--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/07.Mon

ダメ人間な私 2

こないだのつづき。


自己嫌悪に陥る瞬間の中でも、とりわけタクシー利用は、一番止めたいと思っている、私の悪い癖。
自分の意識改革と努力で、いくらでもなんとかなるはずの項目なのに、いつまでたっても改善できずにいる。
なんでタクシーに乗る羽目になるかというと、私は、ちょっとの時間管理が本当に苦手で、全然できないからだ。
寝坊したとか、なにか手が離せない事情があったとか、そういう明確な理由なく、家を出ようと思っていた時間から必ずといっていいほど数分遅れてしまう。常に遅刻している。
もう、子どものときから、ずっとそう。
スクールバスなんて、何度置いていかれたことか。
私の場合、移動は常に走っているのがデフォルトで、優雅に周りを見ながら歩いて移動したたことなんて、ホントに数えるほどしかない。(それ自体が目的の散歩ならばできるけど、「どこかに行く」という目的があっての移動は、80%以上走ってると思う。)
だせえ、私。
私に限っては、通学中や通勤中に、トキメキの出会いなんて絶対にないと思う。
いつも、メドゥーサみたいに髪振り乱してなりふり構わず走っているから。。。


皿とピアスは、多少の不注意が原因とはいえ、基本的には事故の性質が高いから、まだちょっとは諦めがつく。
(嘘、全然諦めついてないから身もだえしてるんだけど。でも、タクシーに比べたら、まだマシなほう。)

でも、タクシーはねぇ。。。
弁解の余地がない。5分早く家を出ればよかっただけのこと。
それに、遅刻魔なのはむかーしからだけど、そこにタクシーという手段を覚えてしまったのは、ここ数年のこと。
結婚するまで勤めていた会社が、毎日深夜残業アタリマエの激務な環境で、かつバブリーな経費清算体系だったせいで、たいていのタクシー代が経費で落ちたし、それで落とせない分は、自腹で払ってもどうともないくらい収入があったからだ。
これで、気軽に車を拾うくせがついてしまった。。。
ものすごい長距離はあまり乗らなくて、大抵が都内の移動で、ワンメーター前後、いっても数千円程度のことなんだけど。
それでも、ためらいなく日々タクってると、月に1万前後は乗ってしまう。

最近は、ホントにまずいと思って、一生懸命機会を減らしてはいる。
さすがに雨だとか、寒いとか、疲れたとか酔っ払ったとか、荷物が多いとかもう歩きたくないとかの理由では、乗らないようになった。
ちゃんと終電を気にして飲むようになった。

それでも、、、
いまだに、週に1度くらいは、時間に間に合わなくてタクってしまう。

時給1500円の派遣仕事に行くのに、タクシーって!
最初の一時間は、もうタダ働きやん。。。
あんたさぁ、もう自分の環境が変わったってことに、いつになったら気づくわけ?
そんなふうに無駄遣いして、Gioに申し訳ないと思わないの?

そうやって、車内でものすごい罪悪感にかられる。

もう、ホントに止めたいので、慰めは一切不要ですから!
自分への戒めとして書いておくことにする。
もう、ほんとに来年の重要な目標としたいところ。
スポンサーサイト
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/11/22.Sun

ダメ人間な私

はぁ。。。
自分のことがほとほと嫌になる。。。

今朝、洗い物をしてる時のこと。
かごへの積み方が悪かったのか、重ねていたお皿がずれて軽く崩れ、ちょうど隣にあったワイングラスに当たった。
ぱり、と、スナック菓子でも砕いたようなかるい音。
朝の冷たい空気が、さらに凍る一瞬。

あー、またやってしまった。。。
結婚した時に、6個セットでユー&ヨーに買ってもらったグラス、もはや残りは4個。
絶対に、言えない。。。

Riedel O カベルネ/メルロ (2客セット) 414/0Riedel O カベルネ/メルロ (2客セット) 414/0
()
Riedel (リーデル)

商品詳細を見る


イメージで気に入ってこっちがお願いしたものだったんだけど、ものすご~くデリケートなグラスだった。
指先でつまんでも割れそうにたわむくらい、薄いガラスでできていて、洗い物の際には、絶対他のものと一緒にはできない。
いつも、これだけよけて洗っているんだけど、今朝のように他の食器がちょっとでも干渉すると、あっけなく割れてしまう。


最近気づいた。
私は、食器をよく割る女なのだ。
昔はそこまで自炊もしなかったし、いつも同じカジュアルなお皿&丼の繰り返しだったから、そんなデストロイヤーな自分に気づかなかったけれど、結婚して毎日キッチンに立つようになってからは、平均すると2-3ヶ月に、一度は何かを墓場送りにしてしまっている。
大好きだったArabia kokoのボウルなんて、買って一週間もしないうちにひとつ壊してしまって、どんだけ自己嫌悪に陥ったことか。あれ色が廃盤になるから、なかなか追加で買えないんだよー。。。

あちこちからのいただく引き出物のセットも、完全体はほぼ皆無。ひとつやふたつ、必ず足りなくなってる。特に、クリスタルをはじめ、ガラスの食器がやばい。
繊細で、お気に入りのものほど壊しちゃってるかも。。。

たいていは洗い物をしてる時にやっちゃうので、多分、扱いが雑なんだろう。
本人としてはそういうつもりは全然ないんだけど。。。でも、思えばGioにもなにか物を取ってあげたりすると、「ちょっと、乱暴にするなよ! ひとの物だと思ってー!」とかよく言われる。
「乱暴」に扱ったつもりも、「ひとのもの」と思ってるつもりもないんだけど。。。
認めたくないけど、やっぱ、基本動作がガサツなのかなぁ。。。

あーあと思いながら欠片を拾い集めていると、ハァー相変わらずお前は雑な女だな~という無言の叱責が聞こえてくるようで、めちゃめちゃへこむ。


ずっとほしいパラティッシをいまだに買えずにいるのも、こんな自分をまったく信用できないからだ。
ARABIA アラビア PARATIISI パラティッシ ボウル23cmARABIA アラビア PARATIISI パラティッシ ボウル23cm
()
ARABIA アラビア

商品詳細を見る

これの、モノクロバージョンがほしい。
こっこんなの割ってしまった日には、、、
一瞬で、数千円、数万円が、パア~。
私は、とても私を信用できない。


=======

自分の嫌なところ、劣なところはまあ言い出したらそりゃー際限なくいっぱいあるけど、なんか気分的に、「、、、ガックシ。」と、ものすごーく落ちる瞬間ベスト3っていうのがある。

食器を割ったとき。
ピアスを失くしたとき。
そして、タクシーに乗ったとき。



私は、アクセサリーの中ではピアスが一番大好きで、すごくたくさんあるんだけれど、そのくせホントによく失くす。大体、半年に1-2個ペース。
キャッチがあるものは、よっぽど大丈夫なんだけど、フックタイプのものや、チェーンタイプのものだと、ハッと気づくとなくなってるんだよねぇ。。。
あの気づいた瞬間の絶望感。え? あるべきものが、ない?? っていう、突然の喪失感。
あちこち探したって、見つかることはほとんどないんだもの、経験則でそれがわかってるだけに、遺失発覚と同時に、ものすごいショックを受ける。
そして、片っぽだけになったとたん、単体では完全体なのに、あっけなくレゾンデートルを喪失してしまうという厳しい事実を内包しているのが、二対でひとつというピアスの宿命。
どんなに気に入っていたピアスも、一個ではもう使うことができない。
でも、どこも悪くないんだもの、惜しくて到底捨てることもできない。
そうして、ピアスの死骸の集積体がまたふくらんでいく。。。
ああへこむなぁ。。。
ジュエリーボックスの「ピアス墓場」を見るたびに、自分がダメ人間だっていわれているような気がする。
一体、どうすればいいんだろう。。。
オーダーメイドで、一個だけ作って復活させる?
数万もしないカジュアルなものがほとんどなのに、そこまでするべきなのかなぁ。
いっそ今後は、もう数千円のものしか買わないようにして、ピアスは消耗品として位置づけようか。。。

ううう、哀しい。



つづく
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/08/13.Thu

mixiのバナー

mixiは、ひまつぶしに移動時などに携帯からみていることが多いんだけど、最近表示されていたバナー広告が秀逸だった。
携帯のバナーなので、ごくちいさいもので、情報量も限られているんだけど、

「やさしく できなかった・・・」

って書いてあるの。
リンク先は、生理周期を管理するサイトで、PMSに振り回されるのは、身に覚えありまくりの私に、実にこのコピーは刺さったぁー。

まわりのひとの言動に、無性にイラッとくることがある(ま、周りというか、うち90%がGioともいうが)。
特別ひどいことを言われたわけでもないのに、「ハァッ?」「エエッ?」と乱暴に聞き返したり、あからさまにムッとしたり。ちょっとした頼まれ事や、ものの言い様が、すっごく気に食わなかったり、「ヤダ」とか「いい」と、ばっさり拒否したり。

大体いつも「イライライライラ、あーーもーーーーむかつくなーーーーーイライラ」と、内心で思っているだけで、(後から考えたらPMSだったかなとわかるんだけど、その瞬間はどうしようもなくて、、、)無駄なトラブルを避けるため、なるべくふさぎこんでもんもんと過ごすようにしているんだけど、時々Gioがカチンと反応して、くだらないケンカに発展してしまうこともある。

後で、「なんであんなことで、シツコク噛み付いてしまったのかなぁ」と、思って反省するときの、気持ちって、まさに「う・・・ またひどい態度をとってしまった・・・ やさしくしてあげられなかった・・・」っていう感じなの。
短い言葉で、すごく的確に気持ちを表してくれてたから、ホント目に入るたび、毎回ギクッって感じで、印象に残ってた。
そのせいか、先週ちょうど生理前で、イラッとくることがちょくちょくあったんだけど、今回はムッとすると、直後にどこからか

「やさしく できなかった・・・」

という声が聞こえて、ハッいけない! また怒ってしまった! Gioカワイソ。。。と、すぐに冷静になれた。
おかげで、あまりイライラせずにやり過ごせたかも。

んん、実にいいコピーだ。ありがとう。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(4) | Trackback(0)
2009/07/23.Thu

「いやなこと」その後

あまり共感してもらえない、私の独特ないやなことの後日談。


後日、セイさんからは
「meriendaちゃん評判よかったわよ~!
外国の話もみんなすごいおもしろがってたよ。
次のシフトいつ~とかいろんな人に聞かれちゃったよ」
などといわれる。

仕事とか、私本人の功績で認められたわけではないので、正直、少し微妙だけど、、、
とはいえ、まあ結果的に、ひとに好かれるのはありがたく、うれしい事だ。(単純。)
まあそれで皆の好感度が上がると思えば、いちいち気にしないで、その時はパンダ役を期待通りこなせばいいか、、という気にもなる。
ちょっとね。




さらに、まあわかってもらえないのは前提として、一度Gioに話してみた。
そしたら
「そんなんmeriendaのせいじゃん。
meriendaが、周りの期待に応えて、おもしろおかしい話をするからだよ。
嫌だったら、黙ってればいーのに」
だって。
そ、そうか、、、自分のせいもあったか、、、。
そういう考え方はしたことなかったから、ちょっとびっくり。

確かにGioは、そうやって露骨にこころを閉ざすモードになることがあって、そうなるとどんなに話題をふられても、「いや、話すようなおもしろいことは何もないです」「いえいえ全然詳しくありません」などと、暗~い顔でくそ真面目に応対し(これぞ「THE慇懃無礼」って感じ?)、その場にはぎこちない空気が流れることになる。
横で「あ、閉じたな」って、はっきりわかるくらい露骨。

こーなったら、もうタモさんも徹子もお手上げ。
「~~だよな?」とか、「~~なんですよね?」とか、いくら水を向けられても、ちょー頑な。
「いえ、全然。」「とんでもございません」とか言って、語る語らない以前に、すでに全く会話になってない。。。
そもそも基本的に、自分のことを話すのは、あまり好まない人なのだ。
(内心は、話さないでも勝手にわかってほしいと思っているみたい。エーわかんないってばー)


で、そういう白々しい場面を繰り返すうちに、まわりが「あ、Gioこの話題ふられたくないんだな」と理解、学習して、話題に出されなくなるんだって。
だから、「meriendaも出されて嫌な話題だったら、乗らなきゃいいのに。」
だそうで。
な、なるほど。。。(タジタジ。)

う、、、なんか、それもハードルきついわぁ、私には。。。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(2) | Trackback(0)
2009/07/09.Thu

いやなことがあった

昨日から銀座の百貨店で再び催事が始まった。
私は昨日はお休みだったので、今日初めて店頭に立つ日だったんだけど。。。
初っ端に、個人的にすごーく嫌なことがあって、なんだか一日憂鬱だった。


百貨店の催事というのは、区切られた小さなブースにいろんなブランド、お店が出店するため、隣近所の皆さんと仲良くしなければならない。
和装の世界は狭いから、あちこちの催事で一緒になり、「あらーまた一緒ですね!」という感じになることも多い。
今回、私は初対面の方がお隣さんだったので、まずはご挨拶まわり。
その際に、社長のセイさんが、私のことをこう紹介してくれたのだ。

「meriendaさんは、子どもの頃から海外暮らしばかりなんですよ~! あの国と、あの国と、、、etc.」


でも、私は自己紹介するときには、絶対自分から海外のことは言わない。
それは確かに、私の形成要素の大きなところを占めているかもしれない。
でも、だからこそ、私にとっては、良くも悪くもいろーんなことがごちゃまぜになっているトピックで。
本当は、もっともっと、仲良くなってから、ゆっくり話したい項目なのだ。

セイさんには全く何の悪気もない(し、別に悪くない。)
ただ私は、初対面で紹介されるとき、一番最初に海外育ちなことを言われるのが、心底嫌いなのだ。

彼女に限らず、そういう人はよくいる。
キャラクターとしてわかりやすい項目だし、話も広がりやすいだろうと思って、そういってくれるんだろう。
でも、私にとっては、自分が好んでそういう育ちになったわけではないし、ある種の偏見を生むから、正直積極的にいいたい項目ではない。
なにより、この話題になると、絶対必ず話が一方通行になるから、全然まったく楽しくない。
もう、相手の反応はわかってる。

へ~
すごーい!
うらやましー


ああ、共有なんてできっこないんだ絶対に。
結局、以降は一方的に、私が「これこれこうなんですよ」と、これまで幾度となく繰り返してきた、海外の「すべらない話」エピソードを繰り広げることになる。
おもしろおかしく話しているように見えるかもしれないけれど、はっきりいってつらくてしょうがない。
どーせ誰もが同じ反応だからだ。
相手だって、ホントに知りたくて興味を持って聞いてくれているわけではない。
あまりに接点がなく、コメントの仕様がないから、感嘆符でもってつないでいるだけなのだ。
こんなの会話ではない。講話に近い。オハナシを聞かせているだけ。
そして次はこうだ。


なんで外国にいったの?
語学できるの? どのくらい?
仕事にしないの?


本来、ものすごくプライベートなことなはずなのに、この話題の流れだと、なんだかとても自然に、自分のことを次々話さないといけなくなる。しかも、結構こころの深いところの内容を。
そんなの一言で言えないし、いま出会ったばかりの、深く仲良くなってない人に言いたくない。
さらに、こちらについても、会話をつなぐと自然にそういうクエスチョンが出るというだけの話であり、向こうだって「心底知りたくて」聞いているわけではないのだ。



仲良くなってから、色々聞かれるのはいいの。
トンデモエピソードだって、いくらだって話しておもしろがらせてあげるよ。

でも、初対面では嫌だ。
今後の言動のすべてを、「キコク」の色眼鏡で見られるのは嫌だ。
いまの自分をみて、普通に判断して、まずは仲良くなりたいだけなのに。。。


そうやって紹介してくれる人も、そうやって同じ反応をする皆も、誰も悪気はないのはわかってる。
そりゃ~目立つトピックだから、いの一番に言いたくなるよね。
そんな話きかされたら、誰だってそういう反応になるよね。
それは、重々わかってる。

でも、やっぱり、私は嫌でいやでたまらない。
ホレ、芸をしなさいな、といわれているような気分。



そんなわけで、久しぶりに、へこみ中。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(4) | Trackback(0)
2009/06/26.Fri

マイケル・ジャクソンが死んでしまった

先日、フィギュアスケートのアイスショーを観にいってきた。

今日のベストパフォーマーは、ゲストスケーターのトマシュ・ベルネルfromチェコ!
スリムな黒パンツに白いソックスをのぞかせ、黒いハットに白い手袋。。。
そんな出で立ちで、曲はマイケル・ジャクソンメドレー!
ななな、なんという、あざとい演出。。。!
ムーンウォークだって、スーイスーイよ!(だってスケートなんだもん。。。当たり前!?)
でも、その計算ずくのあざとさすら心地よかった。
そんくらい、完成度の高いパフォーマンスでした。
Gioも「トマシュがずば抜けてよかったな~」といっていた。
やっぱ第一線でやってる人は、魅せ方、というのをよくわかってる。


。。。とかなんとか、この日のことを書きかけにしてたら。
今日、マイケル死んでしまった!!!
なんてこと。。。 まだまだ若かったのに。
もう一花咲かせてくれると思ってたのに。
コンプレックスにがんじがらめにされて、自意識とプライドに翻弄されまくって。
ずば抜けた天才なのに、あんなにも尽きない悩みを抱えて、なんて損の多い人生だったことか。

私は大ファンというわけではなかったけれど、、、
やはり時代背景的にリンクする部分が多く、思い出すことがたくさんある。
MTVのマイケルがなんぼすごいか、皆がキャッキャキャッキャ話しているとき、話題についていけず悔しかったこと。(うちはCATVひいてなかったので)
ESLで、皆でなにかの替え歌を作ることになり、「BAD」を元に「FAT」を作ったこと。(満場一致でこの曲になった。なんか♪食っても食っても物足りね~!みたいな歌詞になったような。。。)
背伸びして友達と連れ立って映画館に「Wiz」を観にいったはいいが、英語力が追いつかないせいで、私一人よく理解できないシーンが多く、すごく哀しかったこと。
それに比べ、Disney(L.A.だったかオーランドだったか。。。?? どっちか忘れちゃった)の「CaptainEO」の、めちゃくちゃかっこよくておもしろかったこと!(この頃は、そこそこ英語力がついていた)

こうして俯瞰してみると、なんだか私の英語力は、マイケルとともに歩んで上達してきたかのようだ。



近年は、スキャンダラスなゴシップネタばっかりで、メディアに流れる、彼の変貌(崩壊)し続ける姿を見かけるたび、「なんで、高須克哉はさ~、マイケルのとこへいってやんないのかな~~。ナントカ光代だの、ナントカひろみだの、微妙な人選でコチャコチャやってないでさー、チョイチョイっと直したって、マイケルに笑顔で「YES!」ってゆうてもらってCMしたらええやん! めちゃくちゃプロモーションになるのに、売り込みセンスないよねぇ~」とか勝手なことをずーっと思ってきたんだけど、もうそんな妄想もかなわない。
肉体を失った彼が、少しでもこれまでの苦しみから解脱して、安らかであらんことを。
R.I.P


スケートの話は、ホントはほかにもまだまだ書きたかったんだけど、今回は取りやめ。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(2) | Trackback(0)
2009/06/13.Sat

当たった(○_○)

20090613001613
自販機で、お茶を買ったら、もう一本当たった~~
人生で初めて 自販機のあれって、当たりあるんだあ!Σ( ̄□ ̄; 知らなかった…

ランプが点滅するもんだから、焦って動揺して、とにかくなんか押さなきゃと、目の高さにあった欲しくもなんともないものを押してしもうた…
甘いのや炭酸は、普段買わないのに…

でも予想外においしかったです
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/12.Fri

地震

地下鉄でうとうとしてたら…
ピビピピピピビピピピ
けたたましいアラームとともに、駅でもなんでもないところで電車がとまってしまった
車内アナウンスによれば「地震があり、急停車いたしました」とのこと。ざわつく車内。
しかし、びっくりするほど、なーんにも感じなかったなあ… 電車内なんて、こんなもんなのかしら… と回想していたところ、数分後、さっくり復旧。「地震は、誤報でした」だそうです。ひ、人騒がせな…

でも、あらためて地下鉄乗車中に、ホントに地震が起こったら… と考えたら、これは、相当怖いよね。とゆーか、すっごくヤヤコシイことになるの必至。かといって使わないわけにはいかないんだけど…
閉ざされた空間に、急になんの前触れもなく放り出されてしまうのは、それなりの恐怖。
今日も、瞬間的に「ドラゴンヘッド」を思い出してしまった私です。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(2) | Trackback(0)
2009/05/30.Sat

VINOyMERIENDA

vino y merienda というのは、スペイン語で「ワインとおやつ」のこと。
ビノ イ メリエンダ

両方好きだし、よく摂取するし。
さらには、日常にも似ているし。
そんなことで、命名したのが数年前。

ここに引っ越してくる前は、なんだか悩みが多すぎて、「酒とおやつ」というより、悪酔いというかアル中というか、、、という感じのどん底blogにどんどんなってしまい。
結局、書いてる自分さえもつらくなって、更新をやめてしまった。(いつも泣きながら書いてた)

今度はそんなことになりませんようにー。
とりとめのない話・心情(妄想) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。