちょっと安く上がるのは「鶯谷園」。
ただし、遠い&他になにもない場所でラブホ街、という立地がマイナス点。

二店とも、いけば必ず満足することはわかっているんだけど、まだまだもっといい店があるんじゃないかというイヤラシイ欲望があって、あえて次々と新規開拓に精を出しているのだが、、、
なかなかどうして、返り討ちにあうことのほうが多数。
ぬー、今後もしばらくランキングの更新はないのか?

そんなこんなで、今年の締めくくり肉食いは、微妙に負け試合にて幕を下ろしたのだった。
食べる(外) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/31.Thu

大晦日2009

天恩山五百羅漢寺


今年の大晦日は、大掛かりなイベントに参加するのは止めて、ふたりでひっそりアットホームに過ごそうね、と決めていた。
というのも、毎年Gioは29か30まで戻らないし、元旦からはお互いの実家を行き来するため、お休みとはいえ年末年始はとーっても慌しいのだ。
さらに、今年はなんだか私も仕事が忙しくって、、、ぎりぎり29日まで働いてしまった。
結局、年賀状はなんとか投函できたものの、Gioが出張から帰ってくるまでに済ませておくつもりだった大掃除は完了できず、この日も朝から水周りを磨いたり、換気扇をはずしたり、冷蔵庫を掃除したりと、結構てんてこまい。
クリーニング店と、灯油の買出しはGioが手伝ってくれて、すごーくすごーく助かった。。。
この気が狂った寒さの中、本当にありがとう!


そんなバタバタも夕方にはひと段落。
すっかりきれいになった部屋で、ガンガン暖房炊いて、まったり。
今年の年越し蕎麦は、先日好評だった「つゆしゃぶ」スタイルが採用された。


ハフハフ、あったまるぅ~
そしてもちろん食べ過ぎる。
大晦日だというのに、この満腹ぶりったら、如何なこと!?
うーんうーんとうなされながら、ふたりしてコタツでごろごろTVする。
そしたら、いつの間にかふたりともホントに眠ってしまい、、、
ハッと気づいたら、もう23時半。
!? え、え、えええ???
ヤバイ!と、あわてて除夜の鐘参りに飛び出したけれど、結局路上をチャリで失踪している間に年が明けてしまうという体たらく。。。
ちょっとぉ、新年早々、なんつー幕開け? おまえのせいだあー! いやおまえのせいだあー! と、お互いを罵倒しながら、目黒不動尊の羅漢さんへ向かった。
東京のお寺はなんだか営利目的な感じが強いというか、ハデなイベントになってるかわりに、どこも結構要予約だったり、さらには有料だったりして、なんのこっちゃと思っていたんだけど、ここは無料で鐘突きをさせてくれるうえに、甘酒などのふるまいもあって、よさそうだったのだ。

DVC00026_20100125225020.jpg
うりゃ

DVC00025.jpg
もういっちょ


もうとっくに24時を越えてるのに、来た人は全員突かせてくれるっていうのがゆる~くていい感じ。
なんとなく、除夜の鐘突きをしないと、「今年が終わる」感じがしないんだよねぇ。。
深々と冷え込む中、ひとも混みすぎてなくて、非常に落ち着いた空気。ああ、とっても大晦日だわ。。。
一人ずつ鐘を突かせてもらい、帰りがけにはやたらファンキーなお守り(なんか色がかなり原色だったの、、、アフリカンフォークアートっぽい配色?)までもらって、大満足!
あんまり時間がなかったので、羅漢さんたちはさーっと見流してしまったのだけど、こんなに規模の大きな羅漢像は初めてかも!? なんてったって500体。
私は、羅漢像はもちろん、とかく「たくさん物が集まっている様子」というのがそもそも結構好きなので、また時間のある時にお散歩に来て、ゆっくり向き合いたいなあ。

その後、今度は目黒不動尊に移動して、初詣。こちらの神社は、とっても派手で人出も多かった。


私は、神社でお願いすることは、いつでも一緒。

「私と、私の周りの人が、苦しいことつらいことが少なくて、楽しいことうれしいことで一杯になりますように。」

具体的にオーダーするほど、いろんなことがわかってるわけじゃないし、自分の身に余るような大きな願い事もできない。
私のこの手はホントにちっちゃくて、こうやってうーんと手を伸ばして、ギリギリ届くぐらいの狭い世界のことしか、面倒見れないから。
でへへ、とっても「世界の中心は私」なオーダーでごめんにー。


2010年も、楽しいことうれしいことで一杯になりますように。(私と、私の周りの人が。)
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。