--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/22.Mon

シモキタ散歩

暖かくなってきて、Gioが今年はスウェットのショーツが欲しいというので、下北沢へお買い物へ出かけた。
うちら、一体いくつまでここで買い物してられるかねえ?




しばらく前から興味深々だった「肉巻きおにぎり」をやっと食べられた!
DVC00008_20100417215040.jpg
チーズ入り 350円

かなり大きなサイズのおにぎりに、甘辛いたれに漬け込んだ牛肉を巻きつけ、じゅ~っと焼いてごま、チーズ。
レタスに包んでできあがり。
いたってシンプルだけど、たれ味の肉と米にちょっと野菜って、こんなんおいしくないわけないよね!
ボリュームがあって満足だったけど、ちょっと食べにくかったので、自分で作るなら、もっと小ぶりの一口~二口サイズのがいいかも。
こんどやってみよっと。パーティーでもうけそうだー。



DVC00009_20100417215040.jpg
帰り道で「てんや」。こないだTVで観てから、無性に食べたくて。。。^^;
ミニでもすごいボリューム! おなか、ギツギツ言ってるわ。
なんか今日は全体的にがっつり食いな日だったな。部活帰りの高校生みたい。
実際、消費カロリーは彼らの半分くらいしかないんだけど。。。 やべー


結局気に入ったショーツは見つからず、(ひとつかわいいのあったんだけど、2万円近くして! どうせすぐに型崩れするのにさーと断念、、、)なぜだかUNIQLOで普通の長いスウェットを買って帰った。
むちゃくちゃやん、その結末。
スポンサーサイト
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/02/21.Sun

精進料理のゆうべ

文化のココロ~「日本文化と仏教」について語れますか~
by街オリ

祖父母をはじめ、私の親族は寺院関係者ばかりで、普通の家庭よりも大分、仏教のことは日常的に慣れ親しんで育ったはずなのだが、いかんせん浄土真宗ゆえ、戒律に関してはとっても甘い。タブーがほとんどなくて、完全に普通の生活。肉だって酒だってアリアリだし、蚊も叩けばゴキブリも殺す。
ゆえに、きちんとした精進料理というのも、これまで食べたことがなかった。

寒い寒い夜、妹と連れ立って浅草の緑泉寺をたずねる。
都会のど真ん中の、近代建築のお寺、懐かしいような、新鮮なような不思議な気持ち。
凍るようにつめたい空気といい、しーんとした静寂の心地よい本堂といい、なんだか大晦日みたい。

曹洞宗の現役のお坊さんがアテンドしてくれる。
若くて、イケメンな僧侶のキビキビした所作と、よく通るエエ声にドギマギ!
あーもーよりによって今日は仏教のセミナーだというのに、まるで煩悩出まくりの私。
しれっとすました顔をしていたが、内心、知らずと色目使いになってないか、冷や冷やものだった。。。



説明によると、曹洞宗では生活のすべてが修行ということで、食事も例外ではないらしく、よって楽しいおしゃべりどころか、私語は一切厳禁。
「おかわり」「ごちそうさま」などには、それぞれ決まった作法があり、食事中の意思疎通はこれらを用いて行われる。
この日供された食事内容は、典型的な「修行僧メニュー」(といっても日常用ではなく、器も美しく、これはかなり豪華版の内容らしい)で、会食スタイルもこのルールのっとって進行したため、サーブが始まると、すっかり会場は無言に。
こうした食事は、私にとって、ほぼ生まれて初めての体験となった。

DVC00087.jpg
白粥、炊き寄せ、田楽、白和え、こんにゃくと大根の煮しめ、沢庵、菜花のおひたし、あたり白ごま


料理が並べられても、「おいしそ~!」とかも言えないし、なんだかモジモジしてしまう。
普段、いかに他愛のないおしゃべりはもちろん、食べ物についても、「これ、なにかね?」とか、なんやかやと話しているんだなぁ、と気づかされた。そもそも、無駄口が多いのか^^;
ああ~~~しゃべりたい! でもしゃべれない!

すると、いつしか自然に、自分ひとりの頭の中で会話が始まった。
それは、すごく新鮮な感覚だった。
「自分と向き合う」という感覚を、あれほど直球で感じたことはないと思う。
じっと、卓上の料理を見つめる。
「めちゃおいしそうだね」「これ何やろね?」「ダシきいてそうじゃない?」「おかゆ嫌だー、ぴっかぴかの銀シャリで食べたかった!」「こっちの皿は、どっかの料亭か旅館で見たことあるかも」「これで全部だったら、足りなくない?」etc.、etc.。。。
普段、深く気にも留めずに思い浮かんだまま口にしているような内容が、次々と頭の中で呼応する。
穴が開くほど料理を見つめ、いろんなことを思い、ものすごく、神経が集中した。
そしていよいよ、白粥を一口。

なにこれ。
頭の中に稲妻が走ったような、ものすごい衝撃があった。
ばばばっと、電流が流れ、いくつかの脳神経がつながったような感じ。
ただのおかゆが、なぜこんなにおいしいの!?
想像してた「白粥」じゃない!
なんか、味がついてる!!
でも、具体的に何の味なのか全然わからない。塩気はわかるけど、それ以外にも、なにか味がある。
だし? でも、慣れ親しんだかつおや昆布のだし味とも全然違う。
なにか、、、ともすれば、雑とも思えるような、力強さと、不思議なまろみ。
なんだこれー!?

また、沢庵についても、これまた口にする前にイメージしていたものとは全然別物。これまでに食べたことのない、不思議な味がした。
曹洞宗のお寺で、修行僧が漬けている、まさにそのものを分けてもらってきたんだそうだ。
うーん、漬物好きなんだけど、さほどこだわりもなく、いつもスーパーで売ってるような、フツーの沢庵ばかり食べてるからなー。あれって、実はすっごく単純な味だったんだなーと、比較してしみじみ思った。
甘くて、すぐに「これは○○」とわかるような香りがはっきりして、おこちゃま味!って感じ。
もちろんそれはそれでおいしいし、食べなれた味なんだけど。。。

一言も口をきかないから、「なんだろう?」と思っても、自分で口に入れるまでわからない。
それに、こうやっておかゆや沢庵みたいに、自分のイメージと全然違う味が口に入ってきても、それを「へー!」とか言えないから、その分いつまでもすっごく味わってしまえる。
基本的には私は食事は修行ではなく、楽しく食べる方が絶対いいけど、こういう体験はやってみないとわかることではないので、すごくいい経験をしたー!と思った。

ちなみに、後から聞いたところによると、このおかゆは、大豆ダシ、しいたけダシなど、複数の野菜の出し汁で炊いているものなんだってー。
だ、大豆ダシ?とびっくりして(聞いたこともないわ!)、ひつこく作り方を聞いてしまった。
大豆を乾煎りしてから、それをさらに煮出して作るんだって。へぇぇ



そして、その後は第二部ということでおしゃべりも解禁になり、現代風アレンジの精進料理が出てきた。

DVC00088.jpg   DVC00089.jpg   DVC00090.jpg
ミネストローネ、野菜サラダのハーブドレッシング。デザートは豆乳のババロアと黒豆のコケモモソース煮。


これも驚き。どれも、「精進料理」と聞いて、イメージする料理とはかけ離れている!
一部二部通して、全体的に味については、薄味なのに、決してマイルドではない、という感じがした。野性的というか?? 個性がハッキリしているということなのかなー。
さらに、「さぐらないとわからない味」といえる。
ぱくっと食べて、すぐに「○○!」という単純な味ではないし、また食べ慣れてもいない味だから、口に入れてからしばらくの間「・・・?」という感じで、味覚のニューロンがつながるのに時間がかかるような。。。
でも、その味覚の冒険みたいのんが、すごいおもしろかった。



この日の案内人を務めてくれたお寺さんは、料理を作ってくれたお寺さん共々、普段は現役のお坊さんであり、「虚空山彼岸寺」という会のメンバー。
この彼岸寺というのは、「仏教」や「お寺」という文化について考え、よりよくしていったり、広めたり、、、ということを目的として、派閥を超えたお坊さんたちが集まり、運営しているもので、今回の精進料理セミナー以外にも、「暗闇ごはん」など、実におもしろい企画をたくさんやっていて、以前から一度のぞいてみたかったのだ。
(この「暗闇ごはん」はホントに人気があって、何年も追っかけてるんだけど、全然予約が取れないの~! 聞いたら、いつも、予約受付開始して、数分で埋まってしまうらしい。そりゃ取れないわけだわ。。。)


やらなくてはいけない「仕事」とは別に、こうやって自分がやりたいと思ったことをやることは、本当にスバラシイ!と思う。
私は、自分もそうしたいし、やってる人のことは本当に嬉しくて、(自分とは無関係な人でも)、もう、やみくもに応援したくなるんだよねー。
「やりたいことをやる」というのは、意外と簡単なことではない。
単なるわがままということではなくて、信念(というか、自分に自信というか)がないとできないものだと思う。
だから、誰にやらされるでもなく、自分のこうと決めたことを遂行していく人物というのは、一様に芯があり、頼もしく、好ましくみえるのだ。
なんだか内面から光が出るというか、オーラというか、、、、
人間として、なんともいえない魅力を発する。


そして、こういうのこそが、本当の意味でのvolunteerじゃないかなって思うのだ。
日本で「ボランティア」っていうと、どうも福祉とか、自己犠牲、貢献ってイメージが強い気がして、私
は、ずーっといつも違和感を感じている。
やりたいことをやる(そして、それが人の迷惑にならず、むしろ役に立つ)のが、本当のボランティアだいっ!
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/02/14.Sun

日韓サッカー観戦

バレンタインということもあって、Gioの希望通りサッカー観戦に。
DVC00066_20100319191357.jpg

残念ながら、ま、負けた。。。
私が観戦に行くと、たいていひいきのチームは負け戦な気がするわ。
そこまでファンでもないから、なんとなーくというか、まーどちらかといえば、、、レベルのひいきなのにぃ。
寒い中いったのになー。がっくし。
たまたま周りにやたら韓国人が多い席で、まあそれは構わないんだけど、みんなが持ち込んでる屋台のコリアンフードが、あちこちからすごいにおいを発生させていて、ちょっと弱った。
キムチとか売るのは反則なのでは。。。^^;
自分も食べちゃえばよかったんだけどね。



今年は、私からはチョコは贈らなかった。
休日だったから、買いに行くタイミングもなかったし、そもそも、さほど喜ばないっていうのもあって。
「いる?」って聞いたら、「どっちでも」って言ってたしさー。
だけど、そんなだらけた夫婦はさておき、会社の後輩は律儀にもちゃーんとくれたらしい。
いやーん、ごめんねぇ!


DVC00071_20100319191356.jpg
一口サイズのガナッシュチョコ。
一個ずつ、白と黒のちっこいテディベアが乗ってて、ちょーーーかわいいーーーー!!!
そして味もすごいおいしかった。モカっぽいのとか、ベリーっぽいのとか、いろいろあった。
こ、これは、、、義理チョコとはいえ、かなーりちゃんとしてるほうのレベルだと思うなー。
とある地方銘菓(誰でも名前を知っている)メーカーの社長令嬢らしいけど、いやーさすが、おいしいスイーツ知ってるよね!
とかなんとか言いながら、半分以上私が食べちゃった。エヘヘ。。。
おかげで、ホワイトデーのお返し準備の担当を命じられた。
ぐうの音も出んし! ^^;
ご馳走様でした!
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/02/07.Sun

大相撲トーナメント

大相撲トーナメント

Gioが升席チケットをもらったというので、Gioの御両親を御招待して、一緒にお相撲観戦。
DVC00001_20100319194150.jpg
2年ぶりの国技館ー!

相撲って、生で観ると、やっぱしそこそこ楽しい。
次々いろんな力士が出てくるのも飽きないし、とにかくすぐに勝負が決まって、素人目にも勝ち負けが明らかなところがいいのよね。
丸から出るか、転んだら負けって、シンプルにも程がある。

それと、私が一番好きなのは、幕内力士全員が勢ぞろいする「土俵入り」。
それぞれ意匠を凝らしたとっておきの化粧まわしをつけた力士が、ずら~っと一堂に会するところが、見応えがあって大好きなの! (化粧まわしフェチなのか?)
全員で行う作法も、ビシッと揃っていてシビレル!!


DVC00049_20100308225454.jpg
こちらは白鵬の土俵入り。横綱は別格なのだ。
結局、直前に朝青龍は引退が決まってこのイベントも出られなくなり、ホントに残念。
別に特別なファンというわけではないのだけど、彼の土俵入り、カッチョよくて好きだったのに。

楽しく観戦の後は、巴潟にてちゃんこ鍋。
いい親孝行になったとGioも満足していて、嬉しい休日だった。



ところでこれはトイレにあった張り紙なんだけど、あまりに気になったので思わず撮ってしまった。
DVC00050_20100308225453.jpg
日本語があって、次が中国語はまあわかる。
しかし、その次がロシア語って!? どーゆー順番!?
普通なら、英語や韓国語だろ~??


と思ったんだけど、、、
後日聞いたところによると、どうやらこれはロシア語ではなく、モンゴル語らしい。
あー。
な、なるほどねー、納得。
確かに、幕内幕下問わず、ホントに「モンゴル出身」の力士は多かった。
3割~半分近くいたんじゃないかな?
相撲界の国勢図、ほかの業界と比べて、と~~っても特殊なものになってるんだね。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/10.Sun

YOKOTA BASEとアウトレット

DECODEMODE
入間アウトレットパーク


慌しいお正月も終わり、久しぶりに夫婦でゆっくりできる休日。
車でちょっと遠出してみた。

Gioがアウトレットでパーッと買い物したいというので、個人的に関東近郊では一番イケてると思っている入間の三井アウトレットを目的地に定める。
ほかは、規模が微妙にイマヒトツで、好きな店がないところがほとんど。。。
逆に軽井沢はバカでかすぎるし、ちょっとやそっとじゃー回りきれない。
ここが一番バランスがいいんだよね。(もちろん個人の趣味にもよるが)


実は、一年位前にもこのアウトレットへ行った事がある。
その際、私は助手席でナビを見ていたのだが、、、

へー、、、 埼玉県へ行くのに、なんでか西東京方面を通るんだぁ、、、へんなナビ。
え? これって国道16号。。。
! ってことは!!
ねーねー、ちょっとでもいいからゼヒゼヒこの横田基地周辺のショップに立ち寄ってよー!!! お願いお願い、一瞬でいいから!!

と、突然の熱烈リクエスト。
ここら周辺には、米軍払い下げのインテリアショップや、輸入雑貨なんかを雑多に扱うお店がちょこちょこあって、前々から一度行ってみたかったのだ。
こんなとこ、滅多に来れないし、またとないチャーンス!

福生だけじゃなく、私はもともと米軍基地まわりのカルチャースタイルや、ちょっとレトロなアメリカン雑貨がわりと好きだ。
大阪のアメ村はもちろん、沖縄ではサンデーマーケットを荒らしに行ったし、名古屋に住んでいた頃は、一宮までちょくちょくインテリアを物色しに行ったりしてた。
都内でも、定期的にこの手の商品の見れるフェアやイベントはあるのだが、やっぱりそういうとこにでてくるのは、ある程度厳選されていてそこそこいいもの中心だし、同時に値段もあまり安いものではなくなってる。
私は、玉石混合でもいいから、もっとたくさんいろいろみて、掘り出し物を探したいのよー!


しかしながら、、、
このときは提案があまりに突然すぎたことと、現実的に時間にもあんまり余裕がなかったので、残念ながらスルーするしかなくて、全然みる事はできなかったのだ。
なので、今回は、満を持して(?)、福生周辺での街歩きも予定に組み込んでもらった^^



うん、期待通り、楽しい!
自分の好みの雑貨や、インテリアショップがイロイロみれて、満足。
ちょくちょくお世話になっている中目黒や渋谷のDEMODE、際コーポがやっているのは知っていたけど、本丸がこんなとこにあるとは、初めて知った。
ワクワクしながらあちこちぐるぐる歩き回って、結局、気に入ったアンティークガラスのコップを4個ほど。さらに、アメリカントイ満載のごちゃっとしたお店で、Gioは変な小鳥のストラップと悪そうなステッカー、私はキーカバーを購入。
食器も、家具も、ほしいものはいくらでもあったんだけど、残念ながら収容する家のほうがねぇ~。。。
なにせ、狭い賃貸マンションラ住まい故。トホホ

ダイナーの露店で買い込んだ、佐世保バーガー的な直火焼きの贅沢なハンバーガーをかじりながら、瓶のペプシ片手にフリマを物色。
お手軽だけど、ちょっと気分の楽しめる軽食だ。
普段、ほとんど炭酸は飲まない私だけど、こういうシチュエーションじゃー、コーラ以上に似合うものはないね!


ホントはまだまだいくらでもゆっくりしたかったのだが、そろそろGioの我慢が限界そうだったので、早々にアウトレットへ向かう。
そして、はりきってあちこちみてまわったのだけど、、、 
ぬー、なんか、あんまり安くない。
一応、ここまできて手ぶらで帰るのも悲しかったので、私はコート(\39,000→1万円)を、Gioはフーディー(\27,800→1万2000円)をひとつずつ購入したけど、どちらもわざわざこんな遠くまで出てきて買うべき商品だったかなぁ。。。



後から考えたらわかるけど、残念ながら、今回は時期が悪かった。
だって、まだ街中だってバーゲン始まったところだもん。
大体、シーズン終わりの在庫処分のスケジュールとしては、
街(通常のショップ)のバーゲン→ ファミリーセール→ アウトレットのセール
って具合に順におこなわれている気がするんだよね。
だから、アウトレットのセールを狙うなら、2月中旬~3月くらいの時期が、多分どんぴしゃ。この頃なら、かなり値引率も高くなって、そろそろ原価ギリギリぐらいなんじゃないかって感じで、投売りのタイムサービスなどのイベントもちらほら出てくるし、きっとかなりハイテンションでお買い物が楽しめるはず。

ただし、ホントに売り切れゴメン状態にもなってくるので、お目当ての商品の売り切れやサイズ切れも増えてきて、ホントにほしいものが買えるとは限らない。
また、年によってはめっちゃ季節が早く来てしまってて、もういまさら冬物なんか買っても来年まで出番がない、、、ということになるかもというリスクはある。
それでも、90%OFFとか、60%OFF&2点以上でさらに-10%とか、「お買い物中毒な私!」をアゲアゲにしてくれる仕掛けは、十分だと思うんだよね。。。
(以上、merienda総研のお買い物分析より。)
仕方ないので、また3月にリベンジしようぜい、と励まし合いながらパークを後にした。



DVC00036_20100126003657.jpg
こちらはフードコートで食べた静岡焼きそば。
今回の写真は、オススメじゃなくて、二度と同じ過ちは繰り返さないための反面教師的覚書。
ここのフードコート、ほかに選択肢がないからか、いつもものすっごい込んでて、買うのも席の確保もめっちゃ大変なんだけど、たいていどれを食べても微妙にハズレなんだよね。。。 疲れが倍増する。
以前食べたラーメンも、なんかひどい味だった記憶があるしなぁ。
一体何をチョイスしたらアタリを引けるんだろう??

それと、TO THE HERBSに言いたい!
ケーキやデザート、パスタを販売してて、ホットコーヒーをおいてないっていうのは、一体どういう了見~~!? ってゆーか「温かい飲み物は、ありません」って。。。
ここは何屋で、いまは何月やと思ってんねんオウ!?

お店の都合もイロイロありましょうが、30分近く並んだ後にこの事実を知ったこともあって、ものすごーくがっくりした出来事だった。


DVC00037_20100126003657.jpg  DVC00038_20100126003656.jpg
夕食は、帰り道でふらっと立ち寄った、ちょー地元なステーキハウス
こちらは、なんだかものすごーく落ち着けて、真心たっぷりって感じのあたたかいお店だった。Gioとふたりして「買い物は負け戦、昼食も負け戦で黒星続きだったけど、せめて夕食だけでもまともでよかったなぁ~」と慰めあい、ほっと気分がほぐれた。
その後は、満腹感からくる眠気と戦いながら、なんとか交代交代で運転し、家までたどり着いた。
あんまり収穫はなかったけど、なんだかえらく長い一日だった!
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/31.Thu

大晦日2009

天恩山五百羅漢寺


今年の大晦日は、大掛かりなイベントに参加するのは止めて、ふたりでひっそりアットホームに過ごそうね、と決めていた。
というのも、毎年Gioは29か30まで戻らないし、元旦からはお互いの実家を行き来するため、お休みとはいえ年末年始はとーっても慌しいのだ。
さらに、今年はなんだか私も仕事が忙しくって、、、ぎりぎり29日まで働いてしまった。
結局、年賀状はなんとか投函できたものの、Gioが出張から帰ってくるまでに済ませておくつもりだった大掃除は完了できず、この日も朝から水周りを磨いたり、換気扇をはずしたり、冷蔵庫を掃除したりと、結構てんてこまい。
クリーニング店と、灯油の買出しはGioが手伝ってくれて、すごーくすごーく助かった。。。
この気が狂った寒さの中、本当にありがとう!


そんなバタバタも夕方にはひと段落。
すっかりきれいになった部屋で、ガンガン暖房炊いて、まったり。
今年の年越し蕎麦は、先日好評だった「つゆしゃぶ」スタイルが採用された。


ハフハフ、あったまるぅ~
そしてもちろん食べ過ぎる。
大晦日だというのに、この満腹ぶりったら、如何なこと!?
うーんうーんとうなされながら、ふたりしてコタツでごろごろTVする。
そしたら、いつの間にかふたりともホントに眠ってしまい、、、
ハッと気づいたら、もう23時半。
!? え、え、えええ???
ヤバイ!と、あわてて除夜の鐘参りに飛び出したけれど、結局路上をチャリで失踪している間に年が明けてしまうという体たらく。。。
ちょっとぉ、新年早々、なんつー幕開け? おまえのせいだあー! いやおまえのせいだあー! と、お互いを罵倒しながら、目黒不動尊の羅漢さんへ向かった。
東京のお寺はなんだか営利目的な感じが強いというか、ハデなイベントになってるかわりに、どこも結構要予約だったり、さらには有料だったりして、なんのこっちゃと思っていたんだけど、ここは無料で鐘突きをさせてくれるうえに、甘酒などのふるまいもあって、よさそうだったのだ。

DVC00026_20100125225020.jpg
うりゃ

DVC00025.jpg
もういっちょ


もうとっくに24時を越えてるのに、来た人は全員突かせてくれるっていうのがゆる~くていい感じ。
なんとなく、除夜の鐘突きをしないと、「今年が終わる」感じがしないんだよねぇ。。
深々と冷え込む中、ひとも混みすぎてなくて、非常に落ち着いた空気。ああ、とっても大晦日だわ。。。
一人ずつ鐘を突かせてもらい、帰りがけにはやたらファンキーなお守り(なんか色がかなり原色だったの、、、アフリカンフォークアートっぽい配色?)までもらって、大満足!
あんまり時間がなかったので、羅漢さんたちはさーっと見流してしまったのだけど、こんなに規模の大きな羅漢像は初めてかも!? なんてったって500体。
私は、羅漢像はもちろん、とかく「たくさん物が集まっている様子」というのがそもそも結構好きなので、また時間のある時にお散歩に来て、ゆっくり向き合いたいなあ。

その後、今度は目黒不動尊に移動して、初詣。こちらの神社は、とっても派手で人出も多かった。


私は、神社でお願いすることは、いつでも一緒。

「私と、私の周りの人が、苦しいことつらいことが少なくて、楽しいことうれしいことで一杯になりますように。」

具体的にオーダーするほど、いろんなことがわかってるわけじゃないし、自分の身に余るような大きな願い事もできない。
私のこの手はホントにちっちゃくて、こうやってうーんと手を伸ばして、ギリギリ届くぐらいの狭い世界のことしか、面倒見れないから。
でへへ、とっても「世界の中心は私」なオーダーでごめんにー。


2010年も、楽しいことうれしいことで一杯になりますように。(私と、私の周りの人が。)
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(4) | Trackback(0)
2009/12/12.Sat

BBQ Party

大人になるまで気づかなかったが、うちは父母ともに、自宅にひとを招くのが大好きだ。
幼少期から、当たり前のように週末にはよその人が大勢集い、飲み食いしたりゲームをしたりする家庭に育った。
最近は、海外からの出張者が来るたびにBBQをやっているらしい。
ガイジンはパーティー大好きで人見知りはあまり心配ないし、うちのメンバーは全員英語orスペイン語が話せるから、気楽に楽しめるんだろうね。
私や妹にもお誘いをかけてくれる(というか、どちらかというとホスト側のヘルパー要員という位置づけでもある)ので(片道2h、往復1万5000円かかる所に住んでいるのに、だ!)、都合のつくときは、これも親孝行と思ってなるべく参加するようにしている。

今回は、アルゼンチンからのお客さんがメイン。
それ以外にも、年明けから海外駐在に出る方、父の会社の部下たち、母の友人(外国人)など、総勢12名(うち、ホスト側は父母+私と妹の4名)で集まることになった。

☆menu☆

サラダ
レンコンの和風マリネ
イカとセロリのマリネ
ハモン・セラーノ
トルティーヤエスパニョーラ
BBQ各種(牛、豚、鶏、海老)
ロールキャベツと冬野菜のコンソメスープ煮
シーフードパエリア

焼き菓子
コーヒー紅茶


写真のことはすっかり忘れてしまっていたんだけれど、、、
サラダと、レンコンのマリネ、スープ煮は私が作った。
レンコンは、最近私がGIO家で覚えた料理だから、母も初体験の味で、へえーおいしいねーと感心していた。
私も、母も、すっぱいものが好きなのだ。
(思えばちょっとメニューが偏っている^^;)


パエリアは、端のほうに鍋をセッティングして、最初から仕込んでおくと、ひとしきりお肉類を楽しんで置き火になった頃、ちょうどいい具合に焼きあがる。
以前もやったところ評判がよくて、リクエストがあったということで、今回は結構メインイベント扱いだった。

DVC00006_20091228110602.jpg
母のpaella del mariscos。
ど~んとご登場☆ 横から流れてきたのか、なんか煙でモウモウしてる!

DVC00007_20091228110601.jpg
あわてて撮りなおしたけど、もう盛り付け始めちゃってて、崩れている。。。


パエリアは結構ぶっつけ本番というか、、、特にこうやって外で作ると、どうも仕上がりが安定しないので、できあがるまで(私とは母は)割とドキドキしている。今回は、無事に成功してよかったぁ~



我が家でBBQなどをするときは、火(炉)の番は父が担当する。
数年前にお手製のBBQ炉(レンガ製)を設置してからは、そこが定位置で、ワインをちびちびやりながら終始火の具合をよく調節してくれている。
肉をはじめとする食材関係の管理、進行の指示(どのタイミングで、何をどれくらい出すか)は、母が担当する。
買出しや、ドリンクの準備は、パワーのある(!)妹が率先して行ってくれる。
また、材料の下ごしらえや、サイドメニューの準備など、キッチンは主に私と母で。
さらに配膳やこまめな食器交換、料理を運んだり飲み物を注いでまわるなどの、現場のあれこれは、私と妹が随時気を配るようにしている。
※ 少女だった頃は、こうして私たち姉妹がちょろちょろして愛想をふりまくと、とても喜ばれたのだ。
いまとなっては、とーってもトウのたったお嬢さんたちになってしまったが。。。

それぞれが得意なことを率先してやっているうちに、いつしかこのような分担ができあがった。
特に話し合ったり決めたりしなくても、それぞれが勝手に自分の「持ち場」を守るようになっただけなのだけれど、意外とそこそこうまい具合に能力がかみ合っているのかも。
最近は、私と妹はどちらかor不在なことも多いので、そうすると父母が二人でまわすことになるのだが、いつものつもりでいると、「ああっ今日はmeriendaがいないんだった! サラダがまだ用意してない!」とか、「あっワインが切れてる。。。あの料理も冷蔵庫から出し損ねた。。。 妹がいないと忘れちゃってダメねー」などという感じで、ちょっとバタバタしてしまうらしい。
今回は久しぶりの全員集合で、なかなかにスムーズに進めることができ、ゲストの皆さんも楽しんでくれたし、おかげで父母も大満足だった様子!^^
楽しくて、おいしくて、皆が満たされた一日だった。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/06.Sun

FIVEFOXesのファミセ

Gioのスーツ、ここ数週間探しに探して、、、
こんな結末が待っていたとはねー。
結局、なんと通りすがりのFIVE FOXesのファミリーセールで済ませてしまった!
本人曰く、「決め手は、値段。」だそうな。
もう、「コレ!」って気に入るものがないっていうのは嫌というほどわかったから、じゃあどうせ妥協するなら、ちょっとでも安いものがいい、、、ということらしい。

それにつけても安かった。ほとんどの商品が70%off。
スーツを2着と、ワイシャツ3枚、ついでに私が衝動買いしたセーターが2枚で、3万でお釣りがきた~~!!!
いいのかな、旦那にこんな安い服着せちゃって、、、
Gio、いい大人(おっさん)なんだけど。^^;
あまりに安すぎて、罪悪感というか、不安にかられる。
ま、本人がいいといっているから、しばらく様子を見るか、、、
ドメスティックかつ若者ブランドだから、すげえ細身!
ある意味とっても若く見えるともいえるなー。

ま、でもさすがに生地は結構ぺらってる^^;から、この先あまりによれっとしてくるようなら、今シーズンのみの着用にしてもらおうっと。
それでもじゅうぶん元が取れるくらいの値段だし。


ところでFIVE FOXesって、ホームページないんだね。びっくり。
今回残念ながら次の予定があり、あんまり時間がなくて、ほとんどスーツコーナーしか見れず終い。
紳士物も婦人物も、とにかくすっごくお買い得だったから、また行きたかったんだけど、こちらのファミセは招待状とかの登録はなく、関係者のみに告知されるものなんだってー。
むむむ、また通りすがるしかないのか!
(今回は、千駄ヶ谷小学校の向かいあたりの、本社の1Fショールームでやっていた。誰でも入れた。)


その後、渋谷で一本映画(何を隠そう二度目の「曲がれ! スプーン」。私の個人的な思い入れとは裏腹に、会場はガラガラでがっくし。でも、Gioは喜んでくれたのでよしとしよう。。。)を観て、再び仕事に向かったGioと別れ、ひとりでふらっとラーメン。
渋谷のつけ麺大臣にて。
へんな名前で、前から不審だったのだ。


DVC00042_20091210224511.jpg
鶏醤油つけ麺+野菜とたまご

甘い! つけ麺らしいつけ麺だった。定番中の定番って感じやね。
さほど好みではなかったので、最近ちょっと見直しつつあった「つけめん」という食べ物の評価が微妙に下がる。
どうも私は、中目黒の「三ツ矢堂製麺」、広島「ばくだん屋」、それからつけめんとはちょっと違うが「東京油組総本店」の油そばなど、甘すぎないとこのほうが好きみたい。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/10.Sat

農民カフェ/下北散策

オーガニックカフェ「農民カフェ」

Gioにはちょっとお留守番してもらって、今日もnicoと待ち合わせ。
雑貨や洋服など、買い物メインでいきたいというので、先週も行ったけどまたもや下北沢へ。
やっぱり女同士、たわいもないおしゃべりしながらのお買い物は、めちゃくちゃ楽しい!
同じ場所でも、Gioと来るのとは、全然風景が違って見える。
Gioは私の買い物にははっきりいってまったく興味がないし、気が短いから、待たせておいて自分がゆっくり見るってわけにもいかなくて。
彼と一緒のときは、彼の気分優先で動かないと、機嫌を損ねて面倒なことになるため、私が自分の好奇心アンテナを知らないうちにoffにしてるんだなー。。。と改めて気づいた。
若い子カップルが、女性の洋服しかないような店でも素直に彼女の買い物につきあって、あーでもないこーでもないと楽しそうに見てくれてるのとか、びっくりすることもあるけど、ちょっとうらやましい。

おしゃべりしながらあちこち歩き回って、これまで入ったことのなかったお店もたくさん見つけた。
すごく新鮮! ホントに楽しくて、時間が経つのも早い。
気づいたらもうランチタイムも終わりそうなので、あわててお店へ。
ここは、先日通りかかって、ムムッとチェックしていたお店なのだ。

DVC00008_20091014231442.jpg   DVC00009_20091014231441.jpg
ランチプレート           友達の家みたいなくつろぎ感


お野菜料理ばっかりだけど、おかずの種類が多くて、どれも素材の味がよく活かされているので、食べ飽きなくておいしい!
こーゆー店も、Gioとは行けないもんなぁ~~(肉とかがないと、不機嫌になる)
実際、かなり女性率高かった。
大きな窓も、お庭もすっごく気持ちがいい! ソファ席だったので、すごーく楽チン、ゆ~ったり。
nicoがもっと時間があったら、ここで延々しゃべってたかったくらい。。。
でも、残念ながらメニューにデザートやスウィーツ類はなかった。
名前に「カフェ」って入ってるけど、なんだかあんましカフェっぽくないなー。?
あと、店員さんがみんな普段着過ぎて、客と完全に混在していたのがおもしろかった。



DVC00006_20091014231443.jpg   DVC00007_20091014231442.jpg
モチモチの白たい焼き      趣味ドストライクな看板 カワイー

店先でかじるたい焼きの甘さに、疲れを癒される。
こういうちょっと行儀の悪い食べ歩き、大人になるとなかなかやる機会がない。(そもそもそんなにおなかもすかないし。。。)高校時代の下校時を思い出してしまった。
山本文緒の「みんないってしまう」じゃないけど、古い女友達との関係性というのは、時間の流れを越えたところにあるのかもしれないな。

みんないってしまう (角川文庫)みんないってしまう (角川文庫)
(1999/06)
山本 文緒

商品詳細を見る
私の読んだ初めての山本文緒作品。続けて「恋愛中毒」を読み、完全にハマッた。。。

ところでここの白いたい焼きは、なんだか新感覚!
普通のたい焼きのような、ふわっとしたカステラ状ではなく、どっちかというとモッフルに近いような、むちーっとした食感。いやむしろ餅。
「黄金たいやき」という、あんことクリームの両方が入っているものを選んだんだけど、甘すぎずくどすぎず、とってもおいしかったー。
しかも、モチなので食い応えがある。一匹でも結構おなかいっぱい。

中身のない「白焼き」というのが、気になるような、、、
うーむますます餅っぽい!?
一時期モッフル流行った際に、喜び勇んでさっそくワッフルメーカーで餅を焼いてみたんだけど、なんだか全体的に揚げおかきのような、サックサクな感じに焼きあがってしまい、まずくはなかったが期待ほどでは、、、という印象で、リピはしなかったんだけど、時間短めにして、こういうもっちりした感じに仕上げればいーのか、と学習。たいやき型もついてるタイプなので、今度やってみよっと。

Vitantonio バラエティサンドベーカー PWS-1000Vitantonio バラエティサンドベーカー PWS-1000
()
Vitantonio (ビタントニオ)

商品詳細を見る
あーコレコレ。なんでもあるなあamazon。私は何年か前に、カードのポイントでもらったのだ。



ふ~一日中歩き回って、もう足が棒。
いっぱいお店も見れて、いろんな話もできて、ホントに充実した休日だった!
あれからさらに新幹線だったnicoも、ホントおつかれさま。いやー、元気だね~。私も枯れてる場合じゃないな。
快くお留守番してくれたGioにも、感謝、感謝。
彼の好きな、フルーツの入ったロールケーキを買って帰った。


DVC00027_20091014233532.jpg
アンティークショップで購入したバスケット。
ずっとベッドサイドのごちゃごちゃが気になっていて。大きさもテイストも、BINGO!で、ソク買い。
他にもクダラナイ雑貨や食器など、またもやいろいろ散財してしまったのだった。。。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/09.Fri

ファストファッション祭り

幼馴染のnicoが、研修で上京するというので、何年かぶりに会うことに。
改めて考えてみたら、、、10年はいってないと思うけど、それでも2002~3年ごろから、ずっと会ってなかったかも!? なんだかめっちゃ久しぶりで、ワクワク☆

待ち合わせ場所に現れたnicoは、想像より、ずっとずっとキレイでビックリ~~!
えーっ、なんで全然老けないの~?
っていうか、むしろ昔よりも断然キラキラして、輝いてる感じがする。。。
魅力的な女友達がなんだか嬉しくて、妙に気分がアガる。

ゴハンにはまだ時間があるし、流行りモノをちょっと冷やかしたいというので、そいじゃーと原宿のファストファッション交差点へ行ってみた。
ご存知の方も多いかもだけど、この近辺には、TOPSHOPH&MFOREVER21GAPZARA、、、といった、安カワショップが、これでもかーとこぞって万博状態に集まってるのだす。

ちょうど、このエリアがオープンラッシュの開店フィーバー状態で、行列しまくってた頃にさっそくのぞきにいって、「フ~ン、ま、実際のとこ、あんまし買いたいものはないな。」という結論に至っていたので、今回はnicoのために、「オツキアイ」でいってみよーというつもりだった。
レストランの予約まで、2時間半くらいあるから、数軒をささっと冷やかして、その後お店までお散歩気分でてこてこ20分くらい歩けば、おなかもすいてちょうどいいかな、って。


さっそく、中でも一番盛り上がってるゲなFOREVER21へ突入。
エレベーターで最上階まで上がって、くるくる下りてくる方式で、サクサク行こうぜい!ってことで見始める。
そしたら、、、

あれれ? こんなに安かった???
今年こそひとつほしいなーと思ってたスキニージーンズ、おっと980円!?
この秋色のニットも、え、890円!?!?
キャミソールなんて、、、に、280円!?!?!?


カゲキなお値段に大ショック~~!
こんなに安かったら、衝動買いして、もしかして今年しか着なかったとしても、なんかあんまり胸が痛まないような。。。
えーどーしよ、今日は買う予定じゃなかったんだけど、、、 ヤダ、このワンピもかわいいじゃん。えっ2000円もしないの!?
ヤバイ、コーフンしてきたぁ!

ハッ!
気づいたら、一切買うつもりなかった私、いつの間にか両腕いっぱいお洋服を抱えてる~~!
ヒーッ!
もちろんnicoのショッピングバッグも、てんこ盛り満タン!
え、えらいことになっちゃった。。。
ソッコーでレストランの予約はキャンセル。この調子じゃ、全然間に合いそうもないや。


その後、ふたりしてあーでもないこーでもないと言い合いながら試着して吟味を重ね、大分ふるい落としたけれど、最後は多少サイズがあってなかったりしても、まーいいかこの値段なら、、、と思って、結局ニット×3枚、ジーンズ、ブーツをお買い上げしてしまった。でも、これだけ買っても、total9000円弱。
ぬぬ~やられたー。すっかり侮ってた。
友達のつきあいどころじゃないよ! すっかり自分がアゲアゲになってしまった。
ああ~またGioに嫌味を言われてしまうよう~~ しまうとこもないのに。。。

とはいえ、やっぱすごく盛り上がった! やっぱ、買い物は、女子と行くべきだよね、断然。
ありがとうnico!



DVC00030_20091014230945.jpg   DVC00028_20091014230946.jpg
TOTAL7500円ファッション    いつもの古着のスカートも新鮮!
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(3) | Trackback(0)
2009/10/04.Sun

九十九ラーメン/往復3時間のサイクリング

季節のいいこの時期は、チャリンコに乗るのが楽しい。
しかし東京ってなんでこんなに坂だらけかね~~!?
ヒイヒイ

まずは腹ごしらえから。
未だに、いつ行ってもよく行列している九十九ラーメン

DVC00012_20091006113135.jpg
まる究(マルキュウ)ラーメン 900円

乳製品マニアの私は、このチーズの入ったとんこつラーメンがとにかく大好きで!
他の店では食べられないので、こんな近所のくせにぃー、、、と、並ぶのもちょっとくやしいけど、でもやっぱり定期的に行ってしまう。
ただし、マルキュウ以外のラーメンは別に普通なので、売り切れ(限定200食なんだと~)の日は行かないのが自分ルール。
いちいち行く前に電話確認したりして、相変わらず自分の食べたいものに対しては、どこまでも欲求に忠実な私なのだった。。。
夜遅くだと、たいてい売り切れているが、ランチタイムならまず大丈夫。ついでにトッピング×2点もサービスになっておトクだし。
昔は、この上にさらにモッツァレラチーズの厚切り片2枚が乗っていて、さら~に濃厚で、個人的には大満足だったのだが、いつの間にかなくなってしまったらしい。
最初は入れ忘れたのかと勘違いして憤慨したけど、最近は一抹の寂しさを覚えつつ、まあこのスタイルにも慣れたかな。。。って感じ。まわる~ま~わる~よ時代~はまわるぅぅ~~


そんなわけで出だしからいきなり食べ過ぎ気味。
消化を促進するため、がんばってチャリ漕ぐぞ~!ということで、下北沢まで行ってみることに。
片道5kmに足らないくらいかな?
渋谷駅の周りはやたら車が多くて死にそうになるので、なんとか迂回ルートをと考え、旧山手通りからの抜け道にチャレンジ。
ん、結果、危険度は減ったかもしれないけど、やっぱり坂だらけでしんどかった。。。

神泉の交差点を越えてから、今度は淡島通りを抜けていく。初めて通ってみたんだけど、なんだかすかーっとしてて、気持ちいい道だねぇ! ちょっとL.A.っぽい?(言いすぎ)
途中でめっちゃきれいなマンションがあり、オープンハウスをやっているという。周りの環境がすごくよかったので、ちょっと冷やかしに立ち寄ってみた。
どうみても分譲っぽいのに、オール賃貸なんだって。えぇ~そうなんだぁ!
中もめっちゃきれい! 賃貸なんて、なんだかもったいないよ~ いつかここから出て行く前提なんて。。。
しかしながら、、、高えぇぇ!
安くはないだろうと思ったが、予想を大幅に上回る家賃に激しく動揺しつつ、必死に平静を装いあう私たち。ホントに冷やかしだけになってしまったが縁もないのに長居は無用、見学も10分とかからないまま、ボロが出る前に尻尾を巻いて逃げ出すべし~、だっ!
きゅ~ん。。。
あ、あんな家賃払って、生活成り立つひとが、いまの東京にそんなにいっぱいいるのかな~?
(いやいないからこそ、空室だらけだったのかもしんないけど、、、)
なんかもう、家賃だけであんなに取られたら、もう生きてくだけで精一杯になりそう。。。

気を取り直して今度は川沿いの散歩道をのんびり進むことに。
桜並木、春は相当きれいなんだろうね~。
この並木の両側に並ぶ、こじんまりした一軒家もいいよね! などとおしゃべりしながらサイクリング。

別に私たちは、本気でこのエリアに住もうと思っているわけでも、すぐに引越しやマンションの購入を考えているわけでもない。
あくまで「つもりごっこ」。
新しい街、新しい道を通るときは、勝手にこの場所に住むつもりになってあーだこーだ言い合うのが、私のささやかな楽しみなのだー。ぐふふ。
ちなみに間取りを見たり、空室情報を検索閲覧するのも好きだったりする。
掘り出し物物件を見つけると、無性にコーフンして、自分は用がないもんだからなんだかすごく損をしてる気になって「ああーもー誰でもいいから知ってる人に紹介したい~!」とか思ったり。なんでしょう、この引越し体質。。。


ふらふらよそ見しすぎて、ちょっと迷ってしまった。下北に着いたら、もう3時半。
お店をのぞいたり、お茶を飲んだり、立ち読みしたりと、いつものように楽しくぶらぶらする。
しかし! 今日はこの後帰り道がある。。。
いつまでも遊んでいるわけにも行かず、適当に切り上げて帰路に着いたのだった。
あとから考えてみると、結構チャリったし歩いたし、いい運動になった。(気がする)
なのに、かなりゆるゆる走ってたせいか、あんまり筋肉痛を感じない。
遅れてくるだけだったりして、、、ひぃー

ま、とにかくチャリンコは、呼吸が苦しくならないし、足腰がすぐに痛くならないのがいいよね。


DVC00013_20091006113134.jpg
NOCEで見かけた棚。よさそう、、、 値段も手ごろ。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/22.Tue

大喧嘩とくりごはん

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方)
2009/09/21.Mon

高尾山、すうぷ屋

お天気がいいので、ちょっくら高尾山へ登ってきた。
珍しくこれはGio提案の企画。
私の提案した勝沼のワイナリー巡りと、どっちにするか迷ったんだけど、肉を焼きつつ協議の末、ワイナリー企画のほうは、ワイン好きなムサカ夫妻or妹夫妻と行く方がより楽しめるやろ、ということで、次回以降に持ち越すことに。
ま、私といえば万年運動不足気味だから、山登りもちょうどいいか!
前に、サイバラの漫画で高尾山登山の話を読んだことがあって、結構ベビーカーとかでもホイホイ登れちゃうみたいなことが書いてあったから、多分私でもなんとか頂上までいけるやろー、と予測、そんなに心配もしてなかった。



井の頭線から乗り換えて、京王線。
出発が遅くて、すでに11:00過ぎていたと思うんだが、服装から判断するに、どう見ても同じ目的の乗客がいっぱいいる。。。
エー、山登りなんて、みんなちゃんと朝から出発して、とっくに登ってる時間じゃないの~? こんな時間からなんて抜け作なことやってるの、うちらだけかと思ったのにねー! なーんて話しながら、到着してみたら。。。

う・わー!
駅、ばば混み!! トイレに立ち寄ったら、20分待ち!!
確かに連休だし、秋晴れのいい日だったけど、いま話題のスポットでもなんでもないはずだし、ここまでフィーバーしてるとは、想像してなかったーー!
とにかく人がわんさかいて、外なのに息苦しい程なので、早々に駅から離れることにする。
でも、駅から離れても、参道のほうもずーっと人波が続いてる。
なんか、センター街とか表参道とかみたい。。。
と、とても山にハイキングに来た状況とは思えない~!
あ、わかった皆参道奥のリフトとかに乗るんだよ、あの乗り場を過ぎれば、急に空くよ!
ああー早く森林浴をして、マイナスイオンとフィトンチッドをむせ返るほど浴びたいーっ!!


。。。甘かった。。。
リフト乗り場を過ぎて、山道が始まっても、全然人が減らん。。。!
ぞろぞろ人間が詰まってるので、あちこち景色を見まわしたり、自分のペース歩くわけにもいかないのー!
もちろん抜いたり抜かれたりもするけど、基本的には前の人の後を着いていく、、、って感じの歩行。
なんなのこれ!? 縦列行進?? つか、全然、気持ちがリフレッシュしない。。。

結局、山頂までず~~~~っと人波のままでした。
途中で神社やら売店やら休憩所やら、いろいろあったんだけど、どこも、メチャ混み!!
もうげんなり。。。
なにをするにも行列しないといけない始末で、はっきし言って山の良さ、ゼロだね!
ずっとゆるやかで、よく整備もされているから、軽装で気軽にハイキングを楽しめるのはいいけど、これはちょっと、違うやろ~~~!
だって、山に来て、どこもかしこも人だらけって、、、一体何事!?
この日だけが特別だったのかわからないけど、、、(でも、特別なイベントとかのある日ではなかったよ)
でも、特別な告知もしてないのに、この集客力はある意味すごいかも。

さらに、帰りのリフトは1時間待ち!(ちなみに歩いて下りたら40分の道程。)
うぇぇぇぇ~~~~~!
行きはがんばって脚で登って、帰りはさっさと景色でも見ながら下りてくるつもりだった私たちは、もう大ブーイング!
でも、あの被災地みたいな状態で順番を待つか、自分の足で下りるか、選択肢はふたつしかないの、、、ぐぬぬぬ、、
ということで、渋々ながら往復とも全行程を徒歩でこなす結果となり、往復7kmの有酸素運動をかましてしまったのだった。
最後、もう膝ガクガクだったっつーの!


人混みがひどくて、あまり写真を撮る気力もなくて、、、
DVC00004_20090926123933.jpg  DVC00013_20090926123933.jpg  
これは、上のほうにある神社。
巨大な面も、像も、どちらも天狗と鴉天狗が一対になってんの。かわってるー。
ホントはなんか由来とか知りたかったなぁ。

DVC00014_20090926123932.jpg
頂上にてお弁当。
え、こ、ここが、ちょ、頂上~?
普通さー、頂上ってゆったら、もうちょっと見晴らしとか、、、
今日は、1から100まで裏切られたね。


力尽きて、最後は渋谷でごはん。寒かったので、なんかあったかいものを、、、と、ファミレスもどきにかけこんでぐったり。

DVC00020_20090923173820.jpg
すうぷ屋

ほっこり、まったり~。。。
やだ、うちのごはんと器が似てる。ちょっとショック。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/06.Sun

一色海岸

今年は予定が一杯過ぎて、一度も海へいけなかったー!
もう9月だけど、まだ天気はじゅうぶん夏の日差しな感じだったので、突然思い立っていってみることに。
私たちがこうしてテキトーに海へ出かけるときは、いつも葉山方面。
ダラダラしてビールを飲んでるばっかで、なんか元気に泳いだりとかするわけじゃないからね~。
森戸海岸とかはチャラくていやだ!とGioが強固に主張するので、御用邸のある一色海岸まで足を延ばしている。私は、あのレゲエバーとかも、嫌いじゃないんだけどな。。。

DVC00010_20090911104043.jpg   DVC00016_20090911104043.jpg
ビーチに抜ける小道が風情あってステキ

急な話だったため、出発が遅くて、着いたらもう14時半。。。
ま、このゆるさがいいのだよ~。
ホントは早起きして、朝のうちから出かければ、日差しもやわらかだし、時間ももっとゆっくり楽しめるのはわかってるんだけどねぇ。



DVC00018_20090911104042.jpg   DVC00017_20090911104042.jpg
初秋とは思えない日差し     マック食べてます^^;

マックごとき、、、と思うんだけど、外で食べると変においしいから、嫌になっちゃうなぁ~。

ところで、、、
なんと海の家は8月いっぱいで営業を終了していて、この日はどこも、せっせと解体作業中。
うう、少しだけそんな気はしてたんだけど、、、 まだ暑いんだし、一軒くらいやってんちゃう?と、希望的観測に基づいて行動したのがアダになり、ビールを入手できず!!!(T_T)(T_T)(T_T)
これは、海に行く=ビールを飲みながら、昼寝して読書。というスタイルの私たちにとって、ここまで出向いた意味が半減してしまうほどの大きな痛手となった。

さらに追い討ちをかける出来事が。
ちょうどすぐそばに、ノルウェー大使館のみなさん(北欧っぽい外見、言語が英独西仏蘭以外だったこと、車が外交官ナンバーだったという事実を総合した勝手な推理。)が陣取っていて、ミニBBQセットみたいのを広げてるの。
2家族プラス独り者×3名という、なかなかの大所帯だったんだけど、彼らがさ~~~~!
水から上がっては、ソーセージをジュ~、昼寝から起きては、鶏肉をジュ~、、、といった具合に、ずっと何かを焼き続けてるのだ~!
そんで、もちろんクーラーボックスも完備していて、プシュッ、プシュッっと、次々缶を開ける音がするわけ。
ぐおおお~うらやましい~~~!
もう、恥をしのんで「2本分けてください」って言おうかどうしようか、真剣に悩んだね私。

ま、たまにはノンアルコールなのもいいか。

数時間の間、気持ちよ~くお昼寝してたら、もう夕暮れ。(だから出だしが遅いんだって^^;)
そこそこいい具合に甲羅も干せたので、帰ろうとしたところ、バス停の近くになんとよろず屋を発見! ナヌー!! 知らんかったっ!
いまさら、、、とは思いつつ、それでもビールと乾物を買い込んで、なんとか帳尻を合わせたのだった。
ふうー、次は、また来年かな。ちょっと名残惜しい。


DVC00019_20090911104042.jpg
帰り道、ちょうど夕日が沈むところに遭遇。
あれは富士山だよとGioに教えてもらって、ビックリ~!
地理オンチなので、海を隔てて富士山が見えることがとても信じられなくて、驚愕!!!!
写真だと、全然わかんないな。残念。太陽の右側にあったんだけど。。。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/05.Sat

ワンピース×3着=3280円也。

まだまだ暑い日もあるけど、ちょこちょこ涼しい日も増えてきたし、特に朝方の気持ち良さったら、ない。
季節が、ゆっくり秋に移り変わってく今の時季、一年で一番過ごしやすくて、好きだな。
私が清少納言だったら、「秋はあけぼの」だ。春は、えーっと、、、昼下がり?
風情ナッシング、、、 でも、お昼寝にちょうどよくって、最高に気持ちいいんだもん。


そんなことはさておき。
涼しくなってきたので、少し秋冬物の洋服を探しに行ってみた。

DVC00012_20090910002712.jpg   DVC00013_20090910002711.jpg   DVC00014_20090910002711.jpg
1000円(半そで)          1980円(七分袖)          300円(半そで)


結局、本来の目的を忘れ、またしても半そでの柄物ワンピを2枚も買ってしまった。
だってだって、激安だったんだもの~!
特に一番右の虎柄みたいなやつ。300円って、布代にもならない!
こうしてみると、相当個性的(というか、ストレートにいうと変)柄なんだけど、試着してみたら、案外と悪くなかったので。。。

かろうじて七分袖のも一枚購入したけれど、この地色で、デザインが胸元ボウタイなので、レトロというかなんというか、、、
あ、そうそう、スチュワーデスと呼ばれていた時代の、CAの制服みたい!
うまく着こなせるかな~!? 楽しみ。


DVC00011_20090910002712.jpg
そのままユニクロに立ち寄って、合わせてベルト(1500円)を購入。
合計1800円ファッションの完成~~
引き続き、ワンピ熱続行中。

こうして「安い買い物自慢」をするのは、関西人の特徴らしい。
初めて関西圏に住み始めた頃は、友達がすぐに「これいくらやったと思う!?」と聞いてくるのが不思議でしょうがなかった。高いものじゃなくて、安いのを自慢するんだぁ~。。と思って。
今では、私も余裕でやってしまうようになりマシタ。。。ハハハ



夕食はまたしてもすぱじろう。
もう冷製パスタも食べ納め~と思って行ったのに、別に限定メニューじゃなくて、通年食べれるらしい。なぬー! 予定が狂うじゃないか。(至って勝手なクレーム)
DVC00009_20090910002822.jpg
奥は、Gioの頼んだメランザーネ。こちらもまたうまし。

隣の席には、すでに食べ終わった女の子3人。
どうやら、内のひとりの恋愛話で盛り上がっている。なんか結婚するか、しないんだったらもう別れるか、、、みたいな話。
しばらくして彼女たちが出て行った後、Gioが「すごいね~、やっぱ女の子って、あーやって恋愛の話するんだね~!」だって。ああそうだよするともさー!
女同士で会ったら、8割方恋愛関連のおしゃべりしてるよ。何時間でもできる。。。へへへ
男同士は、ほとんどそういう話はしないんだってー。ヤッたかどうかとか、付き合うことになった報告程度なんだって。(しかも、楽しみというより、後でトラブルにならないためのリスクヘッジとしてだそうな)
つまんないね、男の友達づきあいって!

しかも、これから食べるのかと思ってたら、実はすでに完全に食べ終わった後で、突然「じゃ、そろそろいこーか」と、席を立ったことにまたびっくりしたんだってー。「エエッもう食べ終わってたのに、それからあんなに長居してたの!?」って。
女子は、食べ物がなくなってからも、ダラダラおしゃべりするんだようーー! それが楽しいのに~~!

やっぱり、いくつになっても、女友達は大切にしたいなあ。
友達と経験は、私の財産。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(2) | Trackback(0)
2009/07/28.Tue

軽井沢の休日(序章)

軽井沢には、Gio家の別荘があるというのは、ずっと以前から聞かされていた。
そりゃまたなんともブルジョワジーな。。。と思いつつ、これまでどうも行く機会がなかった。
(私たちは車を持ってないせいもあって、そのあたりの機動力に欠けるのかも。)
今回初めて行って来たのだー!

DVC00001_20090727121256.jpg
おお、70年代な感じ^^;

そ~っとドアを開けると、ぷんとかびくさい、古い家特有の空気。
さっそくあちこち雨戸と窓を開けまくり、換気する。
眠っていた家が、急に息を吹き返したみたいになる。
人の出入りのない家屋の、あの独特のよそよそしさって、一体なんなのかな。
ガスと水道を使えるようにして、荷物を開け、とりあえずお茶を入れて一息。

しみじみあちこちを探ってみる。
私が、赤ちゃんの頃に過ごした家屋と、内装の細かい部分などの雰囲気が似ていて、初めてなのにめちゃくちゃ懐かしく、なんだか不思議な感じ。。。
急に脳内トリップしはじめる。




私の生家は、大変昔ながら~の造りになっていて。
中央に庭を配し、それをまわりから囲むように、本家(ほんや)、東の家、西の家があった。
本家と西・東は、それぞれ渡り廊下でつながっている。
子どもの頃は、夜にここを渡るのが本気で恐ろしかったなあ。

本家は、台所と風呂、仏間がメイン。
こちらで寝起きしているのは、主である祖父のみで、部屋は腐るほど余っていたのに、すべてが物置と化していた。
「仏間」というのは、仏壇&お参りのための部屋。都会の人には想像もつかないだろうけれど、12畳overの和室が、何一つ家具をおかずに常に掃除だけは済ませたスタンバイ状態でkeepしてあるのだ~! な、なんという贅沢、、、なんという無駄、、、
浄土真宗では、「定斎(じょうとき)」といって、毎月自宅に僧侶を招き、家族全員が集まってお経をあげる機会があるのだけど、その際にはこの部屋を使う。
学校から帰宅すると、「merienda、今日は定斎だで、仏間に人数分座布団並べといて! 早うせんと、お寺さん来てまうで!」などとよく言いつけられたものだ。
そして仏壇自体は、仏間には置かず、隣接するちょっと小高くなった3畳くらいの板間に配置されていた。もちろん仏壇も大人の身長より高く、幅も一間ぶんは余裕であり、大型クローゼット並の存在感!
歴史があるのは結構なことでございますですが、この規模になってくると、正直メンテナンスも面倒なのよね。。。ぶつくさ。。


閑話休題。

東の家は、曾祖母の家。
この家には、台所はないが、風呂とトイレはあったなあ。
曾祖母の寝室を除けば、本家と同じくその他は使ってない部屋ばかりで、どの部屋もガラクタがぎゅうぎゅうに押し込まれ、彼女が亡くなって数年後に建替え工事をした際には、そのまま明治~昭和博物館が開けるのでは?というくらいいろんなものが出てきた。
当時は価値のわかる人もいないし、とにかく物量が膨大すぎて、誰もいちいち面倒を見れなかったので、古物商に二束三文でまとめてひきとってもらったが、今みたいにネットとか発達した時代だったら、とんだ掘り出し物があったかもね~、なんていまさら思ったりして。。。

危ないまた話がそれかけた。

そして、当時一番新しい建物だった「西の家」は、父母が結婚した際に建てたもの。
ここが父母と子どもたち(私と、妹)の住まいだったのだ。
といっても、やはりこちらにも台所はなく、結局は本家で食事をし、お風呂も済ませていたので、自宅というより離れの寝室という感じだった。
大人部屋と、子ども部屋。
この建物は小さくて、作りつけの収納を除けば、物置部屋になっているところはなかったと記憶している。(もう十分だって?)



なんだか、改めてすごく封建社会な家だったなぁー。
この古くさい家しか知らなかった私は、友達の家などに遊びに行くと、驚くことが多かった。
まず玄関はいると「土間がない~!」
古い家の土間は、それだけで4畳半くらいはあるのだす。

「余ったものを、しまっておくところがない!」
家人が多く、かつ誰もがあまり積極的にものを捨てない家庭だったため、とにかく家中にさまざまなものがあふれかえっている状態が普通だったのだ。

「てゆーかひとが隠れるとこがない!」
おーい!と声をかけないと、どこに誰がいるのかまったくわからない我が家に比べ、メンバー全員がどこでなにやってるか、気配ですぐにわかる。わっ信じられへん! めちゃ便利やし、怖くないやん!


仏壇のチャチさにも驚愕。
もっちろん仏間なんてないし、テーブルに載るような、ちっちゃ~い仏壇が、部屋の隅の扉の中にちょこんとあったりして、「エエエー! こ、これが仏壇!? なんだかお店で売ってるものみたい。。。」と激しい衝撃を受けた。
「お店で売ってる」という感想は、当たり前といえば当たり前なんだけど、当時の私にとって仏壇は、生まれる前からそこにあったような、歴史的建造物みたいなイメージがあったのよね。
でかさといい、古さといい、存在感といい。。。
なので、簡便化されたこぎれいな仏壇は、なんだかすごく違和感があって、こんなとこじゃあ魂も安らげまい、、、などと思ってしまったことをよく覚えている。
とても小学生の感覚とは思えない^^;
賃貸暮らしのほうが長くなった今では、「仏間」なんて、めっちゃ不条理なスペースにしか思えないけど。。。
古い家。よさも、不便さもあったなあ。


いまは、3つの建物、どれも残っていない。
本家はすっかり建替えられ、現代風になった。
(が、仏壇は厳かに持ち越され^^;、仏間も幾分狭くはなったが、いまもちゃーんとある。。。)
西の家は取り壊してしまって跡形もなくなったし、東の家は、駐車場+3LDKのこじんまりした家屋に建替えられている。
シナリオでは、長子である私が婿をもらって、本家の跡を継ぎ、引退した両親がこの東の家に住む心づもりだったのだ。
この両親の野望(?)は、うまくいかなかったのだが、それはまた別の話。
現在は、来訪者の宿泊場所みたいになってる。


ちなみに、ドのつく田舎の話ね。土地建物だけは、いーっくらでもあるのだ。
むしろ、管理と税金が大変。


ああ結局脱線しまくってしまった。次回こそちゃんと軽井沢のことを書こう。


DVC00003_20090727121256.jpg
白糸の滝。マイナスイオン浴びまくり。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(1) | Trackback(0)
2009/07/23.Thu

神楽坂まつり

今年初めて、神楽坂のお祭りに行ってきた。
七緒」の編集の子に教えてもらったんだけど、ここのお祭りはちょっと特別なんだって。
なにが特別って、露店が違う。
いわゆるテキ屋じゃなくて、地元神楽坂の飲食店が、それぞれテントでお店を出してるのだ~!
神楽坂といえば、いろいろと有名なレストランのあるエリアじゃないっ!
その味が数百円で楽しめるなんて、そりゃ行かなくちゃでしょ!


DVC00004_20090725053143.jpg   DVC00005_20090725053144.jpg   DVC00008_20090725053144.jpg
雰囲気出てる?          ほおずき市も開催        プライベートでは、今年初の浴衣 



でも、残念ながら、私たちが期待したようなお店は、あんまり露店はやってなかった。
お祭りの特別メニューはあったけど、、、
露店をやってたのは、もう少しカジュアルな感じのお店(居酒屋とか、ビストロとか)ばかりだったので、ちょっと想像とは違った。
とはいえ、普通のお祭りとは一味違う料理が色々食べれて、結構おもしろかった。
たこの代わりに生麩が入ってて、かつおだしで食べる、明石焼きモドキとかね。
私は、チキンとドライフィグ(いちじく)のトマト煮が、スパイシーでおいしかった。
Gioは、チーズとハムのガレットが気に入ったそうで。
ワインや、白桃入りのカクテルなんかもカップで売ってくれるのよ~ん^^

ちょっと雨がぱらついたりもして、あまりゆっくりとは楽しめない状況だったけど、それなりに気分は味わえた。
お祭り、好きなのよね。でも、まだまだ屋台は大阪のほうがおもしろいなー。
あのゴッタ煮な感じ。ぜんぶ混在、カオスって感じ。。。


今日は、クラッシックな柄行の浴衣×二重文庫で、かな~りブリブリッコの装。
ちょっと気恥ずかしくなったので、頭はシックにまとめてみた。マダ~ム風!?
これくらいのボリュームまでなら、地毛でも出せる。
あ、雨は残念だったけど、逆にあんまり暑くなくてラクだったから、これはこれでアリか。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/20.Mon

きらく亭/KOOTS GREEN TEA/モンタボー

しょっちゅう行きまくっている、これまた私たち夫妻大のお気に入りの焼肉のきらく亭で、初ランチ。
DVC00007_20090720215556.jpg

最初は、通りすがりに何の気なしに入ったお店だったんだけど、安くはないがバカ高くもない適正な値段で、ホントにおいしいお肉を食べさせてくれるので、近くて行きやすいこともあって、いまでは焼肉店の中ではダントツお気に入り! 一番ハマっていた時期は、2ヶ月に一度くらいのペースで通っていた。。。^^;
きっと、お店の人にも覚えられていることでしょう。

私たちは、最近流行のなんでもかんでもやたら脂ののった霜降り肉はあんまり好きではない。
ので、有名店や高級店より、こちらのほうが好みに合うみたい。
こちらのお店のお肉(カルビ、ハラミ)は、脂具合はほどほどで、とろけるという感じではないけれど、じゅーうぶんに柔らかで、肉の旨みがじっくり味わえる。
それと、今日は食べなかったけど、「煮込み」という一品料理がこれまた絶品!
これだけでごはん一杯いけちゃう。。。


夜行くと、大満足で大満腹で、ひとり6-7000円。
(あ、たくさんお酒飲むと多分もっとかかります。私たちは焼肉のときは、ほぼ一杯ずつしか飲まない! 最初っから「ごはん」で、部活帰り仕様^^;)

これがランチだと、腹八分目(いや実際はじゅうぶん満腹なんだけど、お肉は一皿なので、なんとなく気分的に、、、 Gioは「肉をまだ二種類しか食べてないのに!」と、そのあと2時間くらいしつこくぶーたれていた)で、ひとり1000-1500円。
むー、味は同じだったけど、あの、「フー、肉を食ったぁ! もうパンパン!」という、満足感がねぇ~~~。。。
肉食獣夫妻としては、コスパ度外視で、やっぱ夜のがいいかねぇ~という結論に至った。
あーあ、早く、もうちょっと枯れないかなぁ。
いつまでこのような部活メシ道を進むのでしょ~。。。



※ Gioの「肉食」は、ホントにただの食生活の話で、最近よくいわれる恋愛などのタイプとはまったく違いますのであしからず。とにかくなにもかもめんどくさがりで、とっても消極的。時々、誰にも何にもなるべくかかわらないで生きていたい!とか平気でいうような人格。



その後、五反田のTOCまでチャリで往復して、麻布十番のクーツグリーンティーで一休み。
DVC00008_20090720215605.jpg
抹茶パフェとわらび餅セット

満席だったのに、次々お客さんがひっきりなしに入ってきて、すごく流行ってたー。
ただのタリーズのくせに、オシャレぶって生意気よ!(←文句を言うときはなぜかすぐオネエになるGio)


休憩して元気は出たが、ついポロッと保険の話を出してしまい、すっかりGioはご機嫌ナナメに。
この後、閉店間際のモンタボーであわててパンを買って、六本木で映画を観てから帰宅したんだけど、もうずーっとぶすくれてしまってて、お世話が大変でございました。。。
トホホ
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/19.Sun

Gioのサッカーとお義母さんのごはん

時間がなくて、お昼は久しぶりーのココイチ
なんだかんだいって、結構好きなのよね。

DVC00003_20090720215555.jpg
私の鉄板オーダーは、
「200gライスできのこカレー(たまに野菜カレーorなすカレーorチキンにこみカレー)の普通の辛さ、トッピングはうずら卵フライ。あとコーンサラダ。」
もうmerienda定食かっていうぐらい、何年も大抵こればっかで、ほとんど浮気しない。
たっぷりふくしん漬けを添えていただきます。
今日は、季節限定ということでアスパラとトマトのカレーにしてみた。うん、これも夏ナツしくておいしー。
Gioのは、野菜カレーにヒレカツ。
これまでいつも欲望のままに肉on肉をオーダーして失敗してきたけど、私の根気よい指導の下、やっと肉類はどっちかひとつにしといたほうがおいしいと学習したらしい。





なにをそんなに急いでいたかというと、今日はGioの参加しているサッカーチームの試合の日だったの。

DVC00004_20090720215555.jpg
なんか、もう、母の気分。


長年通ってるわりに、ただの一度もサッカーをしているところを見せてくれたことがなくて、「ホントはサッカーなんていってないのでは、、、」という疑惑もあったのですが、このたび何の気が向いたか、突然「みにくる?」というので、(当日の朝だったけど、、、)ワクワクしていってきたのだー。

なんだか常にボールとはちょっと離れたところでチョロチョロしてたり、せっかく「Gioフリーキック(蹴って!)」といわれても、「イヤイヤ、ボクは結構ですんで、お若い方で、どーぞどーぞ」とかいっていつまでもモジモジしてたり^^;で、あまり積極性は感じられなく(?)、私が監督だったらブチ切れたかもしれないプレイぶりだったけど、さすがに長年&今も常に鍛えているだけあって、走る姿はとてもきれいなフォームで、とてもオッサン世代とは思えないカッコよさがあった~!
一度だけダッシュでゴール前に走りこんで来た時があって、その時はおおっ、と一瞬期待してしまった。(結局シュートは打てなかったんだけど)
あーん、もーずっとその調子で、もっと本気でやればいーのにぃぃ!
ま、張り切りすぎて怪我されても困るんだけど。

終わってからは、「今日は、調子が悪かった!」「まだ腰痛が治ってなかった」「暑さと湿度で動けなかった」「22番(仲間)がど下手でパスをくれなかった」「いつもはもっとXXXXX~フギャーッ」など申して背中の毛を逆立てる^^もんだから、エーそうお? すごいかっこよかったよ~! 点にも絡んだじゃん、センスいいよねやっぱ。それによくあんなに走れるね~さすが毎日鍛えてるからかな!? すごくおもしろかったからまた観にいきたーい! と、しばらく高田純子となってtekitoトークでなだめる。


でも、ホントになかなかおもしろかった。
これまでもヨーロッパなどで、なにやらものすごいプラチナチケットらしい試合にも、何度か連れて行ってくれたけど、遠くから、知らない人々の試合を見てても、まあ「フーン、スゴイネー」ってな感じで。。。^^;
ゲームが膠着してくると、だんだん退屈になってうつらうつらしてしまったりして、「価値のわからないやつめ!」と散々ないわれようだった私だが、Gioが出てたら、ずっと点の入らないゲームでも、すごくおもしろかった。
すぐそこでやってることと、あと知ってる人がでてるっていうだけで、あんなに興味がわくとは思わなかったわー。

あ、試合結果は、4対2で勝利~^^ オメデトウ☆
いちお、うち1点はGioのかなーり無理めなパスを、若い子が必死に走ってGOAL決めたので、「ナイスアシスト」ということにしておこう^^




7/19夕食 byGio母
DVC00006_20090720215556.jpg
シーフードピラフ
かつおのたたき
焼きなす
ポテトとコンビーフの重ね焼き
枝豆
サラダ

その後、実家に立ち寄って、シャワーをお借りして、夕食。
どれもこれもおいしかった。。。
低カロリーそうなメニュー揃いだったので、心置きなく食べれて、気持ちよく満腹になった。


今日は、私たちはお手伝いもできなかったので、ラ・プレシューズのプチ・フロマージュをお土産に。
スフレっぽいチーズケーキなんだけど、これがまたちっこいくせに、ふわっと軽くて、チーズの風味満点で、満足度高くておいしーの!
ホントにちっちゃいから、食事の後でもぺろっと食べられちゃうのがポイント。
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(2) | Trackback(0)
2007/08/18.Sat

Gio's birthday

実は、先週はGioのお誕生日があった。
プレゼントは、まだ決まらないそうなので、保留になっているんだけど、ずっと日焼けしたいと言っていたので、都内のホテルのプールにいってきたの。

それがさー、プールの入場料きいてびっくり。
宿泊客だとひとり2000円なんだけど、外来者だとひとり6000円!
さらにさらに、土日祝はひとり1万2000円!!!!
おおっふたりで2万4000円、、、
なんかの間違いじゃなかろうかと思ったけど、ほんとの設定なんですよー。
うーん、そのお金を払ってプールに来るひといるのかな~?
馬鹿馬鹿しくなって、ついでだと思って一泊とまることにしました。
だって素泊9800円プランがあったんだもん。
プール代2000円を足しても、ほとんど一緒じゃないか~
軽く詐欺?

でもどうせ当日も仕事遅いだろうし、ディナーは無理で、ほぼ寝るだけになるんだろうなー。
そんじゃーせめてケーキくらい頼んどくか~ってな感じで、ルームサービスのケーキと、翌朝の朝食を予約しておきました。
バブル期のオヤジみたいな段取りっぷりで、途中から自分でおかしくなっちゃった。



結局、その日はなぜか突発的にメチャ寒い日になってしまい、残念ながらとてもプールという気にはなれなくて、前泊までしたのに、水着にならずに帰ってきてしまったのですが、、、
結果的には、エアコンひえひえ&大ーきなキングサイズのベッドでぐーーっすり眠れて、値千金だったみたい。11時ごろまでスヤスヤ寝てました。日ごろの疲れが一瞬取れたって言ってくれました。
バブリーなケーキの演出も、Gioは「ドラマみたーい! こんなふうにしてもらったの、初めて~!」といって、素直に喜んでくれた。
(やっぱりできなかったけど、、)

※ふたりでなにかイベントやら旅行やらになると、どうしても私がオッサン、Gioがキャバ嬢、みたいな展開になるのはなぜでしょう、、、
実年齢はmeriendaが一個下です。

なんか、ホスト側としては計画ダダくずれって感じで不本意でしたが、メインゲストが喜んでたから、まあよしとしましょうか。。。
そういえば、去年は誕生日が水曜日だったため、まーどうせ遅いんだから何もできないデショ、週末にねと思ってたら、ものすごいグレてしまって、とりなすのに時間と金がかかって大変だったのよー、、、 アア女の子ちゃんマインドのGio。
結局、深夜にあわてて船(ジクー)に乗せて、そこでシャンパンとか飲ませてなだめたんだった。。。
アレッよく考えたらなんか去年もバブリーだなー


今年の誕生日祝いの予算は、ディナー+贈り物で8万以内でおさめたいとひそかに思っていた私。このたびのホテル宿泊で、4万弱かかってしまったので、贈り物の予算は4万くらいだよーGioーー。(読んでないけど)
財布といっていたけど、大丈夫かなぁ、、、
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/08/12.Sun

HALE海's(西麻布)

久しぶりにGioとデート。
今日も仕事だったんだけど、夕方には帰ってきたので、チャリンコでお買い物へ。
ジーンズがほしい!というので、とりあえず六ヒルのESTNATIONへ向かう。
※インポートデニムの充実してる店って、私はここか、渋谷のcocotiか、丸ビルのお店(名前失念)か、、、ってくらいしから知らないんだよねー。
どっかオススメあったら教えてください。

いくつか試着するも、気に入らないということで、今度はDIESELへ。
道すがら、どういうイメージなの?と聞くと、
「山本KIDみたいな、ドカーンって太いタイプの。チンピラっぽいっていうか、ワル~って感じのやつがいい」
とのこと。ハーそっかー、Gio筋肉質だからねー。
そーかそーゆーナルな方向性か、、、ニヤニヤ
わかったよ、じゃあ君のオーダーが悪い。
私にマカセナサイ


「このお店で、一番太いジーンズを出して頂戴っ」
なぜかオネエの失恋酒場的にオーダーする。
持ってきてもらったジーンズ、バッチリ気に入り、即お買い上げ~~^^
でも、KIDっていうより、、、
どうみてもさまぁ~ず大竹だったんだけど、、、
そう伝えたら、「まじかよ!」とかいいつつ、
自分でも気に入ったみたいで、喜んでた。



買い物がうまくいったので、ご機嫌。
花火を見ながら(湾岸大花火、意外とよく見えたー。ヒルズは海抜高いから?)ヒルズ内を移動、TSUTAYAで雑誌の立ち読み&コーヒーブレイク。

その後、晩御飯は、前から一度いってみたかった西麻布のハレカイズにチャレンジ。
どこのレビューをみても、とにかくおいしいっていうコメントがめだってたから、とっても期待してたんだけど、期待以上のおいしさでした!
なに料理っていうのを区切りにくい料理で、強いていうなら「居酒屋の創作料理」って感じなんだけど、、、
これまで、私は「創作料理」とか言い出した次点で、一個もおいしいものなんかない!ってずっと思ってきてた。
その手の店はコンパとか会社の飲み会とか、ホントにもーどーうでーもいーい時にしか使い道がないと思ってたんですけど。。。
うーん、こんなお店もあるんだなあ。
ほんと、どれもこれもメッチャおいしかった!
石焼リゾットとか、ゆず風味のシーザーサラダとか、昨日の今日でもまた食べたいもん~~
どれも上品な料理ではないけど、いや~おいしかったねー。
しかもすごい良心的会計で、今回は二杯ずつしか飲まなかったとはいえ、ふたりで8000円くらい。西麻布の飲み屋でこの料金って、かなりびっくり!!!
(先日交差点の叙叙苑で、ひとり3万近くやられてるだけに、しみじみ実感)

惜しむらくは店が狭いこと、と、雰囲気にはイマイチかけるところかな~。
それでも友達や夫婦など、ムードとかあんまし関係ないメンツでくるなら、
かなりの高得点! 
だっておいしくて安いんだからね。勝るものナシです。
Gioもたいそう喜んでました。
こりゃリピ決定かね^^
あそぶ・買う・でかける(休日の過ごし方) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。