--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/03.Sun

お正月2010in両家

三が日の過ごし方は、近年は固定スケジュール。
元旦はゆっくり寝坊して、お雑煮でブランチ。夕方からはGio家にて親族大集合。(大人8+子ども4名)
翌日は私の実家へ新幹線。夜に親族(父方の)大集合。(大人15名~18名)
1/3は、昼間はフリータイム、夜には祖父宅(寺院)にてさらに親族(こっちは母方の)大集合。(大人子ども合わせて50名くらい!)
まー、親戚付き合い三昧!!!
年に数回しか会わないので、誰もが近況報告を聞きたがり、この三日間で同じ話を何度繰り返したことか。。。^^;



料理も大体決まってる。
元旦は、Gio母の作る御節と、Gio父の買ってきてくれる伊勢海老(塩焼き)は固定。
あとは、皆で持ち寄ったおつまみ、料理がずら~~~!
早い時間に始め、「和」「洋」とか、「おすまみ」「鍋」などの2部制になってしまうくらい、ところ狭しとテーブルにお料理が並ぶ。
事前に相談とかしないから、みんなはりきっていろいろ作っちゃうのよね~^^;
私は、今年は

鶏のオレンジジュース煮
プチトマトのマリネ
カリカリトースト
レバーペースト
ラムレーズン入りヨーグルトチーズクリーム
イチゴ入りシュークリーム

を用意した♪
他のみんなとかぶらないように、子どもも食べれるように、あと、あんまりお腹が膨れすぎないように、など、工夫、工夫。。。
予算のことも考えないといけないし、まだまだ新米主婦の私にとっては、なかなかに大プロジェクト。
今年は、プチトマトとラムレーズンが人気があったかな?
鶏は、子どもにばかうけ☆して、30本くらい煮たのに、ほとんど子どもたちのお腹に納まって大人の口にはあまり入らなかった。^^; 甘いのと、ちょっと珍しい味なのがよかったみたい。
(ホント、このレシピには09年後半お世話になった~! あちこちで、何回登場したことか。。。妻ちゃんアリガトネ!)

ユー&ヨー、Gio母が作ってくれるお料理も、いつも目新しくて、楽しい!
ヨーの作ってくれた「サーモンと千枚漬けのロールオードブル」は、簡単そうなのに、飽きないさっぱり味。
ユーの「タコのカルパッチョ風サラダ」も、ぷりっぷりのタコと刻み野菜がボリューム満点で、とってもおいしかった~。
そして今年めっちゃハマッたのは、Gio母作の「ごまだれ煮鱠」。
私はもともと鱠は正直苦手な料理だったんだけど、、、 こ、こ・れ・は!
めっちゃおいしくて、モリモリおかわりしてしまった。
大根、にんじんだけじゃなくて、煮たしいたけやお揚げなんかの千切りも入ってる。
味付けは、甘くてクリーミィーなごまだれ。
お正月じゃなくても食べたいので、今度レシピを聞いておかなくちゃ。

DVC00027_20100126003229.jpg

DVC00029_20100126003228.jpg
どちらにもおいしかった鱠が写っていない! ショック大
写真を撮ったタイミングが早すぎて、まだまだ並んでない料理がたくさんあったのだ。





さて1/2のメニューは、これもお決まりで仕出しのお寿司とすき焼きに豚汁、デザートは杏仁豆腐。
場所もないし、ゲストの平均年齢が高めなので(正直、御老体^^;が多いというか)ので、あんまり凝った料理は作らない。
呑みメインの人も多いから、量も食べられないしね~。
ほとんど手のかからない料理ばかりだし、時間もないので、妹と分担して、買出しと、すき焼きの準備をするぐらいかな。豚汁と杏仁豆腐は、母の定番来客メニューなので、もうおまかせ。

1/3は、親族の集まりなんだけど、ちょっと異常。
ぶち抜きの大広間に、長机がどばーんとセットされ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、海鮮鍋の三種類の準備を、それぞれ2箇所ずつにしつらえる。そして、老いも若きも関係なく、めいめいが取り皿を持って好きな鍋の前に陣取り、思う存分飲み食いする。
他の料理はほとんど出てこないけど、大晦日の残りの「大根の焼酎漬け」「松前漬」「土手焼き」「おでん」だけは別で、必ず食べられる。
この日は、私もゲストなので、お料理はしない。ただひたすら飲み食いしまくるのみ!
(配膳とか、もろもろの準備や片付けなどは手伝うけどね。)

そして、デザートはシュークリーム(市販)と、ババロア(コーヒー、紅茶、またはフルーツ系の場合も)。
これも、長年ずっと同じお約束スイーツ。ゆーみちゃんが、毎年作って持ってきてくれるのだ。
ゆーみちゃんがお嫁に来て、一族のメンバーになったのは、私が小学生くらいの頃の話で、当時「私、お菓子作りに凝っているんです♪」ということでたまたま持って来てくれたのが始まりなのだが、みんなの過剰な期待により、止め時を逃したというか、引っ込みがつかなくなったというか??
ほかの人は、お正月のこの集いに限っては、基本的に誰も料理は持ち込まないのだが、いつの間にか「ゆーみちゃんのデザート」だけは、マル必メニューとなってしまった。
これまで、何回、いや何十回食べさせてもらっただろう。
普通の家庭で、何十個もデザート型を用意するのは大変!
この一年の間に、ゆーみちゃん宅でたまったのであろう、いろ~んな種類のカップが混ざってて、それがまた手作りって感じ満点で楽しい。




結婚するまでは、大晦日も固定行事があったし、三が日までは毎日晴着を着ていたこともあって、さらにスケジュールはギチギチいっぱい! もはや休みなのかなんなのか、、、という感じだった。

ちなみに、昔の我が家の大晦日の様子は、、、
午後までは大掃除、夕方からはTVを観ながら「昆布巻き」を作るのが、私たち姉妹の担当だった。
夜には父が打った蕎麦を食べ、コタツでうつらうつら。。。
そして11:30を過ぎたら祖父のお寺へ向かい、除夜の鐘突き。
さらに、新年が明けたら檀家さんたちも交えて初勤行。
その後はふるまい(おしるこ、おでん、土手焼き、松前漬、大根の焼酎漬け)を楽しみ、お寺を後にしたら今度は近所のお稲荷さんへ初詣。
どんどん焼きにあぶられながら甘酒をふうふう。
お下がりのお菓子の詰め合わせを受け取って、やっと帰宅して眠りにつくことができる。
子どもの頃は、スケジュールがパンパンな上に、唯一公式に深夜まで遊び歩いて(?)いてOKな日だったため、私たちは興奮してハイテンションだし、なんだか家中が異様な熱気に包まれていた。
一度だけ、スノボ旅行に行くことになり、大晦日に家にいなかったことがある。
ありえないくらい叱られて、ヒトデナシみたいな言われようだった。
報告したのがすべて決めてしまった後だったから、止めるわけにもいかなくて、結局押し切って行ってしまったんだけど、後々まですごく文句を言われ、当時、いったい何がそんなにいけないのー!? と思って、すごーくすごーく嫌だったんだけど、いまとなっては家族で過ごすイベントとして、なんだかいい思い出だ。
ま、正直いまだにあそこまで怒らなくても、、、という気はするんだけど^^;

とはいえ、親族の集まりや行事は、若い頃はわずらわしく思ったこともあったけど、この年になって、いかに無条件で親しみを持って接してくれる人々がありがたいか、そしていかに自分が恵まれているか、ということを再認識できる場になっているかもしれない。


そして、どこの卓でも御馳走三昧で、ずーっと腹ぱんぱんや~~。。。
ハー正月太りとは、私のためにある言葉!
そんなこんなで、毎年1月は中旬くらいまで、胃腸具合がおかしいのだった。。。
スポンサーサイト
おもてなし料理 | Comments(4) | Trackback(0)
2009/12/19.Sat

Christmas Party

じゅっこが自宅でクリスマスパーティーを開くというので、私も飛び入り参加!
突然のことだったので、料理は最近自分の中で流行っているものをぱぱっと。

鶏手羽元のオレンジジュース煮込み
プチトマトのマリネ
パンの宝石箱とディップ(ラムレーズンチーズ、たまごマヨ)

パンの宝石箱というのは、うまく説明できないんだけど、、、
BOXの中にサンドイッチがつまっているパンなのだ。
味は普通のサンドイッチで何の変哲もないものだけど、見た目がかわいいから、パーティーで盛り上がる。
作り方は、丸ごとのパンの底からナイフを入れて、外側部分をケースにしてくりぬいたパンをカットしてサンドイッチを作り、きれいに詰めなおす、、、
あー全然説明できない!
しかも、「宝石箱」っていうのは我が家でのインナーな呼び名なので、正式名称もわからない。
※ たぶんフランスのお料理なんじゃないかと思うんだけど、、、maxou、どう??
今回は、ホームベーカリーのパンなので、形が縦長でうまくサンドイッチが収まらない。。。
仕方ないから、カットしたパンのみを詰め込んで、ディップを添えるという形になった。
ま、おつまみっぽく食べれたので、これはこれでよかったかな?

この日は久しぶりにデジカメを持っていったんだけど、なんだか調子が悪くてうまく保存できてなかったらしく、どこにも見当たらない。ガーン。
ただでさえ説明しづらい料理なのに、画もなしじゃーまったくわけわからん!
とほほ。。。



今日の参加者は、じゅっこ夫妻+Lunita(娘)、Adam夫妻+息子二人、マリー夫妻、レミ、私。

じゅっこは高校の同級生。ミラ、私、じゅっこの三人が、同じ高校で同い年の日本人女子だったのだ。
ぶっ飛んでるミラだけじゃなくじゅっこはじゅっこで夢の世界の住人というか、、、
なんだか妖精が周りを飛び回っているような性格で^^;
ま、私も自分の世界第一という意味では、全然人のことはいえない。
あまりにマイペースすぎる三人なので、一緒にいても、かみ合ってるようでそれぞれ勝手にやってるような、不思議な居心地のよさがあった。
レミは年は同じだけど別の学校だったから、私は当時はほとんど接点がなかったんだよねー。
大人になって、こうして当時の仲間で集まるようになって、初めて仲良くなったんだけど、一番自分と感覚が似ていて、もし高校生の時に知り合っていたら、無二の親友になってたかもしれないな。
Adamはミラの大学の同級生。紹介だけしておいて、自分はいなくなっちゃうんだから、いかにもミラらしい。
じゅっこも「私、ミラを通じての付き合いで、実はそこまでAdamと仲いい訳でもないんだけど、、、」とかいいつつ、なんか今回は成り行きで招待することになったらしい。う~ん、さすがミラがらみ。。。^^;
マリーはじゅっこの妹。実は彼女もとってもユニークなんだけど、どこまでも長くなりそうなので、その話はまた今度ということにして、、、


ミラもそうだけど、じゅっこの旦那さんも外国人。
話を聞くと、レミの新しい彼氏も外国人なんだって! あらー!
どうもバルセロナ時代の友人は、当時も帰国後も、外国人と付き合ったり、国際結婚した人が多くて、自分の興味が一切そういう方向に向かなかったことのほうが、逆に疑問に思えることもあるくらい。
どんだけ閉じてたんだろう、当時の私。

外国人と暮らす(付き合う)って、文化の違いで苦労もすごーく多そうだけど、いいなーうらやましいなーって思うこともある。
そのベストスリーは、、、
①子どもがかわいい!
②旦那が優しい!
③家族ぐるみの付き合いができる!

この日も、James(=じゅっこの旦那さん)とAdamはアメリカ人なので、いやー甲斐甲斐しく働く働く!
ずっと子どものケアをしてくれるのはもちろん、Jamesなんて料理自慢なので、この日は特製TACOSとたっぷりのJell-O'を用意していてくれた。
いや~嬉しかったね~! おいしかったし、なによりどちらもいかにもアメリカンホームパーティー!って感じの料理で、すごく気分が上がったよ。
反対にじゅっこはといえば、、、
キッチンのゴミ箱に、どっさり米飯が捨ててあったのでびっくりして尋ねると、
「えー、手巻き寿司を作ろうと思ったんだけど、お酢とお酒を間違えちゃったぁ。。。」だって。
さすがじゅっこ! 母になったというのに、相変わらずラブリーすぎて、思わずぎゅっとしてしまった。

そしてもちろん、ハーフの子どもたちは、どの子もホントにかわいい~!!
Lunitaはいかにもハーフって感じの、色白で黒目がち、ラブラブキュートな女の子。
保育園でもモテモテらしく、もう慣れちゃってるのか、すでに完全に小悪魔化している。あ~んキュンキュン殺しめ!
Adam Jr.たちは、ブラザーの血が入ってるので、手足も長くてお尻もきゅっとして、幼児なのに大人体型というか、ナニこのセクシーさ!?って感じ。クリクリの瞳も、ボンバヘのフワフワ頭も、ちょーカワイイ!

子どもって、もちろん何人だろうと基本的にどの子もとっても愛らしいんだけど、さすがにハーフの子の外見はちょっと特別。
よその子ながら、勝手に将来にワクワクドキドキしてしまうのであった。
じゅっこやAdamの奥さんいわく、「でも、あんまり自分に似てなくてちょっとさみしいー」だそうですが。。。
そっか、そういうこともあるのね。
おもてなし料理 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/18.Sun

Gio母のお誕生日会

今日はGio母のお誕生日。
今年は古希なので、ちょっと盛大だった!


DVC00013_20091026201117.jpg DVC00016_20091026201117.jpg
甥姪4名による飾りつけ。これがまた、めっちゃカワイイ、、、!
ひとりやたらセンスを感じる奴がいる。(「ば」担当。ナニこの恐竜みたいな生き物!?)


 DVC00008_20091030114135.jpg
オープニングの出迎えのため、私たちまで、仮装を強要される。。。^^;
Gioはめちゃくちゃ似合ってた。
ちなみにコレ、百均グッズだって。相変わらずすごいな、日本の百均SHOP!



DVC00011_20091026200901.jpg
今日は、Gio父が特上寿司を奮発。
すごい、アッツアツの茶碗蒸しまでついてる~!(スチロールの専用保温容器にセッティングされてきたのだ。すげー!)
なのに、中身を撮り忘れた私の愚か者ぶりたるや、筆舌に尽くしがたい。
ホントすいません。。。


DVC00012_20091026200859.jpg   DVC00009_20091026200902.jpg   DVC00008_20091026200902.jpg
揚げレンコンの酢醤油漬け   実野菜のバルサミコソース   ローストチキン アーモンドがけ


おつまみは、女性陣による持ち寄りで。
レンコンはGio義姉ユーユー、実野菜はGio姉ヨーヨーによるもの。
そして鶏は私。チューリップ作りに時間がかかったけど、見栄えのする出来上がりで満足!
先日のスペアリブ同様、しょうゆとみりん+砂糖のタレに漬け込んで、アーモンドをまぶしてオーブンで焼いただけ。時間と肉処理の手間はかかるけど、調理自体は簡単。。。
レンコンがおいしくて箸が進んだので、今度家でもやってみようっと^^



DVC00007_20091030114135.jpg
待ちきれず先にはじめてしまった甥姪たち。
なんかここの子たちって、みんな顔かわいい気がする。
性格が元気が良すぎて、私はちょっと気絶しそうになることが多いんだけど、、、^^;
ひとりで任されたら絶対手におえない。
うちの家系の親戚は、顔立ちは純和風でイマイチ見栄えしなくとも、皆もっともっとおとなしくて、聞きわけがいいですから~!(なんの対抗意識?^^;)


さてさて食事の後は、場所を変え、ピアノの間にてデザートタイム&ミニ演奏会♪
ここの家の人たちは、教職についている人が多いからなのか、ピアノの弾ける人がたくさんいるの~!
まずはヨーご主人による「HAPPYBIRTHDAY」伴奏にてみんなで合唱&ケーキ登場!

DVC00024.jpg
ラズベリー&ブルーベリー 


DVC00027_20091026201400.jpg
マンゴー&パイン

これも、先ほどユーヨーと一緒に作ったもの。
私は飾りつけを任されたので、どっかで見た記憶をもとになんとかデコレーション。
私はカントリーケーキばかりで、こういうデコレーションケーキはあまり作らないので、内心ちょっとたじたじ。。。
(なんでか、姉たちの中では、私が一番料理が得意ということになっているらしい。単に子どもがいなくて時間があるってだけだと思うんだけど、、、)
高かったけど、金箔、買っていってよかった~!!!
これのおかげで、なんかもうアラがめちゃカバーされて、効果抜群だった気がするぅ!

DVC00007_20091026200903.jpg   DVC00028_20091026201400.jpg   
デザインキャンドルや、マジパンの青い鳥も、お助けアイテムでございました。



無事ローソクを吹き消して、花束を贈呈した後は、お茶とケーキを楽しみながらショータイム。

まずはユー&ヨーによる連弾。
甥姪が順に一曲ずつ弾き、場が和みまくる。
その後、ヨー夫妻によるディズニー楽曲のジャズアレンジの連弾演奏があり、そのオハイソな空気に、な、なんたる上流階級、、、と、meriendaはひそかにワナワナしつつ感動していたのであった。
さらにGio兄(=つまりユーのご主人)による付け焼刃のトランプマジック披露!
さっき、台所で練習してたやつ。。。^^;
かなり危なっかしい手つきなれど、盛り上げ上手の義兄、ノリで押し切って大成功!
場が大変盛り上がる。
Gio&meriendaは、あまり持ち芸がなくて、、、今日のところはオーディエンス一辺倒。
お役に立てずスミマセン~!
今後は、次の機会のためになにごとか練習しておかなくては。。。


DVC00010_20091026200901.jpg
こちらはお茶菓子に用意したスイートポテトビスケット。
シンプルなビスケットに裏ごしたサツマイモ(お砂糖と牛乳で適当に扱いやすくし、ラップにはさんで平たく伸して、ちょうどいいサイズに四角くカットしてある)をのせ、上にバターで炒めた紅玉のスライスと黒胡麻を飾り、軽く卵を塗って色づくまで軽くトースト。
これまたちょっと手間はかかるんだけど、とっても安上がり&季節感のある見栄えのするプチガトー☆
(ビスケットとサツマイモは百均のだし、紅玉は2個\138。)
ちょっと今月、金欠でさ~。パーティー料理なんて、ヒヤヒヤ。
でもまあ気づかれたのかどうかわからないけど、とにかく喜んでもらえたので、よかった~!



DVC00009_20091030114134.jpg
贈り物は、Gio母ご本人たっての希望により、ガーデンテーブルセット。
ちょっとこれからの季節には、、、で残念だけど、来年以降、ガンガン使ってくださいな~!
おもてなし料理 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/06/14.Sun

BBQ(Gioお父さんの二度目の退職祝)

Gioのお父さんが、この間の3月で二度目の定年退職を迎えたので、今日は皆で実家に集まってBBQをすることに。
肉類メインだし、と思ってほとんど手ぶらでいってしまったけど、ちょっとだけ差し入れ。
アー写真撮り忘れた。。。


パスタサラダ
ベーコン(カリカリに炒る)、ねじねじのマカロニ(ゆで)、しめじ(ゆで)、黒オリーブ(みじん切り)、たまねぎ(みじん切り)↑ フレンチドレッシング+オリーブオイル、バジルペースト少々で和える
食べる2-30分前に、塩茹えんどう豆、赤&黄パプリカ、パセリ、プチトマト、バジル葉、とあわせてなじませる


ヨーグルトゼリー カシスソース
プレーンヨーグルトと牛乳を1:1で混ぜ、適当にお砂糖と洋酒を足して、ゼラチンで固める。
カットして盛り付けてから、カシスジャムをお湯とラムでのばしたソースを添える。
あればミントの葉を飾る。




あいにくのお天気で残念だったけど、皆さんと会うのも近郊に住んでる割に半年ぶりだし、いつもどおりみんないい人で楽しい時間を過ごしました
私は、親族にはこの上なく恵まれてるわ~。。。

Gioのお父さんは、元大学教授。
10年前ぐらいにすでに一度退官を終え、その後、また違う学校でお勤めでしたが、去年がんの手術をしたこともあり、まあそろそろ引退しようかな、ということになったらしいです。
長い間、お疲れ様でございました!
今後は、あちこちの頼まれ役員やら相談役やらみたいなことをしつつ、のんびり過ごすんだそうで。
なにより健康には気をつけてほしいものですわ~


Gioは、三人兄弟だが、上二人とは大幅に歳が離れているため、ご両親は私の両親より一回りくらい御先輩
気遣いたいんだけど、どうやら私は必要以上に年寄り扱いしてしまうことがちょくちょくあるらしく、あとからGioには失礼だとダメ出しされてばっか
む、難しい。。。

30超えて、いまだに人付き合いの距離感に、まったくもって自信がないmeriendaです。
おもてなし料理 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/01/01.Thu

Gio家のお正月

あけましておめでとうございます

DVC00010.jpg  DVC00008_20090606212918.jpg  DVC00009_20090606212919.jpg



(ユコさん作)
ウインナーとポテトのフリット
カマンベルチーズといくらのオードブル
蛸のカルパッチョサラダ

(ヨコさん作)
御煮しめ
千枚漬とサーモンの柚子風味
小松菜のキッシュパイ

(御母さん作)
ハム、ソーセージ盛り合わせ
ローストビーフ
サラダ(特性ドレッシング)
浅漬け盛り合わせ
有頭えびとかに入り 海鮮寄せ鍋

(merienda作)
手まり寿司(サーモン、コハダ)
焼きパプリカとピーマンのマリネ
シェパーズパイ 香草風味
セロリといか薫のマスタードサラダ




もー食べ過ぎて死ぬ
今年もよろしくお願いします
おもてなし料理 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/28.Tue

Gioの骨折と義父母のご招待

DVC00012.jpg
当日のテーブルセッティングはこんな感じで。
寂しかったので、急遽ランチョンマットを手作り
ビニールのテーブルクロスをカットしただけだけどね

theme: スペイン料理のおもてなし

MENU
トルティヤエスパニョーラ
鯖のエスカベチェ
サラダ(LTC+ゆで卵、黒オリーブ)
カジョス煮込み
バゲット

サングリア

りんごのコンポート
ヨーグルトクリーム(水きりヨーグルト+生クリーム+ラム酒、砂糖)



カジョスもエスカベチェも過去最高の出来映え
我ながらホントにおいしかった~~

DVC00011.jpg
数ヶ月前から予定を立てていたご招待の日だったのに、Gioったら。。。
(親指、下の間接の左端。パキッといってます)
おもてなし料理 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。